東京マラソン2017エントリー終了

東京マラソン2017の一般エントリーが終了しました。

私自身、初日にエントリーしましたが、エントリーをしたことさえ忘れていました。

1ヶ月はそのくらい長いです。

スポンサードリンク



東京マラソン参加費は驚くほど安いで書きましたが、東京マラソンは非常にコストパフォーマンスの高い大会です。

そして大好きな大会です。

私自身過去10大会中9回は関わりました。

2007年    まだフル走ってない頃

2008年    サブ4達成。猫ひろしに勝つ

2009年    自己ベスト   3時間21分

2010年    応援

2011年    自己ベスト    3時間04分

2012年    応援

2013年    応援

2014年    応援

2015年    内藤大助さんのガードランナーで走り、彼は3時間47分と自己ベスト

2016年    クラウドファンドランナーで走る

2017年    ?

東京マラソンの抽選スケジュールは以前からほぼ同じですが、今後改定して欲しいことがあります。

それはエントリー開始から当落発表までの期間短縮です。東京マラソンに当たるかもしれないとエントリー出来ない大会が結構あります。

締め切ってから、重複エントリー等の不正や、過去に失格行為、危険な行為をしたランナーの排除などをしてから抽選に入ると思うので、一定の時間がかかるのは分かります。

ただ申込期間を、1ヶ月とる必要はないと思います。例えば1日だったとしても参加したいランナーはエントリーをするでしょうし、先着順なら数分で終わるわけです。

1日でないにしても、2、3日で締め切れば、当落発表はその分、大幅に早く出来るはずです。

スポンサードリンク



定員になかなか達しないマイナーな大会なら募集期間が長い理由は分かりますが、初日で大幅に超えちゃうのですから。

あと、次回は対策を講じると思いますが、今年は死亡者がでる重大事故になりうる事態が発生しました。

スタート後の混雑で転倒者が続出し将棋倒し状態になったのです。

東京マラソンスタート直後に転倒事故発生〜整列順と準エリートについて〜

で書きましたが、これは突発的な想定外の事故ではなく、明らかに人災です。準エリート自体はよい制度だと思いますが、3時間30分に達しない準エリートランナーの後ろに、2時間30分を切るランナーを多数並ばせるのは、安全管理上、大問題です。

大会前から、絶対に危ないという声が出ていましたが、事故になってしまいました。

幸い重傷者はいなかったようですが、転倒者は自分に向かって数万人のランナーが押し寄せてくる光景にトラウマになったと話してます。

ぜひ2017年はそのようなことがないよう問題解決を図って欲しいです。

大好きな大会だからこそ、大事故で大会中止なんて事態にならないで欲しいです。

スポンサードリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA