iPhone7へ

Apple公式サイトの画像を使用

本日スタートしたiPhone7の予約完了しました。

スポンサーリンク



現在のiPhone6も使いやすいのですが、ウルトラプロジェクトの練習でフォーム動画を撮影したり、イベントやレースで画像を撮るときに、防水性能がなく撮影に気を使うことが最大の不満でした。

iPhone7はそこをクリアし、カメラの性能が格段に向上し、またスイカも使えるなど、全部入りのスマホになりました。

今回予約したのは、plusの256ギガ、ジェットブラックにしました。

また、今回大きな変更をしました。

それはドコモからソフトバンクへの変更です。1994年に初めて携帯を持ったのはツーカーセルラーでした。

これです。

画像は、au思い出タイムラインより

その数年後にドコモに変えて以来ドコモを使っていますから20年以上です。

何度機種変を考えたか分かりませんが、その都度思い留まりました。

ただ今回はさすがに機種変することにしました。

スポンサーリンク



私はテザリングを使って外で記事など書くことが多く、現在12500円の15ギガで契約していますが、ソフトバンクとauが相次いで20ギガ6000円のプランを発表しました。

また、ドコモで長く使っていても、料金的なメリットもほぼなく、これだったら、2年ごとにキャリアを変えていれば良かったと思います。総務省の指導がありましたが、既契約者へのサービス向上もほとんどありません。

月々サポートが少しムダになるのは仕方がないのですが、未だに納得しがたいのは、契約期間2年間についてです。当時は連絡なしだった自動更新も世間の一般常識から考えるとおかしいと感じています。

さらに、iPhone6に機種変したの2年前ですが、私の契約は2015年8月1日に自動更新され、2017年7月31日までになっていました。私はほぼ2年ごとに買い替えているので、本来は月々サポートの終了時期と2年契約の期間は同じような時期になるはずが、一年間ズレています。これは2013年にカケホーダイプランがスタートした時に切り替えたからですが、このように1年間ズレてしまうと、2017年7月の段階では違約金は発生しなくても、今回機種変すると機種代金の月々サポートが1年分無駄になるなど他キャリアに移行しにくい状況になっているのです。

今回ソフトバンクに切り替えたのはネットショップを使ったので、一定のキャッシュバックがあるので、これらの違約金はカバーできます。

また、私名義でもう一台ドコモの契約がありますがこちらはデータ使用量が少ないので、そのままドコモに残して、ライトプランに変更します。

また、ドコモポイントやiPhone6下取りなどを活用しiPhone7に機種変更する予定です。

結果的にiPhone6がiPhone7に変わり、データも拡大したのに、月々の支払いは4000円ほど下がる見込みです。

さらに、自宅で使用しているフレッツ光をソフトバンク光に変えると、スマホ料金が月額1500円くらい下がりそうなので、こちらも調べてみます。

格安SIMにも興味ありますが、こちらは私にはまだ時期尚早と思っています。

今回、金額がどう変わったかについては後ほどまとめてみます。

ウルトラプロジェクトメンバーのフォーム動画などを凄まじく進化したiPhone7plusで撮影するのが楽しみです。

また、ウルトラランナーへの道の画像のクオリティもだいぶ高くなると思います。

ご期待ください。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です