サロマ湖ウルトラ ウルトラプロジェクトメンバーの走り 〜自己ベスト続出 後編〜

img_1981-1.jpg

<スポンサーリンク>


前回は4人のウルトラプロジェクトメンバーの走りにを紹介しました。

植村雄一郎さん

初100kmチャレンジ

9時間15分38秒

登録の部87位

苅谷高宏さん

今年ウルトラ挑戦

今までの自己ベスト12時間15分39秒(2017野辺山)

9時間19分23秒

登録の部89位

Tさん

今までの自己ベスト9時間37分43秒(2016サロマ湖)

9時間28分54秒

登録の部99位

Gさん

今までの自己ベスト 8時間34分21秒

8時間13分16秒

登録の部32位

この4人に私を加えた5人が登録の部を走りましたが、全員2桁順位で完走しました。

<スポンサーリンク>


img_2269-1.jpg

Kさん

初100kmチャレンジ

11時間34分24秒

レース後の感想

Kさんは、レース後にこのような感想を投稿していました。

今回が初100kmをサロマで完走でき幸せを噛み締めています。 楽しめて完走出来たのは、あらゆる状況に対しての準備が完ぺきとは言わずとも整っていたからと思います。 今回のように予報以上に気温が下がり、雨風が強くなることも想定しました。 また道東のこの時期のあの天候の寒さ厳しさは、以前のオートバイツーリングで経験しているので、それも役立ったのかもしれません。 そして新澤さん始め皆さんからの情報発信、アドバイス、支えがあってこそ。 本当に感謝しています。 レース中は1キロ1キロ減ることを惜しむように考えるようにしたら、前向きになり楽しくて仕方ありませんでした。 最後に。 サロマは噂通り特別で神聖なるものを感じました。 特にワッカでは夢と現実の狭間をさまよったようです。

img_2272.jpg

樋口 昌彦さん

初100kmチャレンジ

12時12分35秒

3月入会時フルマラソンタイム 4時間54分32秒

樋口さんは別に紹介する予定ですが、3月入会時のフルマラソンベストは4時間54分台と、板垣選手らトップ選手の2倍以上です。入会時の走力ではサロマの完走は厳しいと本人も理解し、効率的に走れるよう考えながら練習をし、サロマに向けて準備をしてきました。

今回のレースは私自身も、本人も完走できる確率は50%50%だと思っていました。どちらにしても関門に追いかけられる展開を予想していました。それが、今回の42.195km通過は4時間40分の自己ベストで、その後もペースダウンすることなく、本人に伝えた上りは全部歩くを徹底して走ったところ全く制限時間とは無関係の12時間前半の好タイムで完走しました。

レース後の感想

樋口さんは、レース後にこのような感想を投稿していました。

自分のフルマラソンの持ちタイムからは、13時間の制限時間は厳しいとの見解を多数頂く、正に逆風の中でしたが、ウルトラマラソンは何が起こるか解らないから、最後まで決して諦めない気持ちを忘れずに、スタートラインに着くまで自分に出来る準備に専念して号砲を迎え、レース中は順調すぎるレース展開で計画より38分速く、制限時間まで47分を残し12時間12分35分で フィニッシュすることができました。今後は今まで考えたことのなかったフルマラソンでは4時間切りを目指し、天候などの条件に左右されずに、ウルトラマラソン100kmをコンスタントに13時間以内で走れるよう、一喜一憂せずに、太く長く楽しんで行こうと思います

img_2271.jpg

<スポンサーリンク>


Hさん

今までの自己ベスト 12時間45分31秒(2017宮古島)

残念ながら6月入会したHさんは、低体温症によりDNFとなりました。

しかし、Hさんはなぜリタイアしたのか、直接的な原因だけではなく、間接的・本質的な原因まで分析して次に備えていました。

よく終わったことは忘れて、次頑張ろう!!となかったことにしようとする方がいますが、それは勿体ないことです。レース中の失敗には完走するためのたくさんのヒントが詰まっています。自分自身で気づくことができるヒントもあれば、ウルトラ経験豊富な方にアドバイスを求めたら分かるヒントもあります。その失敗は実体験に基づいているので腑に落ちやすく、これを活用しないでなかったことにした方は、また同じ失敗を繰り返す。もしくは直接的な原因の対処だけして、本質的な部分を理解していないなんてことになりかねません。

img_2270-1.jpg

真澄さん

(50kmの部)

昨年 6時間27分03秒

今年 5時間55分33秒

自己ベスト大幅更新。

レース後の感想

真澄さんは、レース後にこのような感想を投稿していました。

昨年より30分ちょっとタイムを更新しました。
密かにフルのPB更新を狙ってましたが、そちらはセカンドベストでした。悪天候と寒さで、33キロ地点から右足の痙攣との戦いでしたが、たまたまいいタイミングで追い越していった仲間の背中を追いかけて、もう一度ペースを掴み直すことができました。来年こそ、綺麗な海、湖、空のサロマンブルーが見たい。来年は100キロ!と言えないくらい、今回は辛かったです。

 

ウルトラプロジェクト練習会についてはこちらをご参照ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です