マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ3の境界線 その3

img_9004.jpg

昨日2回目のレースマネジメントセミナーを開催しましたが、ウルトラセミナー含めて初めてご参加いただいた方がご満足していただき、本日ウルトラプロジェクトへ入会申込をしていただきました。

今までもウルトラセミナーに参加していただいてからメンバーになられた方もいますが、ウルトラセミナーと進め方を変更したセミナー内容にご満足し、入会を決めていただいたことがとても嬉しいです。

10月にも数回開催しますが、一般料金で参加し、その後ウルトラプロジェクトに入会された方はメンバー料金の差額を入会時費用から相殺させていただきます。

セミナー料金

・一般 4000円

・レギュラー会員 2000円

 

スポンサーリンク



さて今日は3回目の事例になりますが、比較的ありがちなラップタイムなどを選んでみました。

2人ともサブ3前後でゴールしましたが、それぞれのラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかを、緊張するくらい真剣にイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

二人ともハーフをロスを含んで1時間28分前半で通過するなど同じようなラップを刻んでいます。

パターン1
sub3-5

スポンサーリンク




パターン2
sub3-6

 

スポンサーリンク




レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ4の境界線 その3

img_9004.jpg

昨日2回目のレースマネジメントセミナーを開催しましたが、ウルトラセミナー含めて初めてご参加いただいた方がご満足していただき、本日ウルトラプロジェクトへ入会申込をしていただきました。

今までもウルトラセミナーに参加していただいてからメンバーになられた方もいますが、ウルトラセミナーと進め方を変更したセミナー内容にご満足し、入会を決めていただいたことがとても嬉しいです。

10月にも数回開催しますが、一般料金で参加し、その後ウルトラプロジェクトに入会された方はメンバー料金の差額を入会時費用から相殺させていただきます。

セミナー料金

・一般 4000円

・レギュラー会員 2000円

 

スポンサーリンク



さて今日は3回目の事例になりますが、比較的ありがちなラップタイムなどを選んでみました。

2人ともサブ4前後でゴールしましたが、それぞれのラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかを、緊張するくらい真剣にイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

二人ともハーフをロスを含んで1時間57分台通過し、終盤はペースダウンするなど同じようなラップを刻んでいます。

パターン1
sub4-5

スポンサーリンク




パターン2
sub4-6

 

スポンサーリンク




レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ3.5の境界線 その3

img_9004.jpg

昨日2回目のレースマネジメントセミナーを開催しましたが、ウルトラセミナー含めて初めてご参加いただいた方がご満足していただき、本日ウルトラプロジェクトへ入会申込をしていただきました。

今までもウルトラセミナーに参加していただいてからメンバーになられた方もいますが、ウルトラセミナーと進め方を変更したセミナー内容にご満足し、入会を決めていただいたことがとても嬉しいです。

10月にも数回開催しますが、一般料金で参加し、その後ウルトラプロジェクトに入会された方はメンバー料金の差額を入会時費用から相殺させていただきます。

セミナー料金

・一般 4000円

・レギュラー会員 2000円

 

スポンサーリンク



さて今日は3回目の事例になりますが、比較的ありがちなラップタイムなどを選んでみました。

2人ともサブ3.5前後でゴールしましたが、それぞれのラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかを、緊張するくらい真剣にイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

二人ともハーフ通過がロスを含んで1時間44分前後の同じようなラップを刻んでいます。

パターン1
sub35-5

スポンサーリンク




パターン2
sub35-6

 

スポンサーリンク




レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

左側に並ぶ?右側に並ぶ?それとも真ん中?〜マラソン大会の整列位置について〜

img_9071

2014年大田原マラソンのスタート前の画像です。ヘチャポンさんこと飯田さんに撮影していただいたものです。

スポンサーリンク



参加人数が少ないエリートレースは競技場スタートが大半ですが、参加人数が数千人規模の大会でも競技場スタートのレースはあります。

大田原マラソン以外にも防府マラソンがすぐに浮かびます。

競技場スタートの大会のスタートはかなり怖いです。例えば画像の右側(インコース)のランナーは最初のコーナーもインコースを走っていきますが、左側(アウトコース)に並んだランナーも最初のコーナーでは、多少なりともインコース側に寄るランナーが多いです。

その結果、ランナーが交錯する危険性が増します。仮に最前列に一番速いランナーが並び、その後もタイム順に整列しても、外側から自分の前にランナーがかぶせてきたら、衝突防止のためにスピードを緩めます。そうすると後ろのランナーとの衝突リスクも高まります。

実際はタイム順整列ではないので、そのリスクは非常に大きいです。

この時も、私の数m前方でランナーが転倒し避けるのが大変でした。何人かは巻き込まれていました。

優勝争いをするなど最初からスタートダッシュをしたいランナーは別にして、スタートで大事なことは安全に巡航スピードで走れる箇所まで接触リスクを出来るだけ避けることです。

その点を考えると、比較的前に整列するのであれば、外側に整列して大回りして行けば、多少距離は伸びたとしても安全にスタートできるでしょう。(エリートレースは、ゼッケン番号順整列ですから、並ぶ位置は選択できません。)

前方に整列しない場合もコーナーがキツイ競技場スタートの場合は外側の方がスムーズに走れます。

また、今回は簡単に触れるだけにしますが、数千人規模以上のマラソン大会はスタートブロックが割り当てられていると思います。少なくとも決まってない大会を私は知りません。スタートブロックは資格タイムや申告タイムにより決まりますが、申告タイムの場合は少しでも前から走りたいと100%出せないタイムを申告する方が残念ながら少なからずいます。

もちろん、ベストタイム4時間の方でも練習を積み急成長して3時間切りが狙えるなら2時間59分と申告しても良いでしょう。ただ申告タイムを速くしてAブロックスタートになり、さらにその前方に並ぶなら、少なくともスタート時はそのタイムを狙うのに妥当なペースで走って欲しいものです。

ほぼ最前列からスタートして、いきなりキロ5より遅く走るランナーを見たことありますが、かなり危険です。

スポンサーリンク



今回お伝えしたい位置は、前後の位置ではなく、左右の位置についてです。

競技場スタートではなく、道路からスタートするマラソン大会の時に、あなたが整列するのは、右側?左側?それとも真ん中ですか?

私は2011年開催の第一回大阪マラソンでサブ3を狙って夢破れましたが、それ以降無意識に整列位置を考えていたようです。

今回、フルマラソンレースマネジメントセミナーの資料を作っている中で無意識に行動していたことを、言葉にしていきましたが、スタート位置も気をつけていたことを自覚しました。

大阪マラソンで何が起こったかというと、私はAブロックスタートでしたが、整列時には前方に多くのランナーがいました。私は右側に並んだ記憶があります。

当時大人気の橋下府知事がスターターで、いろいろ話をしてからスタートになりました。

その後、予想外のことが起こりました。橋下府知事とハイタッチしようと、中央に並んだランナーを含めてランナーが右へ右へと寄ってきて前に進めないのです。(記憶が不鮮明で府知事が左側にいたなら左へ左へです。)

その時はサブ3狙っていたので、走れない状況に焦り、たぶん心拍数を上げてしまったように思います。

答えを書く前に分かってしまったと思いますが、私が無意識に整列しているのは、右側、左側と決まった側ではなく、タレントやスポーツ選手などがスターターや挨拶をするなら、その位置と離れた側です。

ハイタッチをしなくても、タレントを見ようとスピードを落としたり・画像を撮ったりするランナーも入るので、離れた方が安全です。

危うい場所には寄らないってことです。

大事なことは、ランナーがどのように走るかを想像することです。そのような観点で想像するとランナーの導線が見えてきます。

 

スポンサーリンク



マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ3.5の境界線 その2

img_9004.jpg

昨日のウルトラプロジェクト練習会後に、レースマネジメントセミナーに参加したメンバー自身が作った、さいたま国際までの練習計画を見て、セミナーの内容がしっかり伝わっていることが分かりました。

自分自身で考えることがすごく大事です。自分自身で作った練習計画ですから、自分自身の使える時間なども勘案されています。そしてなんのためにする練習なのかも考えるきっかけにもなります。

スポンサーリンク



その中で、通勤時間内にできるちょっとしたイメージトレーニングを思いつきましたので掲載します。

以下はフラットでタイムが出しやすいコースを走った2人のランナーのラップタイムです。2人ともサブ3.5前後でゴールしました。一人一人のラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかをイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

