12/11  ウルトラプロジェクト練習会  赤坂御所で3キロ×3レペテーション

日曜日は、起伏のある赤坂御所で10キロビルドアップの予定でしたが、迎賓館正門前が混雑していたので、危険防止のために3キロレペテーションにしました。

スポンサーリンク



スタートは、正門を反時計回りに行った最初のブラインドコーナーです。

見通しの良い箇所から、歩行者のいないタイミングでスタートして、正門前の道に出る手前100mくらいをゴールにしてます。

これなら、ブラインドコーナーを2回回避出来るので、見通しの悪い青山一丁目交差点などをペースダウンすれば比較的安全に走れます。

赤坂御所はアップダウンがあり凄く練習になるコースですが、見通しが悪い箇所や狭い箇所があるので気をつけて走ってください。その辺りをまとめてますのでお読みください。

東宮御所(赤坂御所)コースマップ 〜安全に走ろう〜


今回は緑のマークの直線をカットしました。

本練習前に、広場でフォームチェックのための動画を撮影しました。


実際はもう少し一人一人の間隔をあけて、前や後、横から撮影してみんなでチェックしました。

後傾する癖が治ってつくばマラソンで40分くらいタイムを更新したメンバーがまた後傾していたので、注意したらすぐに治せました。

自分自身、腑に落ちた状態で身につけたフォームですから、崩れていても治すポイントを理解してるから治せるのです。アドバイスされたことを理解してない状態で作ったフォームだと、崩れた時に何が正しかったのか分からず修正は難しいです。

スポンサーリンク



その後、体感トレーニングをしてからビルドアップです。

2グループ作りました。

4’30/kmと5’00/kmです。

余裕のあるメンバーは、最後の登りをフリーにしました。

アップダウンがあるから、外苑より1キロ15〜20秒厳しいと私は感じています。

私はBグループで走りました。

ラップはこんな感じです。

1本目

5’02-4’50-5’11    15’03

ほぼ設定通りでした。

2本目

4’55-4’52-4’50    14’37

スタート時は2人いましたが、女性メンバーが途中から落ちたので、状態を聞くと貧血気味かもというので、無理しないでジョグで走ってもらい、男性メンバーに追いつき登りも頑張ってもらいました。

男性メンバーは夏前はかなり力を付けてきて、秋にはサブ4どころか、サブ3.5近くいけそうと思っていた時期に仕事で関西に数ヶ月いくことになり、あまり練習出来なかったようです。

自己ベストは更新しましたがサブ4ならずでした。今月から復帰して頑張っています。

3本目は、力を残さず自分一人で走ってもらいました。私は女性メンバーと軽くジョグ。

タイムをとっていたら、なんと14’02で戻ってきました。アップダウンのキツイ3キロを4’41/kmペースですからかなり速い。それも3本目ですから。

また、Aグループのメンバーもしっかり追いこみました。







最後まで残ったメンバーでアスリチューン・スピードキュアを飲みながら撮影です。

スポンサーリンク



また、日曜日には多くのメンバーが全国の大会で走りました。

青島太平洋で自己ベストを出したメンバー。

青島太平洋で悔しい思いをしたメンバー。

伊豆トレイルでコースベストを出したメンバー。

伊豆トレイルでサブ10したメンバー。

伊豆トレイルを完走したメンバー。

伊豆トレイルを楽しんだメンバー。

伊豆トレイル後の美味しい晩飯に間に合うよう頑張って間に合わせたメンバー。

伊豆トレイルで悔しい思いをしたメンバー。

武田の杜トレイルでコースベストを出したメンバー。

武田の杜トレイルを楽しんだメンバー。

みたけ山トレイルランで入賞したメンバー。

佐野マラソンで自己ベスト出したメンバー。

所沢シティハーフで復活の兆しを感じたメンバー。
結果はさまざまですが、みんな頑張りました。

『伊豆トレイルの40キロ地点で尾骶骨を強打してしまい、ゴールできないかもと不安になりましたが、50キロあたりから痛みも和らいだのか麻痺してるのか、また走る事ができました!今できる事をすると言う、コーチの教えが頭にうかびました。』

とメンバーからメッセージいただきましたが、

今できることをする。

それが大事だと思います。

また、時には止める勇気も必要です。特に伊豆トレイルは気温が低く低体温症のリスクが高かったと聞きました。ガス欠とか膝などの痛みであれば復活することありますが、低体温症になったら復活は難しいです。

山で動けなくなれば生死にかかわるだけではなく、さまざまな関係者に大きな負担をかけます。その点からもリタイアを選択したメンバーは賢明な判断だったと私は思っています。

明日は、午後練と定期練習会の2部練になりますが、私も徐々に疲労を抜き週末に備えます。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA