仕事が多忙でも自己ベストは出せる   〜ウルプロメンバーチャレンジ富士五湖100kmで自己ベスト〜

週2時間 週25キロで目標達成する練習を書いたのはウルトラプロジェクトを作る前のことです。

<スポンサーリンク>




練習時間は自分で作るもの。と言う方もいますし、実際そうだとは思いますが、置かれた環境によっては睡眠時間を確保するのが精一杯と言う方もいます。実際私がそうでしたが、平日の練習はほぼ無理で週末はグッタリする中で走っていたこともあります。

ウルトラプロジェクトの定期練習会の開始時間は19時40分です。他のランニングクラブと比べると遅いと思いますが、これは私自身が19時の練習開始は厳しい。19時30分なら何とかなるし、もっと遅ければさらに助かる。と考えていたからです。

ウルトラプロジェクトを作った理由の一つは、練習時間を確保するのは大変だけど目標達成したいと考えているランナーのサポートをしたいと考えていたことです。

さて、ウルトラプロジェクトスタート時からのメンバーのKさんは人事関係の部署にいるので、年間を通して多忙ですが、特に3月・4月は非常に忙しく練習会に参加するつもりで用意をして出社しても、参加出来ないことが続きました。

そんな多忙な中でも3月の古河はなももマラソンで3時間21分台の自己ベストを出し、チャレンジ富士五湖でも昨年の記録を上回る10時間32分台でゴールしました。

<スポンサーリンク>


Kさんに忙しい時にどのような練習をしたのかなど聞いてみました。

img_8825.jpg

(質問)3月、4月はどのくらい走ろうと思っていたが、実際に走れたのはどの程度ですか?

(計画・予定)『3月フルマラソン、4月100キロウルトラマラソンを控えていたので、月200キロ位、休日はロングや山練、平日2回程度10から15キロ位をビルドアップやインタバールなどの程よいスピードで走りたいと思ってました。』

(実際)『ウルプロ平日練習会はほぼ行けず、残業続きで走れた距離も週1回、5キロ程度。土日どちらかは山で20キロほどゆっくり走ったり練習会行ったりレース(フルマラソン、ハセツネ17、富士五湖100キロ)も入れて、3月4月ともに150キロくらいです。』

平日5キロ、週末20キロだったとは週2時間  週25キロで目標達成する練習の実践版になりました。4月の月間走行距離は100kmレースを除けばわずか50kmです。

(質問)練習会に行く気満々なのに、行くのが無理と諦めた時の気持ちを教えてください。

(回答)仕事が終わらなくて、練習行けないかもと朝から覚悟はしてました。残業続きで疲労もすごく、速いペースで走れる自信もなかったので、練習行くのやめた日もあります。

(質問)忙しく練習時間が確保できない時の練習で意識していることなどあったら教えてください。

(回答)全く走らない日が続くと、今まで走っていたペースで走る感覚を忘れてしまうのが怖かったです。そのため平日に1回は5キロ程度走る時間を作りました。朝走る事なども試みましたが、疲れ果てて朝起きれません。また平日に1回5キロ走る以上の時間は作れませんでした。

(質問)チャレンジ富士五湖の展開を教えてください。納得いく走りでしたか?

(レース前計画)ロードのロング走をまともにしてなかったので、自己ベスト狙いとかは考えてなかったです。あまり長引かせると疲れるので、10時間台を目標に。 後半失速するのを加味して、5’20/kmペースで行けるところまで走って、キツくなっても、6’30/kmを超えないように最後まで維持したいなと挑みました。

(レース展開)70キロ過ぎからは両足首が痛み出し疲れ果てて歩いたり走ったりしながらノロノロと進みました。75キロ地点あたりで、リタイアしたと思ってたクニさんが追いついてきたので、後半の下りとおしゃべりで元気が出てきてペースアップでして5’45~6’00/kmで最後まで走りきる事ができました。

(質問)忙しい時期に心身のために意識していることを教えてください。

(回答)思うような練習ができていなくても、レースに集中して走る事が出来れば、いいタイムが出せたりします。去年出したタイムならば、体感的にはまだ鈍ってなくまだまだ充分いけると思いました。練習すればまたすぐ追いつけるはずです。

img_8827.jpg

<スポンサーリンク>


Kさんが練習時間を確保出来ない中でも自己ベストを出せた要因はいろいろありますが、一番大事なことは諦めなかったことです。

平日5キロ走る時間しかないけど、その時間を使ってある程度のスピードで練習しましたが、この効果はスピードを維持するだけではなく、フォーム維持にも役立ちました。

週2時間  週25キロで目標達成する練習  でも書いていますが、週2回でも、平日にスピード練習、土日に少し長めの距離を走れば走力は保てます。練習時間がとれないから無理だと諦めないで、限られた時間の中で自分にとって最も効率的なことは何か?を模索してください。

5月のウルトラプロジェクト練習会はこちらです







コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です