パターン1
sub35-3

スポンサーリンク




パターン2
sub35-4

これから毎日、何人か際どい事例をアップしますので、イメージを膨らませてサブ3.5できた方と、できなかった方の気持ちの移り変わりなどを考えてみてください。

スポンサーリンク



レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ3の境界線 その2

img_9004.jpg

昨日のウルトラプロジェクト練習会後に、レースマネジメントセミナーに参加したメンバー自身が作った、さいたま国際までの練習計画を見て、セミナーの内容がしっかり伝わっていることが分かりました。

自分自身で考えることがすごく大事です。自分自身で作った練習計画ですから、自分自身の使える時間なども勘案されています。そしてなんのためにする練習なのかも考えるきっかけにもなります。

スポンサーリンク



その中で、通勤時間内にできるちょっとしたイメージトレーニングを思いつきましたので掲載します。

以下はフラットでタイムが出しやすいコースを走った2人のランナーのラップタイムです。2人ともサブ3前後でゴールしました。一人一人のラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかをイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

パターン1
sub3

スポンサーリンク



パターン2
sub3-4

これから毎日、何人か際どい事例をアップしますので、イメージを膨らませてサブ3できた方と、できなかった方の気持ちの移り変わりなどを考えてみてください。

スポンサーリンク



レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ4の境界線 その2

img_9004.jpg

昨日のウルトラプロジェクト練習会後に、レースマネジメントセミナーに参加したメンバー自身が作った、さいたま国際までの練習計画を見て、セミナーの内容がしっかり伝わっていることが分かりました。

自分自身で考えることがすごく大事です。自分自身で作った練習計画ですから、自分自身の使える時間なども勘案されています。そしてなんのためにする練習なのかも考えるきっかけにもなります。

スポンサーリンク



その中で、通勤時間内にできるちょっとしたイメージトレーニングを思いつきましたので掲載します。

以下はフラットでタイムが出しやすいコースを走った2人のランナーのラップタイムです。2人ともサブ4前後でゴールしました。一人一人のラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかをイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

パターン1
sub4-3

スポンサーリンク



パターン2
sub4-4

これから毎日、何人か際どい事例をアップしますので、イメージを膨らませてサブ4できた方と、できなかった方の気持ちの移り変わりなどを考えてみてください。

スポンサーリンク



レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

過去の自分の言葉にハッと気づくことありませんか?

http://fun-run.tokyo/up.htmlFacebookに出てくる過去の自分が書いた記事は結構好きです。
人間は忘れやすい。特に私は忘れやすいので、過去の自分の言葉にハッとすることがあります。

スポンサーリンク



また今回そのFacebook記事をシェアしたところ凄いことに気づきました。

ブログの新規投稿はこちらのサーバーにしたのですが、古い記事はそのまま閲覧できるようににサーバー代は支払っていますが、ドメイン使用料が別途支払いのため一旦アクセスできなくなったようです。

数日前から古いブログのアクセスが異常値と思われる低下をした理由は非常に初歩的なことだったようです。。

2日後くらいには回復しますので、旧記事を見たい方は少しお待ちください。

スポンサーリンク



以下2年前の自分が、今日Facebookに書いたことです。

(前提としては、30キロ走イベントでかなり良いタイムで走れたと報告をいただいた時のことです。)

昨日一緒に練習している友人から良い報告がありました。楽しく走ってそのタイムで走れるのは私も嬉しい。練習はじめて1ヶ月半くらいだけど何より嬉しいのはランニングが嫌いになりかけてた友人が走ることは楽しいって笑顔になってきたことです。まだ国際とか考えなくていいから小さな成功を楽しんで少しづつ故障しないで速くなって欲しいです。

速くなるには【身体を鍛える】のはもちろん大事です。狙ったタイムで走れるようにしないといけないのですから。

でも同時に【頭脳を鍛える】ことも大事です。言われた練習を漠然としても伸びるのは遅いです。だから私は毎回その練習をする意味とすることでどうなるかを伝えます。それを毎回聞いてから走れば分かってきて、今自分に必要なのは何かが分かってきます。もちろん休養のタイミングも分かってくる。

最後に【メンタルを鍛える】のも同様に大事です。調子が悪いなんてネガティブに考えたり、そんなタイム出せっこないとか、周りの成長が気になるとか考えていたらダメです。常に楽しく自分がどう有りたいかを考えてそこに向かって頑張っていったら良いと思います。

私は自分に甘過ぎだからあまり速くはならないけどこれだけ走っても故障しないしレースでケガもしません。人とは比べてないから焦りもない。自分基準で頑張ればランニングは楽しいです。ただ四万十川ウルトラやフルマラソンは頑張りますよ~

ちなみに私は上に書いた三分野すべてにおいて専門家ではありません。。でも自分で毎回毎回実践し苦しいことも乗り越えてきたから分かることはある。自分で体感したことは伝わると思います。もしランニングが嫌いになりかけていたら止める前に声をかけてくださいね。お手伝い出来るかもしれないし出来ないかもしれません。

この時の練習に関しては、チャレンジ330をご参照ください。

この考えが現在の

ウルトラプロジェクト

に繋がっています。ウルトラプロジェクトがスタートして10ヶ月経ちました。2年前の記事を読んで、少しづつではありますが、自分のしたいことに近づいていることが実感できました。

スポンサーリンク



【ウルトラプロジェクト練習会】5キロ×2 +1キロ レペテーション

img_9063

今日は東京体育館が使えないので、皇居前広場で練習しました。だいたい月1回の頻度で皇居前広場を使いますが、すべて蒸し暑く走りにくい日にあたります。

スポンサーリンク



今日は昼間から暑かったけど、夕方になっても蒸し暑く軽くジョグしても汗がジンワリ出てくる感じでした。

したがって設定を少し落として行いました。

まず本練習前に各自アップジョグをして、集合時間前に来たメンバーはラダートレーニングを行いました。

集合後にストレッチをしてからラダートレーニングで動き作りを行いました。

img_9060

ラダーを取り入れて1ヶ月くらいですが、みんな動きがかなり良くなって来ました。

img_9062

 

img_9061

週末にUTMF、STY、平塚12時間、平塚6時間、信州駒ヶ根ハーフなど走ったメンバーもたくさん参加しました。短縮したUTMFでは、おのぴコーチがロストしたり大変なレースになりましたが、25位に入ったようです。その他上記レースを走ったメンバーが10人いました。

体調に合わせて、設定を落としたりして、まずは故障しないようにしてもらってます。続けることが大事です。

設定は以下のように修正しました。

A    4’15ペースで5キロ  25分回し  2本目ラスト2000mフリー    その後1000m×2本

B    4’40ペースで5キロ  28分回し  2本目ラスト1500mフリー    その後1000m

C    5’10ペースで5キロ  30分回し  2本目ラストフリー

当初はAは3本にしようと思ったのですが、終了時間がかなり伸びてしまうので、2本αにしました。

スポンサーリンク



私はBグループのペーサーをしました。

1000m    150〜160m

1本目

4’37    0’45

4’41    0’47

4’37    0’48

4’35    0’48

1’38(400m)

23’18

 

2本目

4’36    0’49

4’39    0’50

4’39    0’48

4’44    0’51    遅れそうになったメンバーを引く

1’39

23’40

今日のBには3時間40分切りを目指す男性が2人いましたが、頑張っています。

img_9065

練習後にはアスリチューン・スピードキュアを全員で摂取して素早いリカバリーを目指します。

今日の画像は、iPhone7plusで撮りましたが、暗い中でもこれだけ明るく撮影できました。従来はかなり補正しましたが、今回は補正なしでこれですからクオリティ高いです。

フルマラソン・レースマネジメントセミナーは今日の 19時30分より2回目の開催になりますが、参加したい方はFacebookページのメッセージにてご連絡ください。

また、ウルトラプロジェクト10月練習会より、定例練習会以外に目標タイム別練習会を開催します。レギュラーメンバーなら追加料金なしで参加できます。

スポンサーリンク



マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ4の境界線

img_9004.jpg

月曜日に開催したフルマラソンレースマネジメントセミナーは、かなり幅広い話をワークショップ形式で行いましたが、メンバーは理解力が高いのかほぼ理解していただいたと思います。

スポンサーリンク



その中で、通勤時間内にできるちょっとしたイメージトレーニングを思いつきましたので掲載します。

以下はフラットでタイムが出しやすいコースを走った2人のランナーのラップタイムです。2人ともサブ4前後でゴールしました。一人一人のラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかをイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

パターン1
sub4-1

スポンサーリンク



パターン2
sub4-2

これから毎日、何人か際どい事例をアップしますので、イメージを膨らませてサブ4できた方と、できなかった方の気持ちの移り変わりなどを考えてみてください。また、サブ3や、サブ3.5も作成しています。

スポンサーリンク