シューズのソールの減りが安定してきました。

明日静岡マラソンですが、4回目の開催にして初めて晴れるようです。このコースは25キロくらいから10キロほど海岸沿いを走りますが、雨だと向かい風になるけど晴れると追い風になると聞いたことがあります。

喉は完全ではなくまだ薬を飲んでますが、だいぶ治まってきましたし気持ちよく走りたいです。

また、青梅マラソンで15キロ過ぎから出た肩の痛みを胸骨の回旋を克服したので、今回はスタートからその動きと、接地にしっかり乗ることだけを考えて走ってきます。今回痛みが出なければウルトラマラソンシーズンに自信を持って入れるので大事なレースです。

スポンサーリンク



持参してきたシューズのソールを確認すると、アウトソールの減り方がだいぶ変わってきました。


踵の外側も少し減っていますが、以前は片側の減りが激しかったけどほぼ左右均等です。

今回気づいたのはここです。


画像のちょうど中心辺りの減り大きくブロックがほぼ残っていません。

左足も同様です。


私がイメージしている身体の真下で接地して、地面を押す動きが出来ているのでしょう。

とにかく左右差がなくなってきたのが嬉しいです。

スポンサーリンク



明日のウェアはウルプロウェアです。


また、ジェルなどサプリメントはアスリチューンを中心に使います。

スポンサーリンク



今日はもう寝ますが、計測チップを忘れないように、私はこんな風にしてます。


ウルプロ巻きしたキャタピランに仮止めです。こんな風に付けておけばカバンにしまい忘れることはありません。もちろんシューズを履いたらキッチリ付けます。

ウルプロ巻きについてはこちら



スカイランナー星野和昭選手に『凌駕スマッシュウォーターの使い方』を聞いた。

静岡に向けて自宅を出ましたが、今日は凌駕スマッシュウォーターを使ってウォーターローディングを行います。


スポンサーリンク



今回は、高濃度酸素ナノバブル水ランプラスウォーター500mlにスマッシュウォーター1包をいれてみました。メーカー推奨は500-1000mlに1包で、今まで1000mlに1包を試していたので、今回は濃い目にしました。

観測史上最高気温のNAHAマラソンで役立ったもの  で書きましたが、その後もウルトラプロジェクトメンバーが大会で使って効果を感じています。

今回は長年スマッシュウォーターを使っている、スカイランナーの星野和昭さんに使用感などを教えてもらいました。

アスリチューンやサロモンなどのサポートを受ける星野和昭さんは、ウルトラプロジェクトの練習会や、トレランイベントで指導をしていますが、非常に分かりやすく指導には定評があります。また、トレイルレース・スカイランニングでも活躍中です。

スポンサーリンク



【体感している効果は?】

スマッシュウォーターを使うことで、一気に汗が噴き出る感じがなくなり体内に水分が貯まり、また体内の水分保水バランスが整っていると感じています。

【どのような方にすすめたいか?】

・足攣りが多い方

・トイレが多い方

・脱水が心配な方

・汗の量が多い方

【ウォーターローディングの方法】

・レース一週間前から1日1リットルくらいをこまめに分けて1時間おきくらいに1回100mlくらい水分補給をするようにしている。

・ポイント練習の日(レース3日前くらい)は前日の寝る前にスマッシュウォーター1包を水500mlに溶かして飲む。

・前日寝る前に1包を水500mlに溶かして飲む。

・レース当日朝は1包を水500mlに溶かしてスタート前までにこまめに飲みきる。

この時点でトイレに行きたいと思う人は水分の取りすぎなので注意。身体の保水容量を超えてるとすぐに排出されてしまう。

【足攣防止になると感じるか?】

汗が大量かつ突発的にでないので身体の冷えや、脱水を抑えることが出来るので、足攣りにつながるリスクを抑えることは出来ると思う。

【足攣りが怖い方への使用法アドバイス】

スマッシュウォーターは、大量かつ突発的な汗をおさえることで、体力の消耗を抑えてくれるドリンクなので体内の水分バランスを整えてくれます。またレース後の疲労回復にもつながるので脱水した状態から速やかに脱出するためや、レース間のリカバリーとしてもオススメです。

【レース中の使用方法】

私はレース中の水分は全てスマッシュウォーターを薄めた(水1リットルに1包)ものを使ってます。

私は4時間以内のレースであれば、暑い時期でも1リットル、寒い時期なら500mlで足りてしまうくらい身体の保水能力は元々高いので、脱水などしないのは全てスマッシュウォーターのおかげだとは思ってません。

ただ、保水能力が高いからこそ、汗のかき方などの違いはよく分かります。

スマッシュウォーターを使うと汗のかき方が全く違い、凄く効果を感じています。

以上、星野さんに教えていただきました。

スポンサーリンク



星野さんはレース中にもスマッシュウォーターを飲んでいますが、ハイドレなどを使わないウルトラマラソンやフルマラソンで同様の効果を狙った商品があります。

凌駕SHOT-ONEです。

まだ、ランニングショップなどでの販売はしていないようですが、1袋に25包の小さなスティックが入ってます。これをエイドステーションの紙コップ1杯に溶かして飲むと同様の効果があるとのこと。

ただ紙コップの水に入れても溶けにくいので、私は直接スティックから口に入れて水を流し込みます。水でなくてもスポーツドリンクでも何でも構わないようです。

3/17開催のウルトラセミナー  チャレンジ富士五湖対策

でもサンプルの提供します。

このセミナーでは、今回説明した2種類以外に、アスリチューン2種類、そしてオルガニックジェルのサンプルを提供します。

本日募集開始です。

また、3/18開催の川口駅近くのルナークスウルトラマラソン完走テクニックセミナーでも提供予定です。



アスリチューン・オルガニックジェル・スマッシュウオーターが使える、3/17チャレンジ富士五湖対策セミナー

11月に2回、12月に1回、1月に1回開催した、チャレンジ富士五湖対策セミナーを、3/17に開催します。

img_2777-1.jpg

今回は参加者特典として、私がレースで使用しているサプリメント5種類をサンプルとしてお配りします。
スポンサーリンク



◻︎日時 3月17日(金)19:00〜21:00

◻︎場所 カフェ Vita@stile (東京都中央区月島1−14−7 旭倉庫内)

◻︎参加費

一般:3,500円
リピーター:3,000円(過去ウルトラセミナーに参加した方)
ウルトラプロジェクト会員価格
レギュラー会員:2,000円
ビジター会員:1チケット+1,000円

*当日入会された方は、会員価格となります。

スポンサーリンク



◻︎サンプル提供

img_3147.jpg

アスリチューン エナゲイン  1個

img_3146.jpg
アスリチューン    ポケットエナジー 1個

img_3148.jpg
スマッシュウォーター   1包(500〜1000cc用)

img_3126.jpg
凌駕  SHOT-ONE   2包(2回分)

*まだ発売前のスマッシュウォーターの携帯用製品です。

スマッシュウォーターと凌駕 SHOT-ONEの使用感については、こちらの記事をご参照ください。

観測史上最高気温のNAHAマラソンで役立ったもの その4 〜ウォーターローディング〜

オルガニックジェル  1包

ウルトラランナー愛用のエナジードリンク オルガニックの携帯性を高めた話題のオルガニックジェルです。

◻︎セミナー参加者特典

アスリチューン、スマッシュウォーター、オルガニックジェルなど、お得に購入できます。お買い得な内容はセミナーにておしらせします。

◻︎参加費には1ドリンクが含まれています。

生ビール・コーヒー・ソフトドリンクなど

◻︎募集人数

10名程度

◻︎対象者

・ウルトラマラソン初挑戦の方
・過去リタイアしている方
・サブ9、サブ10などの目標タイムで完走したい方
・今後、ウルトラマラソンにチャレンジしたい方

◻︎セミナーの内容

・チャレンジ富士五湖のコース説明 40分

(内容)コース画像をみながら、チャレンジ富士五湖特有の注意点などをお知らせします。
(目的)どのようなコースを走るのかをイメージしてもらう。

・目標タイム設定、ペース設定  40分

(内容)客観的な複数の数値や考察をもとにして作成した指標を使って目標タイム設定や、ペース設定の考え方を参加者に把握してもらい、各自計算してもらいます。
(目的)自分自身がどう走れば良いかのイメージをしてもらう。

・目標達成のための準備やレースマネジメント  40分

(内容)100キロ走るために必要な、補給の考え方や必要なアイテムをストレスなく走る観点から説明。また練習やレース前の過ごし方。主なトラブル事例。実践して欲しいことなど伝える。
(目的)可能な限り、苦しくなく痛くなくストレスを小さくして目標達成するために必要なことを知ってもらう。

セミナーの進め方は、実際に現在の走力に応じて目標タイムを考えていただき、スタートラインからゴールまで、コースを走るイメージを持ってもらえるようワークショップ形式で開催します。

セミナー終了後、ビールを飲みながら質問などお受けいたします。

スポンサーリンク



以前のセミナー開催報告はこちらをご参照ください。

ウルトラセミナー開催報告  〜チャレンジ富士五湖対策セミナー〜

参加ご希望の方は、Facebookページのメッセージにてご連絡ください。

また、実際のコースを使って行う試走会もまだ申込いただけます。詳しくはこちらをご覧ください。

3/26開催 ウルトラセミナー実践編 〜チャレンジ富士五湖試走会〜