ウルトラマラソン当日の朝飯はたくさん食べるは間違い??

四万十川ウルトラマラソンセミナー参加者全員完走

で3人の走りを紹介しましたが、ウルトラプロジェクトの女性メンバーは、普段寝ている時間に起きて朝飯を食べたことからレース前からお腹が気持ち悪くなり終盤になるまで10回くらいトイレに行ったようです。

今回は雨が降っていてお腹が冷えたのも影響しているかもしれませんが、レース前からと本人が話しているのだから、やはり身体が驚いたのでしょう。

スポンサーリンク



私のサロマ湖ウルトラもお腹をこわして散々なレース展開になりましたが、当日朝の食事の影響も大きいと思います。

ウルトラマラソンはしっかりエネルギーを溜め込まないと走りきれないと、前日も無理して食べる方はいますが、私は過去の経験から前日は多少多く食べるくらいにしてます。

ただ、普段ほとんど朝飯を食べない方は、食べることは、結構ストレスだと思います。それも深夜に食べる訳ですから。。

私自身もそんな感じです。

食べることは出来ますが、レース前に少し気持ち悪くなったり、レース中にゲップが出たりと消化されてないことがよくあります。

実際、ウルトラマラソンの場合は、朝飯をたくさん食べてもゴールまでエネルギーが足りるなんてことはありません。レース中に必ず補給は必要です。

それであれば、お腹が驚く時間帯に食べるのをやめてスタート1時間前など、ある程度内臓の動きが出てきてから軽く食べるくらいが良いと最近感じています。

レース中に補給するのが苦手な方なら、極力エネルギーを貯めたい気持ちはあると思いますが、わたしはレース中の補給は全く問題ないし、またアスリチューンはたくさん飲んでも気持ち悪くなりません。

年内に早朝スタートのウルトラマラソンはもうありませんが、来年のレースは試してみます。

スポンサーリンク



ランニング中に”気持ち悪くなる”原因と対策

で紹介しましたが、気持ち悪くなる原因はさまざまですから、対処法もさまざまです。

ウルトラマラソンのスタート前からお腹の調子が悪い方は、今回わたしが書いたようにすることで改善できるかもしれません。レース前の緊張感から胃の働きも悪くなりますから。

ウルトラマラソンの前日やスタート前にはたくさん食べる。

と言われていますが、自分の生活習慣に合わせて、いろいろ試してみてください。

ウルトラマラソンだけの話ではないけど、ストレスを極少化するにはどうすべきか。の視点で考えれば間違いないと思います。

スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA