リタイアについて 〜極寒の2013チャレンジ富士五湖を思い出して〜

 

極寒のレース翌日に書いた記事です。少し言葉をなおすだけで文脈は変えずに当時の投稿を掲載します。

<スポンサーリンク>


昨日の極寒の中、チャレンジ富士五湖や、霞ヶ浦、長野を走られた方お疲れ様でした。

私は100キロ初挑戦から10時間以内で走るという連続記録は6回で途切れてしまいましたが、短いレース含めての完走記録は継続中です。

昨日は厳しいレースでしたが、一瞬たりともリタイアしようと考えなかったと書きましたが、過去リタイアを考えたレースはあります。

それはウルトラマラソンでも、UTMFでもなく初めてフルマラソンを走った掛川マラソンです。

レースのことを何も知らないで走った2007年の掛川マラソンではハーフ手前で両足が攣りました。対処の仕方もまったく分からない。ゆっくり走ると攣るので残り半分以上早歩きをして一歩一歩ゴールを目指しました。制限時間が5時間と厳しいレースでしたので歩いたら間に合わないことは計算してすぐに分かりましたが、その場で出来ることは歩くことだけ。

途中に収容バスがありリタイアしようか、かなり心が揺れました。ただまだ歩けるのだから前に進もうと必死に歩きました。あの時にバスに乗っていたら、もうマラソンはしてないかもしれません。なぜならまだ先に進む力があるのに諦めてしまった自分に後悔したと思うのです。限界まで頑張ってリタイアしたなら次はしっかり準備してチャレンジしようと思うでしょう。

ウルトラマラソンは復活が出来ます。

まったく走れず、もう限界と思ったあとにしばらく休むと走れるようになることがあります。だからウルトラランナーは簡単には諦めません。

ただ昨日の富士五湖でリタイアした方はリタイア理由によりますが懸命な判断だと思います。

<スポンサーリンク>


リタイアしようと思う時って、リタイアせざるを得ない原因があります。

その原因を取り除けない限り復活は出来ません。

私は復活したことは何回もありますが、一番多いのは脱水とガス欠です。暑い時期のウルトラマラソンでは水分をとりすぎて胃に吸収されずに大量の水分が胃に溜まることがあります。この状態で固形物やジェルを摂取しても水に溶けるだけで胃に吸収されません。その時は気持ちが悪いのだから私は胃に溜まった水分を吐きます。そのあと少しづつエネルギーを補給することで復活します。誰にでも同じことが有効かどうかは分かりませんが私には有効でした。

あとエイドで少し寝ることで復活することもあります。

ただ昨日の低体温症になった方がその原因を取り除くのは難しいことだったと思います。エイドにストーブがあれば低体温症になる前に身体を暖めることも出来たでしょうが毛布にくるまるくらいですからね。またスタート時は寒くてもだんだん気温が上がるならまだしも昨日は一日気温は上がらなかった。ウェアも濡れてるし生命に関することだからリタイアは懸命な判断だと思います。

レース中にリタイアをしようか浮かんだ時には、何が原因か?もう可能性はないのか?を自問自答したら良いと思います。

制限時間に余裕があるなら自問自答しながらしっかり休むことで復活することもあります。

また、タイムや順位を狙って走っている方は、その結果が得られなくなったら走る価値がないと思われる方もいると思います。それは人それぞれの価値観ですから良いとか悪いとかではありません。

<スポンサーリンク>


昨日走っていて自分自身、目標にしていたサブナインはおろか、富士五湖の自己ベスト(9時間29分)も序盤で厳しい状況になり、最低でもサブテンはしようと思ったけど三度目(小をいれると五度目)のトイレで絶望的になった。悔しかったし、体調もかなり悪いからまたトイレに行くことになると思った。。でもスタートしたら無事にゴールするのが私のポリシーだから止めるって選択肢はなかったです。

ゴールしてからホテルに戻って風呂で富士五湖走った方と話をしたけど、その方はUTMFも完走するくらい走力はあるのに70キロくらいでリタイアしたとのこと。

その時は止めない選択肢はないくらい疲弊していたので躊躇わずにリタイアしたとのこと。ただ収容バスに乗りスタート地点に戻る途中で苦しみながら頑張ってるランナーを見て、「私はまだ走れたのではないか?」 と後悔したと話していました。

リタイアは本人にとって辛い選択だと思います。でも止めて本当に後悔しないかを時間のある限り考えたら良いと思います。

でもその時に合わせて考えて欲しいのはリタイアしないことで、身体に大きなダメージが残らないかと、周りに迷惑がかからないかです。

特にトレイルレースは無理して続行することで主催者等に多大な迷惑をかけることもあり得るので勇気ある撤退を・・。



オルガニックジェルの使用感〜3時間10分切りを達成したメンバーの感想〜

<スポンサーリンク>


私も使用しているオルガニックジェルは、ウルトラプロジェクトメンバーにも愛用者は多いです。

その一人が古河はなももマラソンで使った際の使用感を紹介させていただきます。

Wさんは、3時間10分切りを目指して走り、3時間8分5秒のグロスタイムで目標達成しました。

今日は調子が良いと自分に言い聞かせて、ネガティブ思考な発言は一切しないでのぞみました。入りを慎重にという大事な目標はダメでしたが、もう少し自分を信じて走れれば6分台は行けたかな?と思いますけど上出来です。

オルガニックジェルは、小谷さんのFBにあったのを真似て「ガンバレ 自分」「がんばれ 俺」をスタート前とキツく感じ始めた32〜33kmくらいでとりました。

スタートが早すぎたのは元気になりすぎていたせいでしょうか・・笑

30km過ぎに採った際は、効き始めたかな?という感覚が、割と早く訪れてくれました。
身体はキツくなっていましたが、気持ちは切らさず走れたと思います。

今回は、とにかく気持ちを前に持っていくことを考えていたので、オルガニックジェルにも期待してました。期待していたからこそ摂取した段階で、「効くなー」と思うようにしていました。気持ちの問題としてしまうと、身もふたもないのですけど、実際、効果はあったのだと思っています。これからもしっかり走る大会では使います。

若干の不安はカフェインによる利尿作用でレース途中でのトイレだったのですが、直前の練習会で小谷さんに質問をしたところ、それはあまり影響しないという説明をもらえたのも良かったです。

<スポンサーリンク>


効果や体感の感じ方は人それぞれであるとともに、当日の体調によっても変わります。

Wさんは比較的体感しやすいかもしれません。

私はオルガニックジェルを取るのと同じようなタイミングでアスリチューン・ポケットエナジーを合わせてとるようにしてますが、理由はオルガニックジェルは26.8kcalとエネルギーは少ないので、エナジージェルの代わりにとるものではありません。

オルガニックジェルの効果は、皆さんも飲んだことがあると思いますが、エナジードリンクに近く、それを携行しやすい形にしたものです。そこにプロポリスやカムカムなどを配合したジェルです。

そのオルガニックジェルに、飲みやすさなどの基本性能に定評のあるアスリチューン・ポケットエナジーと一緒にとるこことで、摂取カロリーは合わせて131.8kcalとなります。

どちらも飲みやすいので、私は水なしで補給できますが、これも個人差はありますので、事前に試してください。

またカフェインが配合されているので、ウルトラマラソンやトレイルレースで睡魔が襲う場面でも活躍するでしょう。逆にカフェインが苦手な方には向きません。

現在はメーカー公式ページなどで、オルガニックドリンクなどと一緒に販売されています。

金額は、6本2000円(別途送料200円)です。

オルガニック販売サイト

<スポンサーリンク>




極寒の2013年チャレンジ富士五湖を思い出して装備を考える②

 

<スポンサーリンク>


さらにレース翌々日の2013年4月23日に、私はどのような装備で走ったが、このような装備だったらもっとパフォーマンスを発揮できたかを振り返っています。雪が降るような寒さのレースではどのような装備で走れば良いのかを投稿しています。

二日前のこの時間は極寒の富士五湖を走っていました。これは非日常の出来事。ただ今日は昨日と同じく通勤電車に揺られています。昨日から日常なんです。普通に出勤して普通に仕事して普通に食事して普通に帰宅する。周りの誰もが極寒の富士五湖100キロを走ったことなんて知らない。しかし本当に走ったのだろうか?なんか富士五湖走ったのが夢の出来事のように感じます。

そんな風に感じるのも心身のダメージが少ないからでしょう。

今回のアイテム等にも反省はありますが 助けられたこともあります。

 

このように平穏だが多忙な日常生活に戻った時に、生命に危機が及ぶかもしれないようなレースを走っていたことが、夢の出来事のように感じることは多々あります。

参考までに今回のアイテムを上から下まですべて書きます。

・ネックウォーマー

→頭に巻いて耳を保護した。

・サングラス(イエローレンズ)

→雨粒で視界が悪くなってしまったのでほとんど使わなかった。

・ネックウォーマー

→首に巻いて冷気を遮断した。

・ファイントラックアンダーシャツ

→Tシャツの下に着た。地肌に濡れたTシャツが貼り付くことはなかったが、これを着てなかったら大変だったと思う。

・普通のランニング用Tシャツ

・アームカバー

→保温タイプを使いました。

・普通の手袋

→防水タイプでないので雨に濡れて指先が悴む原因となってしまったので30キロくらいで外した。

・撥水フードジャケット

→2000円台とは思えない撥水性能だった。しかも軽い。ただSサイズでもランニングに使うには少し大きい。大きいと感じた方はレディースサイズがいいかも。

・ユニクロのボクサーパンツ

→普段から愛用してますが、熱さにも強いし、今回のような雨の時にもいいです。擦れにくくしかも安い。

・ハーフタイツ

→下ろしやすいのでトイレでは楽でした。

・ショートパンツ

→悴んだ指先でフックボタンが止められず苦労しました。。。

・R×Lsocksのカーフ

→前から気になっていたのだけど練習で使ってないので本番では使う気なかったのだけど、脹ら脛の張りが抜けないから前日の朝から夕方までつけて移動しました。そしたら脚が調子よくなったのでレースでも使いました。私がぶっつけ本番で新しいアイテムを使うのは極めて珍しいことです。結論から書くと締め付けがキツイと最初感じたけど気持ちよいテンションです。レース翌日の昨日に普通に生活出来たのもこのカーフのおかげだと思います。

・R×Lsocksメリノウールソックス

今回の完走の立役者はこのソックスです。72キロで上位に入った友達も私のブログを読んで前々日に購入しレースで使い、助けられたと言ってます。

何が素晴らしいかと言うとスタート直後は雪融けの冷たい水が道路を川のように流れてる中を走りました。出来るだけシューズを濡らさないように走りましたが何回もグチャって足首まで浸かりました。

普通のソックスなら濡れて足の末端神経から身体を冷やすとともに靴擦れを引き起こしたりします。何より気持ちが悪いです。

このソックスは足を冷水に突っ込んでしまった!!って思った時でも、直後に少し冷たいって思うけど身体を冷やすほどではありませんでした。お世辞抜きに走ってる時に大きなストレスを感じることはなかったです。

昔は指の間に血豆が必ず出来たし爪も死にました。足裏に豆が出来たこともあります。今回は足の皮膚にはダメージはまったくありません。あの雨の中を100キロ走って何もダメージがないって凄いことだと思います。

・アディゼロ匠ren

→通気性の良い素材なので水捌けもよいような??このくらいの計量シューズでゴアテックスは難しいと思うけどあったら欲しいです。しかし川のような道路を走る時は可能な限り接地時間を短くするように気を付けました。

書いてて思うけど、撥水フードジャケットはともかく、基本少し涼しい時のウェアです。とても今回の極寒の富士五湖を走るウェアではなかったです。大きなダメージがなく完走出来たのはラッキーだったと思います。

