マラソン レースマネジメント・イメージトレーニング サブ3.5の境界線 その3

img_9004.jpg

昨日2回目のレースマネジメントセミナーを開催しましたが、ウルトラセミナー含めて初めてご参加いただいた方がご満足していただき、本日ウルトラプロジェクトへ入会申込をしていただきました。

今までもウルトラセミナーに参加していただいてからメンバーになられた方もいますが、ウルトラセミナーと進め方を変更したセミナー内容にご満足し、入会を決めていただいたことがとても嬉しいです。

10月にも数回開催しますが、一般料金で参加し、その後ウルトラプロジェクトに入会された方はメンバー料金の差額を入会時費用から相殺させていただきます。

セミナー料金

・一般 4000円

・レギュラー会員 2000円

 

スポンサーリンク



さて今日は3回目の事例になりますが、比較的ありがちなラップタイムなどを選んでみました。

2人ともサブ3.5前後でゴールしましたが、それぞれのラップを追いかけながら、その時にそのランナーがどのような気持ちで走っていたか、身体の状態や精神状態はどうだったかを、緊張するくらい真剣にイメージしてみてください。そして自分ならこのタイミングで踏ん張るとか、踏ん張れないとか考えてみてください。

二人ともハーフ通過がロスを含んで1時間44分前後の同じようなラップを刻んでいます。

パターン1
sub35-5

スポンサーリンク




パターン2
sub35-6

 

スポンサーリンク




レースマネジメントセミナー および 10月のウルトラプロジェクト練習会 についてはリンク先をご参照ください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA