チャレンジ富士五湖に向けて   〜3000m刺激入れ 〜

水曜日の午後練と定期練習会についてはこれから書きますが、今日はウルトラマラソン走るとフルマラソンが遅くなる??を先に書きたかったので、それをまとめてから織田フィールドで走ってきました。

<スポンサーリンク>



先週木曜日の織田フィールドは1000m×7本をしましたが、1年6ヶ月ぶりの織田フィールドで気持ちよく走れ、脚も軽くなったように翌日感じてましたが、土曜日くらいから張りが強くなり、疲労が抜けてないのが明らかでした。

今日は練習やめて完全に抜こうかと思いましたが、先週木曜日の練習後の良い感じを求めて走ってきました。

ただ無理をする必要はないので、アップジョグやストレッチをしっかりして、速く走ったのは3000mだけです。

ラップはこんな感じでした。

91”36

89”76

89”40

89”83

90”31

90”41

90”15

42”57(200m)

11’13”8(3’44/km)

1周目は多少混雑してペースに乗れなかったけど、2周目からはほぼ90秒で刻めました。

<スポンサーリンク>


そこそこ心肺的には負荷のあるペースでしたが、リズムよく少し速めのピッチを刻みました。また膝から動き出すようなフォームで走りましたが、筋肉系統はかなり楽でした。このペースで5000m走ると18’40ですが、18分台では走れた余裕度でした。

脚の張りも少し抜けたような気がしますが、どうでしょう??

今日はよくマッサージして寝ます。

<スポンサーリンク>


明日はケッズトレーナーで最後の調整をしてもらい、今年の100キロ初戦を迎えます。

フルマラソンが絶好調で、その勢いのままというわけには行きませんでしたが、自分らしい走りが出来たら良いなーと思います。

2017年前半の最大のターゲットはサロマ湖ウルトラですが、チャレンジ富士五湖で納得の走りが出来れば繋がります。

2010年から8回目のレースになりますが、コースベストは2015年の8時間54分45秒です。

このタイムがターゲットになりますが、当時の私は今より明らかに状態は良かったので厳しいタイムですが狙っていきます。

目安は序盤はアップダウン込みでアベレージ4’50/kmから少しづつ落ちて、フル通過が3時間30分、50kmを4時間10分くらいで通過すればギリギリ行けると思います。

まずは疲労を抜いて良い状態を目指します!



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です