実際前夜に雪が降り始めた時はもう少ししっかりした装備も考えました。持参してるので着ようと思えば着ることはできました。

参考までにどうしようと思ったのかを書きます。

違うとこだけ書きます。

上着は下から

ファイントラック→【保温ロングスリーブ】→Tシャツ→【ノースフェイスアクティブシェル】。

手袋はフリース素材にキッチン手袋

ボトムは下は

ユニクロパンツ→【保温ロングタイツ】→ショートパンツ→【mont-bell超軽量防水パンツ】

これだったらもっと楽に走れたと思います。

 

<スポンサーリンク>



当時、どうすれば良いか書いていますが、今だったらどうすれば良いかを書いてみます。あまり変わりないかもしれませんが、このような感じで走ります。

【上半身はアンダーから】

ファイントラックアンダーウエア

保温ロングスリーブシャツ

終日気温が上がらない予報であれば保温性の高いロングスリーブは必要です。メリノウール素材などがオススメです。

Tシャツ

これはチームシャツなどです。

(インナーダウン)ジャケット・ベスト

インナーダウンを着て走るというと驚くかもしれませんが、保温性を高めるというのが寒いレースで最大のレースマネジメントです。仮に暖かくなれば荷物預けエイドやドロップバッグで置いていけば良いでしょう。非常に小さくなるダウンジャケットやダウンベストであればウエストポーチにいれておくだけでも安心です。

軽量防水ジャケット

身体が雨で濡れると体温を奪われますから、ゴアテックスなどのレインウエアも必要です。

ネックウォーマーや温かい帽子

手袋はフリース素材にキッチンビニール手袋

指先が冷えると気力が萎えてきます。重たいグローブはストレスになりますので軽量で暖かい防水・防寒グロープか、防寒グローブの上にをキッチンビニール手袋を重ねて雨に濡れないようにしたら快適です。

【下半身はアンダーから】

インナー

保温ロングタイツ

サポートタイツでなくても構いません。

(ショートパンツ)

防水パンツをレース中に脱ぐ可能性があるので収容部分のあるショートパンツを履きます。

軽量防水パンツ

身体が雨で濡れると体温を奪われますから、ゴアテックスなどのレインパンツも必要です。重たいのはストレスになりますが、軽量のモノもたくさんありますので、ストレスのないものを選んでください。

ソックスは五本指メリノウールソックス

このようになると思います。

<スポンサーリンク>


今回はウエアリングについて書いていますが、身体を温めるための保温クリームや、体内から温めるサプリメント、エイドで暖かいものがあれば手にする。など積み重ねも大事です。

また、そのレース直後にリタイアについて書いた記事を見つけました。今でも考え方は変わっていないので、少し加筆して投稿します。



極寒の2013年チャレンジ富士五湖を思い出して装備を考える


昨日は悪天候予報であったので、チャレンジ富士五湖実践セミナーは前日17時に中止を決めました。土曜日は暖かい一日だったのでホント雪なんて降るのか?と思いましたが、道路の定点画像などみると積もっている箇所もあり、厳しい寒さだったようです。

<スポンサーリンク>


また、昨日は佐倉健康マラソンや、大島ウルトラマラソン、練馬こぶしハーフマラソン、表参道ウィメンズマラソンなどが厳しいコンディションの中で開催されましたが、走った方の投稿を読むと低体温症になってしまった方もいたようです。このような投稿を読むと2013年のチャレンジ富士五湖を思い出します。

今年のチャレンジ富士五湖がどのような天気になるか分かりませんが、他のウルトラマラソン含めて、どのような装備で走ったら良いのかの目安になるよう当時のブログを参考にして今の考えをまとめてみます。

2013年4月21日

極寒の富士五湖完走しました。。

タイム的には7回目の100キロにして初めて10時間を超えてしまったけど、今日の気象状況とそれに伴う私の体調悪化から考えると満足ではないけど出せる力は出せたと思ってます。。

昨夜からの雪はスタート前には冷たい雨に変わり、路面には残雪と冷たい雪解け水が川になっておりその中を走りました。気温も低く雨も冷たい。そして足元も冷たい水にどっぷり浸かるわけだから全身が冷えました。

