信越五岳〜ウルトラプロジェクト練習会へ

2012年、2013年は宿に戻ってグッスリ眠れる時間にゴールしましたが、今年は宿についたら夜中の3時くらい。それから全身泥まみれの身体を風呂で綺麗にしてから眠りました。ただ朝飯が8時30分からなので実際4時間睡眠くらい。相部屋の方とは朝起きてから表彰式の車中などでいろいろお話しました。

表彰式会場では、久々にあう友達もいて楽しかったです。女子優勝の高澤さんとも久しぶりにいろいろ話した。

表彰式が終わるとバスでスタート地点へ。眠いけど記事を書いていました。

駐車場に停めておいたA250で自宅まで250キロのロングドライブですが、途中食事をしてからまた記事を書く。

それがこれ。

信越五岳トレイルランニング結果と感想

 

スポンサーリンク



休みながら自宅に帰りました。結構グッタリでしたが、毎週休み明けにアップすると書いたので、待っている方がいると考えながら記事を書く。

週2回 週25キロで目標達成する練習 その2

朝起きたら想定通りふくらはぎや前腿の張りが酷い。まあ20時間以上動き続けたのだから仕方がない。

予約していたケッズトレーナーに到着するまでの間に朝から書き始めた記事を仕上げてアップする。

信越五岳の泥沼から足を守ったアールエルメリノウールソックス

いつもの担当スタッフが出張なので、別のスタッフにしていただいたが、レースのことなどを簡単に伝えてる間に、身体のチェックをされると

股関節痛めてますか?

といきなり指摘を受ける。斑尾山の下りで滑り前後左右に無理に広がり痛くなったことが今回長旅になった始まりであったが、早歩きしている間は痛みはなかったので忘れていたが、やはり痛めていたようだ。無理せず良かった。

また、通常は尻や太ももの張りが酷くなるが、今回は滑らないように踏ん張る動作が多くふくらはぎの張りが一番酷かった。鍼治療してもらった。

その後、2時間ほどある企業担当者から、ウェブサイトやfacebookを使ったPRが中々進まないと相談を受けていたので、2時間近く、様々な観点からアドバイス。

今日の練習会で走れるように、それからスポーツクラブに行き、バイクや、アクアウォークで軽い負荷をかけて溜まった乳酸を出していく。また先週の公認スポーツプログラマー講習会で、自分なりに効果がありそうだと気づいた左肩のリハビリ運動をプールで行ったところかなり効果を感じた。

資格は取るものではなく、使えるように学ぶものだと私は考えています。

 

そして、電車内などで書いていた記事を深夜に仕上げてアップしました。

信越五岳トレイルランニング 〜感謝の気持ちと改善を望むところ〜

この記事はタイトルを含めて何度も直しました。理由は好きなレースだし、たくさんの感動をいただいた。でも危険と感じたことは伝えて行かねば、同様のことで重大事故が起こったら後悔する。これは信越五岳に限らず他の大会でも起こりうることだから、何が危険なのか?どうしたら良かったのか?を多くの方に考えて欲しかったのです。そのバランスが非常に難しかった。そんなことで寝たのは深夜2時過ぎ。。

また、レース中もお世話になったアスリチューンを、今度はリカバリーのために使いました。スピードキュアをレース翌日から朝晩飲んでます。

%e9%9d%92

スポンサーリンク



そして朝から、信越五岳で使ったラン用品を整理したり、今日の練習会の準備をしながら、【ウルトラプロジェクト】メンバー大活躍!!を書きました。

メンバーの活躍はホント嬉しいです。

そのため、10月からレギュラー会費を上げずに練習会の回数を増やすことにしました。

基本は毎週水曜日と、週末2回の全体練習ですが、その他、サブ4狙うメンバー向け、サブ3.5狙うメンバー向け、サブ3や3時間10分以内を狙うメンバー向け練習会をそれぞれ月に1、2回不定期にすることにしました。

また、来週からフルマラソンのレースマネジメントセミナーを複数回開催します。こちらはメンバー以外でもご参加いだけます。

どうすれば目標タイムをクリアできるか様々な視点から考えてもらうワークショップです。

そして少し不安のあるふくらはぎにテーピングを貼って自宅を出ました。


最悪走れないことを想定して、対処はしていましたが大丈夫そうです。

しかし、2007年に初フルで両脚が攣って半分以上歩いて4時間56分でゴールした時は一週間歩くのもままならず廃人のようでしたが、悪天候の山岳地帯を103キロ20時間以上動き続けたのに、その翌々日にインターバルのペーサーが出来るくらいに回復したのは驚きです。

人間変われるものです。

秋冬のフルマラソンで目標達成したい方は一生懸命練習をしてると思いますが、合わせてレースマネジメントもしっかり自分のものにしてください。極端な話、話をきいたことを実践するだけで30分くらい速くなる方はいます。

近日詳細をアップしますが、興味ある方は下記からメッセージください。

facebookページ

また、多少10月入会も可能ですから、興味ある方は連絡ください。

今日は、24時間走日本代表経験のある東大卒ランナーの小谷さんと、スカイランニング世界選手権日本代表の岩楯さんが手伝ってくれます。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA