トレッドミルを使って効果をあげるために注意して欲しいこと その1 〜テレビを注視しない〜

トレッドミルは効果があるか?ないか?と質問をされることがありますが、効果のあるトレーニングをすればもちろん効果あります。逆に好ましくない方法の使い方をすると効果が出ないどころか、マイナスにも働きます。私が感じていることを何回かに分けて紹介していきます。

スポンサーリンク



私が会員になっているスポーツクラブのトレッドミルはさほど混雑していないので使おうと思えばいつでも使えます。また時間制限もありません。

昔行ってたスポーツクラブはマシンにより30分とか60分とか制限があったし、順番待ちをしなくてはならなかった。

今でも覚えているのは、友人3人で週末に多摩川ロング走をする予定をしていた時に東日本大震災が発生し福島原発で事故が起こりました。ロング走の日は雨だったので、放射能が含まれた雨にうたれたくないと急遽スポーツクラブでトレーニングをすることにしました。そのとき3人ともトレッドミルでほぼフルマラソンの距離を走りましたが、無制限のマシンはなかったので時間になるとマシンを変えたり、順番待ちをしたので5時間くらいかかりました。

そんなこともしましたが、私はトレッドミルが好きなわけではありません。

むしろ苦手で10分も走ると嫌になります。

何が苦手かというと、景色が変わらないから飽きるというより、接地時の沈み込む感覚や後ろに持っていかれる感覚が嫌なのかもしれません。

スポーツクラブでトレッドミルをしている方々を見るといろんな方がいます。トレッドミルを使ってトレーニングをする目的も様々でしょう。

ただマラソンを速くなりたい。という目的でトレッドミルを使っているなら注意して欲しいことがいくつかありますので、紹介していきます。

スポンサーリンク



“テレビは付けない。注視しない。”

まず、テレビは付けない方がいいです。私は電源を入れずに黒いモニターにうつった自分のフォームをチェックしてます。黒い画面は肩の位置や腕振りをよく映してくれます。もちろんモニターの位置によっては自分は映らないかもしれませんが、試してみてください。

また、モニターの位置はマシンにより様々ですが、自分の目線より高い位置にモニターがあるマシンの場合は、特にテレビは見ない方が良いです。なぜならテレビを見ることで、顎(顔)が上がったフォームになり、それを続けると公園など路面を走る時も、顔が上がるようなフォームが身についてしまうからです。退屈なら音声だけ聴きながら時々目線を上げてモニターを見るなどしたら良いと思います。

それとテレビを見ると意識はテレビに行きます。体を動かし続けてダイエットしたいなどであれば構いませんが、良いフォームになりたい。速くなりたいなど目的があるなら、自分がどう走っているか?などを意識して走ったほうが効果は出ます。

これはトレッドミルに限りませんが、

この練習は何のために行うのか?

どのような効果があるのか?

どこに意識して行うのか?

を考えて行うことは大事です。

このように何回かに分けて、私が感じていることを書きますが、次は『むやみにスピードを上げない。』をテーマに書きます。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA