2017年サロマ湖100KMウルトラ結果 その2 前半レース展開

に続き、簡単にレース展開を紹介します。


<スポンサーリンク>


今回のレース前には自己ベストの8時間26分台はもちろん視野に入れてましたが、スタート後に、体調や気象など内的・外的コンディションに対応して柔軟に走ることにしました。ただ絶対にサブ9はしようと思っていました。

自己ベスト達成した時のペース感覚今でもはっきり覚えていますが、5km23分ペースならかなり楽に走れました。また自己ベストを出すには42.195km通過は3時間18分程度、50km通過を3時間55分で余裕を持って走らねば厳しいと思っていました。

スタートしてまず感じたのは4’36/kmペースでは心拍数が上がってしまうということです。なんだかんだで100kmは20回くらい走っているので、この負荷で走るとどうなるかは分かります。

そこで4’36/kmには固執しないで、身体が温まってくれば自然にペースが上がることを信じて5km24分で走りました。自然に上がらなければ、自分にその力がないということです。

前後しますが、今回の体調は昨年より良いです。好調ではないけど不調ではありません。昨年はレース1週間前にフクラハギが異常な張りを起こしましたが、今年は足底の張りが心配なくらいでした。なんの不安もなくスタートできるランナーなんてほとんどいないと思います。気になる部位があれば冷静にチェックしながら悪化しないように走るしかないのです。

今回は振り続ける雨や、その雨でできた大きな水溜りで、スタート前からシューズは水を含んで重たくなっていました。またソックスはびちゃびちゃです。メリノウールソックスを履いていますが、スタートからこれで靴擦れは大丈夫か?足底の痛みを誘引しないか?など不安になりました。

5km24分ペースを維持して20km手前の折り返しまでは淡々と走れたので、折り返したら少しペースが上がるかと思ったら思い切り向かい風でした。それまでは追い風だったのです。。

saro20k

【20kmまでのラップ】47’57-47’59

<スポンサーリンク>


そこから向かい風に負けないよう少し負荷を上がるけどペースを維持しました。

右足足底の張りが出てきたので、走りながら指を動かして足底の筋肉を動かすなどしたら、ソックスにシワができたのを感じたので、立ち止まってなおしました。小さなシワが大きなトラブルになります。数10秒のロスを気にすることで数10分のロスに繋がります。特に悪天候の時はいろいろ面倒になりますが大事なことです。

saro2030

【20-30kmラップ】49’31

その辺りで感じてきたのは臀部の張りです。大きな筋肉が使えている証ではありますが、レース前に張りが強いとケッズで指摘されていた内転筋とハムストリングの辺りをカバーするために臀部から貼ったテーピングで引っ張られているのではないかと考え、臀部から足の付け根辺りまでは剥がしました。その後、臀部が引っ張られてる感は和らいできたので正解でした。また1箇所トイレに入りましたが、昨年のこの辺りは大変だったと思い出しました。

走行中のペースも少しづつ落ちてきますが、ここでは粘りません。まだ60km以上あるのです。

saro3040

【30-40kmラップ】51’11

結局、フル通過は3時間28分07秒かかりました。自己ベストを出した時は3時間18分台ですから、既に10分近く遅れている。ただ8時間40分くらいは狙えるペースです。ウルトラマラソンに限りませんか、その時の自分に出来ることをするしかないのです。

無理をすれば、その無理によりリタイアするリスクは急増していきます。そのリスクを受け入れて、仮に大失速したり、リタイアしても仕方がないと考えることが出来る場面なら無理したら良いのです。そのリスクを受容出来ないなら無理してはいけません。当然ながら無理をすることは故障リスクも増大します。

今回私はサブ9は絶対にしたいと思っていました。

50km通過は4時間08分46秒でした。

saro4050

【40-50kmのラップ】52’08

<スポンサーリンク>


今回、序盤から自分のフォームを俯瞰するようにイメージして走りました。体感よりペースが上がっていかない時や、ペースが落ちた時に、どこがおかしいのか見つけながら修正していきました。例えばスタートして5kmくらいから折り返しまでは見通しのよい直線が続きますが、ここで顔が上がっていることに気づきました。見通しのよい場所は要注意です。冒頭の画像は50kmの部に出たウルプロメンバーがスタート後一周した後に撮影していただきましたが、これは修正前です。こんな感じで真っ直ぐ前を見ていたのです。気付いてからは雨が顔にかからないように少し下を見るようにしました。

またペースが落ちてる時は骨盤の動きが小さくなっていたので、膝を1cm前に出すように動きました。

ここまでペース推移の画像をみてもほぼ止まらずに、ほぼコースの高低図並みに推移しています。

ちなみに主催者発表の気温と風速は、スタートの5時から私が50kmに接近した9時までこのように推移しています。多少場所はずれていますが参考です。

5時  14.1℃  風速0m/s(スタート地点 )

6時  12.4℃  風速1.6m/s(30km)

7時  12.9℃  風速1.5m/s(道の駅サロマ)

8時  12.2℃  風速3.7m/s(ネイチャーセンター入口)

9時  12.4℃  風速1.4m/s(60km)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA