青梅マラソンエントリー完了するも、サーバーもう少し何とかして欲しい。

今日はケッズトレーナー高田馬場で、股関節を中心にケアではなくストレッチをしてきました。かなり伸びて気持ち良いです。また汗びっしょりになりました。。ランニングに適したストレッチを吟味して、ウルトラプロジェクト練習会で取り入れていきます。

それから新宿に移動して、カフェで青梅マラソンのエントリーです。

スポンサーリンク



青梅マラソンは、定員15,000人の30キロの部は金曜日、土曜日、日曜日と3日間に分けてエントリーされます。
毎日同じ枠であれば5,000人の先着順です。

今日は12時スタートで、15分くらい前から公式ページにも中々入れない。

パソコンとスマホで試したが、全く繋がらない。エントリー画面に行く前のページで待つ時もイライラが募るばかり。

中々繋がらないからイライラした訳ではありません。

ランネットであれば、繋がるまで待機していればいずれ繋がる。その時に枠が残っているかは分からないが。

青梅マラソンはローソンチケットを使っているが、ここは第一回横浜マラソンのエントリーの時から、いろいろ気になることがありましたが、サーバーが弱すぎるのか、何回もやり直しが続きました。

例えるなら、人気商品をお店で買うために行列していて、少しづつ前に行ったと思ったら、最後尾に並び直してください。って言われ続けているようなものです。

この画面から

low1

エントリー画面に行ったと思い、ボタンを押すとこんな画面になってしまったのです。

low2

これが、10回くらい続くと、いい加減頭にきて、もう青梅マラソンは出なくていいかな。なんて思ってきました。たった5,000人の枠だからもう埋まっているだろうし。

美容室の時間が迫っていたので諦めました。

スポンサーリンク



そして、美容室でヘアカットしてから、再度やってみると繋がった。90分経ってるし終わったのかなと思ったらまだエントリー出来ました。。


普通5,000人の枠が90分も残ってる訳ないから、サーバーがパンクして大半の方が繋がらずに昼休みが終わり、諦めたのかもしれません。

昔のランネットも酷かったけど、最近はかなり改善したようです。

ただ、大規模なコンサートなど手掛けているローソンチケットが、たった5,000人の枠でサーバーダウンはどうしたのでしょうか?

今年からスポーツエントリーを外して単独エントリーになったのならしっかりして欲しいと思います。

明日・明後日も今日のような状況が続くなら、来年はランネットに戻るかもしれませんね。

(追記)

大会ホームページのエントリー情報には、ローソンチケットだけ紹介していますが、スポーツエントリーでもエントリーできたようです。普通エントリーできるなら掲載しますよね。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です