アディゼロボストンブースト2と、ニューバランスML515にもキャタピラン

週末に久々にアウトレットに行ってきました。目的はいろいろありましたが、このシューズは衝動買いです。

スポンサーリンク



普段履きはニューバランスが多いのですが、これは一目見て気に入りました。

なぜか25.5cmが少しキツく感じたので、26cm履いたら踵が少し浮く。。

迷わず26cmを買いました。

小さいのはどうしようもないけど、多少大きいなら調整はできます。


自宅に戻ると、早速キャタピランを巻きました。

ランニングシューズは、ハマヤ巻きのフィッティング重視バージョンで、計測チップが付けられるウルプロ巻きにしてますが、普段履きは普通の靴ひものように緩めに巻いてます。

ただ、緩めに巻いているにも関わらず、踵の浮きはなく、快適な履き心地になりました。



横から見るとこんな感じです。

スポンサーリンク



また、神宮外苑24時間チャレンジで使おうと思っていたアディゼロジャパンブースト2がだいぶ痛んできたので、探しましたがありませんでした。

が、ボストンブースト2が半額くらいであったので履いてみるとさほど重たいとは感じないし、ソールが柔らかすぎないので購入しました。


こちらも即キャタピランに交換しました。これは緩めに巻いてますが、この状態から少し詰めて履くとフィット感が増します。その際上下の紐が余るので、それを利用して計測チップを付けるのです。

こんな感じです。このシューズはアディゼロジャパンブースト2です。



巻き方についてはこちらをご参照ください。

計測チップスマート装着 〜キャタピラン ウルプロ巻き〜

アディゼロボストンブースト2は、サブ5ランナー向けとありますが、履いた感じはサブ4ランナーどころか、サブ3.5ランナーでも違和感ないと思います。

昨日のウルトラプロジェクト定期練習会では、2000m×3  4’30/kmインターバルの後に、1325mを4’10/kmで走りましたが思いとは感じません。

ブーストがそれほど厚くないので、接地時の沈み込みが少なく地面からの反発をもらいやすいシューズです。足型もアディゼロジャパンブーストと大差ないのか違和感は全くありません。

もしかするとキャタピランを巻いていることから、フィット感が増しているのかもしれません。

来週の練習会なども含めて履いてみて違和感なければ、神宮外苑24時間チャレンジはこのシューズで走ります。

アスリチューンが1個から購入できる、川口駅近くのRunerxでもキャタピランの取り扱いを開始しました。店長はシューズ選びにも詳しいので、キャタピランとのマッチングなどいろいろ聞いてみてください。



スポンサーリンク



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です