2017年サロマ湖100KMウルトラ結果 その5 レース後に感じたこと

に続き、レース後に感じたことを紹介します。

これでサロマ湖は6回目の完走になりました。過去のタイムはこんな感じです。

  • 2017年    8時間54分38秒
  • 2016年    9時間22分56秒
  • 2015年    8時間26分45秒
  • 2014年    9時間25分55秒
  • 2013年    8時間53分20秒
  • 2012年    8時間56分17秒

平均タイムは、8時間59分58秒

何とか8時間台に戻しました。

<スポンサーリンク>


まだ6回の完走ですが、非常に暑く完走率が50%台になったレースもあれば、今年のような冷たい雨のレースなど、サロマ湖ウルトラマラソンは様々な表情を見せてくれます。

また、昨年にように序盤から下痢で苦しんだレースもあります。

気象条件は決してコントロールできませんが、暑さ、寒さを緩和する方法はあります。また毎回ベストコンディションでスタートしたいと思っていますが、体調をコントロールするのも中々難しいことです。

そんな視点で、改めて過去6回のタイムを見ると、ベストとワーストの差は1時間ないのです。これはその時々の気象コンディションや体調に合わせて、走りをコントロールするレースマネジメントができていたからです。

エリートランナーのような走りはできませんが、これが自分の走りだと思っています。

年齢は1歳づつ重ねていきますが、来年は自信を持って自己ベスト更新できるような力をつけていきたいと思います。

 

<スポンサーリンク>


最後に今回のレースで気になったことに少し触れます。

今回、速報ベースですが、100kmの部は3,236人が走り、2,311人が完走し、完走率は71.4%となりました。

これは2000年以降の18年間で見ればだいたい標準的な完走率です。

saromako2

サロマ湖ウルトラマラソンの過去の完走率と最高気温はほぼ反比例していますが、さすがに終始冷たい雨に降られてしまうと完走率は落ちます。1998年と1999年と同じような状況でしょう。

今回、低体温症で搬送された方や、そこまで行かなくてもレースをやめざるを得なかった方が多数いましたが、その中にはレインウエアを着用するなどの準備が不足していた方も少なからずいたと思います。

ファイントラック+チームウエア+レインウエアを着て、ほぼキロ6よりペースの落ちていない私でも、強風のワッカだけではなく大半は寒いと感じながら走りました。ゴール後にメンバーのフィニッシュを見届けるために、着替えずに立ち止まるとしばらくして一気に震えだしましたが、レインウエアを着ないでずぶ濡れになり、歩き混じりのペースであれば低体温症にならない方がおかしいと思います。低温化で濡れたウエアに肌が触れ続けると体温はどんどん奪われます。

もともと、晴れ予報が冷たい雨になったのなら仕方がないと思いますが、今回はもともと終始雨の天気予報でした。リタイアを余儀なくされたランナーのうち、レインウエアを来ていれば完走できたランナーはたくさんいたと思います。

ウルトラセミナー参加ランナーの結果を集計したところ100kmは37人中30人が完走しました。この81.1%という完走率は、昨年に引き続き大会完走率を10%ほど上回りました。

ウルトラセミナー参加者の半分くらいは初めて100kmを走る方ですから、走ることで身につく経験がない分だけ経験者より、今回のような悪天候のレースは厳しくなります。それでも8割以上の参加者が完走している理由は、悪天候への対応を含めて準備をしっかりしてスタートラインに付いているからです。

今回、初めて100kmを走るウルトラセミナー参加者を対象に、現地セミナーを行い移動中や宿舎で今回の気象条件に対応するための準備などしっかり伝えました。その4人は全員完走しました。(別に紹介します。)

<スポンサーリンク>


ウルトラマラソンは、長い距離、長い時間走るレースなのでスタート前の準備で結果は全く違うものになります。

今回悔しい結果になった方は、例えば低体温症になったから仕方がない。で総括を終わらせないで、なぜ低体温症になったのか?どうすれば低体温症にならなかったのか?低体温症にならなければ完走できたのか?など自分自身で振り返ってみてください。低体温症に限らず、腹痛、脚攣りなども同様です。それをしないと同じような失敗を繰り返します。

失敗は、成功のためのチャンスです。生かしていきましょう。

 

日程は未定ですが、ウルトラセミナーの新たな試みとして、レース前の準備や戦略を掴んでもらうセミナーではなく、サロマ湖に限らず、ウルトラマラソンでリタイアした方や、思うような結果の出なかった方、もしくは結果には満足しているが、トラブルに対処できなかった。など感じている方を対象に、今回の失敗はなぜ起こったのかを一緒に考え、そうならないためにどうしたら良いかを話し合うワークショップ形式のセミナーを私がファシリテーターになって開催しようと思います。1回あたり6人程度にします。

ご興味のある方、Facebookページのメッセージにてご連絡ください。

補給や、自己ベスト続出のウルプロメンバーの走りなどサロマ湖特集はまだまだ続きます。

 



2017年サロマ湖100KMウルトラ結果 その4 終盤のレース展開

に続き、レース後半の展開を紹介します。

<スポンサーリンク>


80kmの計測地点を過ぎ、茂みを抜け徐々に視界が開けてくると、灰色の圧迫するような景色に変わってきました。何やら自然が怒っているようにも感じました。そして完全に茂みを抜けると、ワッカへ入ることを拒絶するかのような強風が一気に私に吹き付けました。もう笑ってしまうような強く冷たい風でした。

ただ脚は残っていたので、ペースダウンを防ぎながら細かなアップダウンをクリアしていきました。レインウエアなど着ていましたが徐々に体温を奪われていくのを感じます。ドロップバッグにメリノウール手袋を置いてきたことを多少後悔しました。手は悴んできましたが、サプリメントを開けるには不自由しない程度でした。

ただ、狭いコースの大半は水溜りになり、最初はわずかに見える浅い水溜りを通るように走っていましたが、すれ違うランナーが増えてくると接触する危険を感じたので水溜りを避けずに走りました。足首まで浸かる箇所もたくさんあり、体は徐々に冷えてきました。

80km通過時間は6時間57分22秒だったので、残り20kmを5分半を少し超えるペースでも8時間50分は切れると思い、最初はそのペースを意識していましたが、身体を温めないと危ないと感じ、エイドで温かいドリンクを飲みつつ進みました。

また、温かいドリンクを飲むだけではなく、アスリチューンやオルガニックジェルなどだいたい3kmごとに摂取し、体温低下を防ぎました。アスリチューン・ポケットエナジーは体脂肪を燃焼しやすくする中鎖脂肪酸を含み、アスリチューン・エナゲインは生姜エキスなど体温を上げる成分が含まれています。またオルガニックジェルはカフェインはさほど多く入っていませんが、意識が覚醒します。また今回の低体温化で感じたのは、摂取した直後の体温が上がるのです。オルガニックジェルの販売に関わっている小谷さんとレース後に話したところ、配合されているマカの効果かもしれないと話していました。

冷たい雨と強い風を受けながら進む修行のような状態でしたが、『これも含めて楽しんでしまえ。』と無理やり笑顔を作ってみたりしてネガティブ感情にならないようにしました。そして距離表示の看板を見ると、まだ15kmあると考えるのではなく、もう15kmでレースが終わってします。残念だ。もっとレースを楽しみたいと考えるようにしていたような気がします。

折り返しはだいたい89kmですが、昨年から大きな橋を登って下って、登って下るというコースになりました。その橋を登っていくとさらに風が強くなり、帽子が吹き飛ばされそうになりました。このあたりもさほどペースダウンせずに走りましたが、昨年初めてsab10したウルトラプロジェクトメンバーは、この橋で両脚が攣り下りが降りれずに後ろを向いて降りたと話していたことを思い出しました。天気がよければかなり見晴らしの良い場所だと思いますが、個人的には世界記録を狙える高速コースに不釣り合いな橋だと思います。可能ならこの橋の手前で折り返しにして、その分序盤の折り返し地点を少し伸ばしたら良いと思っています。

80−90km区間は向かい風と橋、そしてエイド滞在時間が多少伸びましたが、ワッカに入るまで余裕を残していたので、そこまでペースダウンしないで通過しました。

saro8090

【80-90kmのラップ】60’09

<スポンサーリンク>



90km通過は7時間57分31秒であり、トラブルがなければサブ9はできるペースです。

また90kmを過ぎ91km付近でしょうか、サブ9を狙っているメンバーはじめ3人のウルトラプロジェクトメンバーはほとんど団子状態ですれ違いました。余裕のありそうなメンバー、きつそうなメンバーなど様々でしたが、一生懸命走っていました。

そこからもセミナー参加者や友人などたくさんのランナーとすれ違いました。

ラスト10km52分で走れば8時間40分台ですが、折り返しまでに思いのほか体力を使ってしまったのでペースが上がりません。スパートすればギリギリ届く可能性もありましたが、リスクを犯して狙うタイムでもないので、確実にサブ9できるよう、水溜りに隠れた凹凸の足首を捻挫などしないよう気をつけて進みました。

ワッカを抜けると残りわずか。自己ベストではないけど、その時できる走りを繰り返してフィニッシュゲートまで辿り着きました。

saro90100
>

【90-100kmのラップ】57’07

フィニッシュタイム 8時間54分38秒

img_1981.jpg

<スポンサーリンク>



大きな感動はないけど、トラブルの芽は小さなうちに摘み取り、大きな崩れを予防し、終始余裕を持った走りでサロマ湖で4回目のサブ9できたことは嬉しいです。

フィニッシュ後、その3人のウルプロメンバーがどのくらいで来るのか分からないので、全身ずぶ濡れでしたがそのままゲート横で観戦していました。その間、ウルトラセミナーに参加したことのある方が初のサブ9でフィニッシュするのを見届けたりしましたが、フィニッシュ後、10分ほどは平気でしたが、20分もすると小刻みな震えが始まりました。フィニッシュ地点は風はほとんど吹いていなかったと記憶していますが、それでも止まれば一気に体温が奪われるのです。強風のワッカで走れなくなったらことを想像すると怖くなります。中にはレインウエアなど雨対策をしないで歩いているランナーがいましたが、低体温症にならない方がおかしいです。

そして9時間15分を過ぎたあたりから次々にメンバーや知り合いがフィニッシュしました。今回ウルトラプロジェクトから8人が100kmを走り7人が完走(50kmにエントリーしたWさんも完走)。登録の部にエントリーした5人は登録の部で全員100位以内に入りました。

メンバーの走りについては別に紹介したいと思います。

80kmを過ぎた12時頃からフィニッシュした14時頃の主催者発表の気温は以下の通りです。

 12時  10.8℃  風速1.6m/s(ゴール地点)

13時  10.7℃  風速2.0m/s(ゴール地点)

14時  10.7℃  風速2.0m/s(ゴール地点)

この風速はゴール地点のものであり、ワッカの風速は予報通り5−6m/s程度はあったと思います。

 



2017年サロマ湖100KMウルトラ結果 その3 中盤レース展開

に続き、レース中盤の展開を紹介します。

<スポンサーリンク>


50kmからはペースを無理に維持しないように多少のペースダウンは受けいれました。50-60kmの区間はアップダウンがあるのに加え、ドロップバックを受け取り、後半のサプリメントを取り出し、荷物を預けるなどのロスタイムがあるのでタイムは上がりません。

ドロップバックではそれまでウエストに巻いたnakedランニングベルトに手袋を入れてましたが、使わないだろうと預けてしまいました。そして素早く後半のジェルなどをnakedにしまってから、レトルトのコーンスープを飲んでからエイドを出ました。エイド滞在時間は2分程度です。またエネルギー量が200kcalと多く、BCAAやカフェインなどなんでも入りのゼリー飲料は止まって飲まずに上り坂を歩きながら摂取しましたが、味がダメだったのか、カフェインが胃を刺激したのか急に気持ち悪くなり、坂を登りきった辺りで嘔吐してしまいました。焦らずに少し立ち止まり、歩きを入れるなどして胃を落ち着けてから走りはじめました。

saro5060

【50-60kmのラップ】56’57

<スポンサーリンク>


流れが悪くなりましたが、まずは淡々と走れる状態を作って行きました。補給については別に書きますが、寒い時はエネルギー消費が大きいので、アスリチューンを早め早めにとりました。また前に進むとフォームになるよう走りながら模索しペースは戻りました。エイドやトイレを除けば5’15/kmで走れました。

saro6070

【60-70kmのラップ】54’39

<スポンサーリンク>


70kmを過ぎ、正午に近づいてきましたが、19℃まで上がる予報の気温は全く上がらないばかりか、下がってきたように感じました。もともとワッカは風が強い予報も19℃なら問題ないと考えていましたが、流石にこの低温だと厳しい。脚が終わって走れなくなれば一気に体温が奪われます。そんなことを考え、少し体力を温存してワッカに入ることにしました。既にフィニッシュタイムの目標は自己ベストではなく、8時間台なので走り続ければ達成できる。ペースアップして10分速いタイムを狙うことで増大するサブ9できないリスクを選ぶ理由はありません。この間一度トイレに寄りました。

79kmのスペシャルでオルガニックドリンク飲んで、ジェルを補充してワッカに向かいました。オルガニックドリンクにもカフェインは入っていますが、これは大丈夫だったので、55km付近での嘔吐はカフェインではなく味だったのでしょう。この段階ではキロ6ならまだ40-50kmは走れるくらいの余裕度は残していました。

エイドを過ぎて、鬱蒼とした木々の中の道を進むと昨年同様たくさんのゼッケン番号入りのスペシャルドリンクボトルが道端に捨てられていました。こういった光景を見るとテンション下がります。なぜ次のエイドまで持って走れないのか?と思います。持って走れないならエイドで飲んで捨ててから走れば良いのです。

この辺りについては、こちらの記事に書いてあります。

そのゴミ誰が拾うの? サロマ湖ウルトラ2017年 〜レース翌日ワッカのゴミ拾い〜

その捨てられたボトルが終わった辺りで80kmの計測地点になりました。スペシャルドリンクを飲むなど多少ロスタイムはありましたが、走行中はだいたい5’30/kmペースで走りました。

saro7080

【70-80kmのラップ】57’00

50kmを過ぎた9時頃から80kmに到達した12時頃の主催者発表の気温は以下の通りです。

  9時  12.4℃  風速1.4m/s(60km)

10時  13.2℃  風速1.4m/s(50kmスタート)

11時  11.1℃  風速1.5m/s(ゴール地点)

12時  10.8℃  風速1.6m/s(ゴール地点)

気温はやはりドンドン下がっていました。

 

 

 



2017年サロマ湖100KMウルトラ結果 その2 前半レース展開

に続き、簡単にレース展開を紹介します。


<スポンサーリンク>


今回のレース前には自己ベストの8時間26分台はもちろん視野に入れてましたが、スタート後に、体調や気象など内的・外的コンディションに対応して柔軟に走ることにしました。ただ絶対にサブ9はしようと思っていました。

自己ベスト達成した時のペース感覚今でもはっきり覚えていますが、5km23分ペースならかなり楽に走れました。また自己ベストを出すには42.195km通過は3時間18分程度、50km通過を3時間55分で余裕を持って走らねば厳しいと思っていました。

スタートしてまず感じたのは4’36/kmペースでは心拍数が上がってしまうということです。なんだかんだで100kmは20回くらい走っているので、この負荷で走るとどうなるかは分かります。

そこで4’36/kmには固執しないで、身体が温まってくれば自然にペースが上がることを信じて5km24分で走りました。自然に上がらなければ、自分にその力がないということです。

前後しますが、今回の体調は昨年より良いです。好調ではないけど不調ではありません。昨年はレース1週間前にフクラハギが異常な張りを起こしましたが、今年は足底の張りが心配なくらいでした。なんの不安もなくスタートできるランナーなんてほとんどいないと思います。気になる部位があれば冷静にチェックしながら悪化しないように走るしかないのです。

今回は振り続ける雨や、その雨でできた大きな水溜りで、スタート前からシューズは水を含んで重たくなっていました。またソックスはびちゃびちゃです。メリノウールソックスを履いていますが、スタートからこれで靴擦れは大丈夫か?足底の痛みを誘引しないか?など不安になりました。

5km24分ペースを維持して20km手前の折り返しまでは淡々と走れたので、折り返したら少しペースが上がるかと思ったら思い切り向かい風でした。それまでは追い風だったのです。。

saro20k

【20kmまでのラップ】47’57-47’59

<スポンサーリンク>


そこから向かい風に負けないよう少し負荷を上がるけどペースを維持しました。

右足足底の張りが出てきたので、走りながら指を動かして足底の筋肉を動かすなどしたら、ソックスにシワができたのを感じたので、立ち止まってなおしました。小さなシワが大きなトラブルになります。数10秒のロスを気にすることで数10分のロスに繋がります。特に悪天候の時はいろいろ面倒になりますが大事なことです。

saro2030

【20-30kmラップ】49’31

その辺りで感じてきたのは臀部の張りです。大きな筋肉が使えている証ではありますが、レース前に張りが強いとケッズで指摘されていた内転筋とハムストリングの辺りをカバーするために臀部から貼ったテーピングで引っ張られているのではないかと考え、臀部から足の付け根辺りまでは剥がしました。その後、臀部が引っ張られてる感は和らいできたので正解でした。また1箇所トイレに入りましたが、昨年のこの辺りは大変だったと思い出しました。

走行中のペースも少しづつ落ちてきますが、ここでは粘りません。まだ60km以上あるのです。

saro3040

【30-40kmラップ】51’11

結局、フル通過は3時間28分07秒かかりました。自己ベストを出した時は3時間18分台ですから、既に10分近く遅れている。ただ8時間40分くらいは狙えるペースです。ウルトラマラソンに限りませんか、その時の自分に出来ることをするしかないのです。

無理をすれば、その無理によりリタイアするリスクは急増していきます。そのリスクを受け入れて、仮に大失速したり、リタイアしても仕方がないと考えることが出来る場面なら無理したら良いのです。そのリスクを受容出来ないなら無理してはいけません。当然ながら無理をすることは故障リスクも増大します。

今回私はサブ9は絶対にしたいと思っていました。

50km通過は4時間08分46秒でした。

saro4050

【40-50kmのラップ】52’08

<スポンサーリンク>


今回、序盤から自分のフォームを俯瞰するようにイメージして走りました。体感よりペースが上がっていかない時や、ペースが落ちた時に、どこがおかしいのか見つけながら修正していきました。例えばスタートして5kmくらいから折り返しまでは見通しのよい直線が続きますが、ここで顔が上がっていることに気づきました。見通しのよい場所は要注意です。冒頭の画像は50kmの部に出たウルプロメンバーがスタート後一周した後に撮影していただきましたが、これは修正前です。こんな感じで真っ直ぐ前を見ていたのです。気付いてからは雨が顔にかからないように少し下を見るようにしました。

またペースが落ちてる時は骨盤の動きが小さくなっていたので、膝を1cm前に出すように動きました。

ここまでペース推移の画像をみてもほぼ止まらずに、ほぼコースの高低図並みに推移しています。

ちなみに主催者発表の気温と風速は、スタートの5時から私が50kmに接近した9時までこのように推移しています。多少場所はずれていますが参考です。

5時  14.1℃  風速0m/s(スタート地点 )

6時  12.4℃  風速1.6m/s(30km)

7時  12.9℃  風速1.5m/s(道の駅サロマ)

8時  12.2℃  風速3.7m/s(ネイチャーセンター入口)

9時  12.4℃  風速1.4m/s(60km)