普通はスタート時にペースを意識しないで走ると5キロ24分台に落ち着くのですが、今日は26分から27分台だったので寒さから明らかに身体の動きが悪いのを感じました。ただ悪いのに無理にペースアップすると疲労が溜まるのでそのペースで走りました。

しかし指先も悴んで何も掴めない。。ジェルを出すのも大変なんです。時間がたてば少しは暖かくなると期待しましたが結局ゴールするまで暖かくなることはなかった。

ホント酷い痺れでトイレに行ってパンツを下ろすのも大変で、用をたした後に上げるのも大変なんです。そしてショートパンツのフックを押して留める力もなければ、ヒモも結べません。私はエイドのおじさんにしばってもらったけどおじさんも痺れていて結ぶのが大変でした。。

ジェルの封が切れないから歯で開けたらあろうことか差し歯が取れてしまった。

見つからないからそのまま先に進みました。

 

とにかく寒くて指先などの末端だけではなく、手が痺れてしまいほとんど感覚がない状態でした。手袋だけでも工夫をしたら全く違うレース運びになったと思います。

<スポンサーリンク>


仲間の何人かは低体温症になりリタイアしましたが、私はそこまでには至らなかった。ただし冷えはお腹にきて序盤から下痢になりました。スピードを出すとヤバイ状況なので耐えの走りになりました。

30キロ、52キロ、81キロで我慢の限界になりトイレに入りましたが、特に30キロのトイレはめちゃ込みで15分くらいロスしました。。みんな寒さからお腹を壊したみたいです。

81キロではトイレに行ったらサブテンは絶望的だったけど我慢の限界に達したので仕方なく行きました。用を足しながらサブテンが無理になった悔しさを噛みしめました。

過去に100キロまでのロードレースで大に行ったのは合わせて1回だけです。それが3回もあったらタイムになりません。

 

30キロのトイレに入った時の記憶は今でも覚えています。レース中なのに、思うように進まないじれったさの中で時間だけが経過していく焦土感は悪夢の中の出来事のようでした。

軽い低体温症になりながらも、ラスト20キロを頑張ればサブ10はギリギリ間に合うかもしれないところまでギリギリ粘りましたが、その時にトイレに向かわざるを得なかった敗北感もハッキリ覚えています。

20キロごとラップ1:49:10 (小2)-2:06:07(大1)-2:05:37(大1)-2:01:00-2:23:07(大1)

10:25:01

いつもは72キロのトップに47キロくらいで抜かれるけど、今日は38キロくらいで抜かれた。しかし100キロと112キロのトップとすれ違うとこは、私が40分くらい遅いのにいつもと同じようなとこですれ違いました。それくらい100キロと112キロは過酷でした。

優勝タイムも昨年より40分以上遅かった。

ただこんな体調でタイムでしたが、一瞬たりともリタイアしようって思いは浮かびませんでした。何があっても完走できる自信はあったし、完走するって強い気持ちがありました。

連続記録はいつかは途切れるものだから悔いはありません。

今回が初ウルトラの友達が何人もいましたが嬉しいことにほとんどの方が完走しました。今日ほど過酷なレースは滅多にありません。そのレースを完走したのは凄いことです。自信を持ってください。

 

レース直後にこのように書いていますが、初100キロからサブ10を続けていて、 さらにコースは違えど6回目まで全て自己ベストで8時間56分まで上がっていた時のレースでしたから、色々なモノがなくなった悔しい気持ちが文面から伝わってきます。

<スポンサーリンク>


また、レース翌々日に、私はどのような装備で走ったが、このような装備だったらもっとパフォーマンスを発揮できたかを振り返っています。

雪が降るような寒さのレースではどのような装備で走れば良いのか、参考になると思います。



1秒を削り出せ  〜ウルトラプロジェクト初の駅伝大会〜


3月25日  新川彩湖外周コースで開催された第2回クラブチャンピオンシップEKIDENにウルトラプロジェクト16名のメンバーが参加し襷を繋ぐ楽しさを味わいました。

<スポンサーリンク>


この大会は、当日の寄せ集めや大学生だけのチームが参加する駅伝ではなく、純粋に市民ランナーによるクラブチームだけを集めた駅伝です。

したがって、陸連登録をしているか、もしくは企業・職域・地域を母体としている継続的・定期的な開催がなされているクラブチームを対象にしています。

参加組数は32組と少な目ですが、ちょっとあり得ないくらいレベルが高いのです。

特に各チームがエースを持ってくる花の1区はちょっとあり得ないレベルです。

5000m持ちタイムで14分台は珍しくなく、15分台は普通。16分台だと中の下。17分台だと遅いレベルなのです。

ウルトラプロジェクト4チームのメンバーのタイムはこんな感じです。

男子A  16分35秒

男子B   19分30秒

男子C   18分52秒

女子    19分53秒

フルマラソンのタイムは同じ順に、2時間34分台、3時間11分台、2時間59分台、3時間10分台と、一般の感覚では速いランナーばかりですが、5000mのタイムで比べると男子28チーム中、Aは18番目、BCは最下位争いをするようなレベルなのです。

サブ3ランナーのCチーム  Kさんは、スタート前にビリになるのではないかとドキドキしていました。


このコースは1周4.7kmですが、1区だけは+300mしてアップダウンを付け加えた5キロです。


スタートの号砲と同時に乾いた靴音を立てて迫ってきます。


スタート直後のキツイ登り坂で一気に列は長くなります。

今回エントリーした理由はいろいろあります。

まず、練習会はみな忙しい中参加しているので、終わったらすぐに帰ります。したがってメンバー同士が話す時間はほとんどありません。駅伝大会中は前も大会中も終わってからも時間はありますから、メンバーの親睦がはかれると思ったからです。

また、駅伝が初めてのメンバーが半分くらいいるので、襷を繋ぐ楽しさを味わってもらえたらと考えました。一人では決して出来ないことですから。

最後に自分の潜在力に気づくメンバーがあらわれることを期待しました。一人のレースではリミッターを低い位置で効かせてしまうランナーが、駅伝のもつ独特な高揚感により本来持つ力を出すことは多々あります。

<スポンサーリンク>



襷渡しとゴールのシーンを切り取ってみました。

Aチーム





Bチーム





Cチーム





女子チーム




走ったメンバー全員が襷を渡し終えたあと、立っているのが精一杯でした。もちろん速いチームも同様です。

あれ?

私がいない・・・。

と気付いた方もいるでしょうか?

元々5チームエントリーしていましたが、体調不良やケガなどで走れないメンバーがいた場合に私が走ろうと補欠エントリーをしていましたが、4人が走れなくなったことで4チームになりましたので私の出番はありませんでした。そもそも走れる体調ではなかったです・・・。

<スポンサーリンク>


ちなみに総合結果は女子チームは3位入賞

男子3チームは28チーム中、23位、25位、27位と、戦前の予想どおりですが、5キロ(4.7キロを5キロ換算)したベストタイムを出したメンバーも数多くいました。

また5キロ換算では男子は16’51〜21’33、女子は20’24〜23’04とそれぞれの力を出し切りました。

ただ、順位やタイムより大事なことはあります。

それはメンバー一人一人が気づいていると思います。

待ってる仲間がいて、そこに一刻も早く襷を届けたい。

そんな気持ちで走ったことでメンバーの親睦は深まったと思います。

メンバーから年中行事にして欲しいとの要望もありましたので、そのようにする予定です。

ちなみに1位から3位のタイムは59分台です。

15’44-14’37-13’50-14’53=59’04

15’08-14’50-14’45-15’03=59’46

15’33-14’43-14’05-15’36=59’57

2-4区は4.7キロ

また今日の大会でもメンバー全員がアスリチューン・エナゲインとスピードキュアを使ってパフォーマンスアップを計りました。


ウェアが目立っていたのは確実に一番でした!

ウルトラプロジェクトについてはこちらをご参照ください。