青梅マラソンのタイムでフルマラソンのタイムを予測 日本記録を出すには・・・。

スポンサーリンク




神野大地選手は惜しくも90分切りも優勝で出来ませんでしたが、丸亀国際ハーフで素晴らしい走りをしてから二週間ですから難しかったと思います。

神野大地選手の丸亀国際ハーフの走りについてはこちらをお読みください。

丸亀国際ハーフマラソンの結果から神野大地のマラソンタイムを予測?

 

スポンサーリンク



ちなみにトップ選手も市民ランナーも、青梅マラソンのタイムを1.42倍するとフルマラソンのタイムの目安になると思います。

90分→2時間7分48秒

100分→2時間22分00秒

110分→2時間36分12秒

120分→2時間50分24秒

130分→3時間04分36秒

140分→3時間18分48秒

150分→3時間33分00秒

160分→3時間47分12秒

それ以降はスタート後の混雑が大きく誤差は大きくなってきますが、自分の感覚や仲間のタイムを見ても1.42倍で計算すれば大きな誤差はないと感じます。

ちなみに、サブ3は2時間06分45秒になります。

もちろん、このタイムを出したとしてもサブ3できるとは限りませんが、目安にはなると思います。

また、この係数(1.42倍)であればマラソンで2時間6分切るには、青梅マラソンで1時間28分43秒です。神野大地選手に来年、是非チャレンジして欲しいです。

スポンサーリンク





コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です