新しいシューズが届いたらすること


アディゼロジャパン1 ハイレモデルで書きましたが、ようやく商品が届きました。注文から時間がかかったのはお店の怠惰ではなく、もともと発送時期はこの頃になると明記してありました。

(スポンサーリンク)



シューズが届いたらまずすることが2つあります。

1つは画像を撮ります。これは記事をアップするためですから特に気にしないでください。

みなさんにもしていただきたいのは、靴ひもを外して通し直して欲しいのです。

買ったままの状態で履く方も多いでしょうが、結構いい加減な結び方で出荷されることもあります。

オーバーラッピングでも、アンダーラッピングでも構わないのですが、今回もいい加減です。ここみてください。


一番下の穴から二番目の穴にいく紐は二本ありますが、そのうち左から右に行く紐を見てください。左右のシューズとも紐の重なり方(どちらが上か)が左右一緒ですよね。


綺麗な足ではありませんが、私の足です。

親指側の方が小指側の方より高くなっています。言い方を変えると横から見た時に親指側の方が厚いです。ご自身の足で確認ください。

また左右対象になっているはずです。

足は左右対象なのに靴ひもが左右非対称で良いわけありません。

(スポンサーリンク)



そこで私は一旦外して結び直すのです。

だいたいオーバーラッピングで出荷されますが、私はアンダーラッピングが好きです。どちらが良いかは好みもありますが、アンダーラッピングにするとシューズのフィット感がまるで違うと感じる方もいます。

フィット感が悪いと感じるシューズがあったら結び直してみてください。

結び方については最後まで読んでからこちらも合わせてお読みください。

靴ひもの結び方で走りは変わる その1


とりあえず左側だけ結び直しました。右はオーバーラッピングのままです。

出荷段階だと紐が捩れていることもあるのでそこも気をつけて結びます。慣れたら簡単です。

そして最初に履くときはすこしキツ目に締めてシューズの形を足に合わせます。オーダーシューズでなくてもインソールが潰れたり、アッパー素材が伸びたりしてフィットしやすくなります。

キャタピランを愛用していますが、この手順を踏むために最初は靴ひもを結ぶようにしてます。

(スポンサーリンク)



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA