チャレンジ富士五湖でアスリチューンサポートランナー3人が優勝  その1  118km男子優勝   石川佳彦選手

4月23日に開催されたチャレンジ富士五湖において、3人のアスリチューンサポートランナーが走り、なんと3人とも優勝しました!

<スポンサーリンク>


ウルトラプロジェクトメンバーや、ウルトラセミナーに参加したランナーも入賞や初ウルトラ完走など大活躍しましたが、それらのランナーを支えていたサプリメントの一つがアスリチューンです。

まずは優勝したアスリチューンサポートのレース展開など紹介します。

最初の優勝者は2016年IAU24時間走世界ランキング1位の石川佳彦選手です。

8時間46分17秒

【レース展開】

トレイルランナーの牧野選手が、引っ張る形で最初から一騎打ちとなり、30kmまで1km4分丁度のペースでしたが、まだまだペースが上がりそうだったので、様子を見て離れ自分のリズムに戻しました。

一時は牧野選手と10分以上差が広がり、一人で走る時間は精神的にきつかったですが、距離は118kmあり、1km4分で118km走れる選手はなかなかいない、後半必ず落ちてくると予想していました。

100km地点で先導車が見え、疲れが一気に吹き飛びました。気持ち次第なんだと改めて実感しました。

追いついてからは、後ろの選手の気持ちを折る事を意識して、動かせるだけ動かしました。

思った以上に差を広げられたので、後はフィニッシュを目指すだけでした。

【勝因と今後】

最初から後半に備え、エネルギーを摂取を怠らなかった事、最後まで諦めない気持ちを持ち続けた事が100kmからの逆転劇に繋がりました。

100kmを何度も走り、100kmに慣れてしまっている感覚があり、118kmという距離は難しかったです。

ほとんどの選手が100kmを越え、苦しんだと思いますが、レース展開もあり、100km以降逃げ切らなければいけない状況はきつかったですが、ペースを上げてフィニッシュできたので結果的には良かったです。

次に繋がる118kmにできました。

1km4分で118km走り切る力があれば、誰にも負けないレースができると思うので、まだまだ地力を上げられるようにトレーニングしたいと思います。

<スポンサーリンク>


【補給】

今回は118kmで、アスリチューンを合計12個摂取しました。

持参および補充はこちら

赤・・・エナゲイン 


黒・・・ポケットエナジー

スタート    赤2黒2

56.4キロ    赤2黒2

75キロ    黒4

だいたい9kmに1回のペースで摂取しました。気温の低かった前半は赤を中心に。暑くなった中盤以降は黒を中心に使いました。

ウルトラマラソンでこれほど寒いレースは経験した事がなく、赤の効果を一層感じることができました。(注:赤には生姜エキスなども配合されている。)

前半、それほどエネルギーを使わずレースが進んでいく感覚がありましたが、最初の計画通り早め早めのエネルギー摂取を進め後半に備えたのが、うえで書いた勝因となりました。

<スポンサーリンク>


【日焼け対策】

また、別に紹介しますが、石川佳彦選手は、アグレッシブデザインのサポートランナーとして、水や汗で落ちない日焼け止めを使用しています。

使用感について、こう話していました。

「昨日は肩だけ塗り忘れてしまい、今日肩が日焼けで痛いです。今まで焼けないのが普通だと思って使用していましたが、改めてアグレッシブデザインの効果を実感しています。後半日差しが強かったですが、しっかりガードしてくれました。

レース後、8時間かけて車で徳島まで帰りましたが、日焼け独特の頭がぼーっとなる疲労や体の火照りなどなく、帰ってこれました。」

日焼けは疲労に繋がります。その疲労はレース中にも襲ってくるし、レース後にも襲ってきます。アグレッシブデザインはレース前に塗るだけで良いのですから、石川選手はまた強い武器を手に入れました。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です