アディゼロジャパンブースト3にキャタピラン


先日、アディゼロジャパンブースト3購入後に、下記二つの記事を書きました。

スポンサーリンク



アディゼロジャパンブースト3 〜過去のアディゼロを思い出す〜

アディゼロジャパンブースト3 を履いてみました。〜ブースト2と重量など比較〜


その後、練習会などで使用していますが、特に不都合はなく気に入っています。

スポンサーリンク



少し話は逸れますが、以前は、練習でも常にアールエルの五本指ソックスを履いていましたが、最近は五本指ではなく、メリノウールのラウンドソックスも試しています。

神宮外苑24時間チャレンジの12時間で小指周りの血豆が潰れるというアクシデントが発生した際に、カットバンとテーピングで足を包み込むように応急措置をしたことで、五本指ソックスは履けない場面に出くわし、レース後用に持参したアールエルのラウンドソックスを履いて残り12時間走りましたが、トラブルは悪化することなく自己ベストに繋がりました。

img_3228.jpg

その時はこの薄地を履いていました。薄地といっても履いた感覚では、メリノウールの五本指ソックスと変わらない厚さです。

最近の練習会で、もっと生地の厚く暖かいタイプを試してみました。

img_3226.jpg
履き心地は良いのですが、さすがにシューズがキツく感じました。

ただ、長時間走り続けるウルトラマラソンでは、足が浮腫んでシューズがキツくなってきます。神宮外苑のトラブルは浮腫みが原因です。そのため半サイズ・1サイズ大きいシューズを持ち込む選手もいますが、アディゼロジャパンブースト3の半サイズ上か、同じサイズのワイドモデルを購入して、このソックスを履いたら良いかもしれないと思いました。メリノウール素材ですから長時間履いても潰れることはなく弾力を保ってくれます。また水濡れや汗による擦れも比較的防止してくれます。今度試してみたいと思います。

アールエルのメリノウールソックスの一覧はこちら

ソックスを選ぶ際は、自分のシューズとのマッチングを考えないとキツくなったり緩くなったりしますので注意してください。どちらも走る上でストレスになります。

キツイのも緩いのも嫌だけど、いろんなソックスを試したい方は、キャタピランがオススメです。

私の普段履きのニューバランス515はデザインが気に入ったのですが、25.5cmだとキツく、26.0cmだと踵が浮きましたが、迷うことなく26.0cmを購入してキャタピランを巻きました。履くのも簡単だし、フィット感も最高です。

ランニング用シューズでは、上で書いたような足が浮腫む前提の距離を走る際に、適正サイズより大きいのを試すことはあるかもしれませんが、通常は適正サイズを履いています。

スポンサーリンク



普通の靴紐でもしっかりフィットするサイズです。そのシューズを選んだ上でキャタピランを巻いて、甲を締め付けないのに、包み込むようなフィット感にしていきます。
最近のランニングシューズはカラフルなカラー展開になっていますが、キャタピランのカラーバリエーションも豊富なので、同系色を選ぶのも、あえてチャレンジな色を選ぶのも自由です。

アディゼロジャパンブースト3のこのカラーはかなり気に入っているので、一足目はオレンジ単色のキャタピランを巻きました。img_3221.jpg

もう一足は遠目には分かりませんが、オレンジ系統のストライプを巻きました。

img_3222-1.jpg
当面は、こちらは室内履きにします。キャタピランのカラーを変えておけば、間違って土足用のシューズをスポーツジムに持っていくなどのミスが防げます。

キャタピランの巻き方に関しては、いくつかありますが、この記事の後段で説明した巻き方がオススメです。

キャタピランで走りは変わる

また、計測チップをシューズに付ける際に、スマートに付けることができるウルプロ巻きについてはこちらをお読みください。

計測チップスマート装着 〜キャタピラン ウルプロ巻き〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です