12/21 午後練  〜イメージを言葉にしてみる〜



昨日の午後練は珍しく全員女性でした。

これは動き作り、フォーム作り後に、その時に感じたことをイメージしながら走ってもらった時の画像です。

みんなカッコいいですね。

スポンサーリンク



今回も練習時間の半分は動き作り、フォーム作りです。



手脚の連動、しっかり地面を押す感覚、身体の左右バランス、目線など、大事なポイントを意識して動いてもらいます。

スピード出す必要ないのです。



脚は上げるのではなく、落とす、そして地面を押し込む。そうすれば、逆の脚は上がります。脚を上げようと意識すると身体は仰け反りやすくなりますが、地面に押し込むイメージならそうはなりません。

その状態から流しに入ると、地面を押してスッとスピードに乗れる感覚が身につきます。



また、K.Oさんの二週間前はこのように目線が落ち、少し背中が丸まっていました。



そのフォームだと流しに入る時にさらに目線は下に行きます。



だいぶ変わりましたが、なぜ変わったかと言えば、自分自身でどう動けば良いのかを言葉にしたからです。

一つの事象でも、そのことをどのように表現するかは人により全く違います。

だから自分の言葉にすることは大事なのです。

スポンサーリンク



その後、前後左右様々な位置からフォームを撮影して、全員でみました。自分のフォームを見るのは照れくさいけど、様々な気付きがあります。

img_2251.jpg
img_2252.jpg
img_2254.jpg img_2253.jpg

少し違和感を感じればコマ送りや静止してチェックします。その時はだいたいどこかおかしい場所があります。

そして、なぜそのような動きになるかを考えてもらいます。多少アドバイスはしますが、本人が気付かないと再現性がありませんし、体感部の筋肉の動きなどは本人でないと分かりません。

言葉のキャッチボールをしていくと本質に近付いていきます。

そしてどう走れば良いかを自分の言葉にしてもらうのです。

その後、また撮影をして、見てもらうなど、その繰り返しです。

スポンサーリンク



そして、4人で周回路を走ってもらったのが最初のカット画像です。

今回のスピード練習は1000mを3本にしました。

img_2287.jpg img_2288.jpg img_2289.jpg

みんな気持ちよく走ってもらいましたが、いつもならきついペースが楽に走れたと話していました。

その感覚こそ

効率よく走っている状態です。

img_2249.jpg

練習後にはアスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーに繋げます。

ウルトラプロジェクト午後練は水曜日14時から15時30分まで神宮外苑や皇居周辺で開催してます。体験参加も可能ですのでご興味のある方はご連絡ください。

【お知らせ】

・アスリチューンを3セット(30本)購入するとポケットエナジーが3個オマケにつく期間は年明け早々に終わります。

なくなりそうな方はお早めにご購入ください。

アスリチューン購入ページはこちらです。

・12月27日にチャレンジ富士五湖対策セミナーを開催しますが、ほとんど告知もしていませんでした、前回開催した際の記事のリンクを貼り付けておきます。少人数でも開催しますので、ご興味のある方は、Facebook メッセージにてご連絡ください。

チャレンジ富士五湖に限らず、他の100キロマラソンに初めて出る方や、サブ10狙う方、もしくは24時間走にチャレンジしたい方など参考になるお話をさせていただきます。

ウルトラセミナー 〜チャレンジ富士五湖セミナー



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です