フル4時間54分のランナーが、3ヶ月で100km12時間12分で完走した衝撃。〜ウルプロメンバーの成長〜 その3

 

終盤一歩一歩に注意したには理由があり、野辺山ウルトラ71kmをリタイアしたのは、前半の林道区間で足首を捻ってしまい痛みと故障の不安から走れなくなったからです。

<スポンサーリンク>


ワッカの画像同様、ゴール後もかなり元気でとても100km走ったようには見えません。

今回、フルマラソンの自己ベストを更新しましたが、それまでの自己ベスト4時間56分と今回の12時間12分を比較すると倍率は2.49倍です。

もちろんこんな倍率で走れるわけもなく、3月からスタートまでの間にフルマラソンを4時間10-20分くらいで走れる力を付けたのです。

4時間20分の力があったとしても2.82倍ですから、上手なレースマネジメントが出来ました。

秋冬には本人が入会前には考えたこともなかったサブ4にチャレンジすると話しています。今回の完走は本人はもちろん嬉しいでしょうが、私も嬉しいです。

<スポンサーリンク>


走力のある若いランナーが実力をつけていくお手伝いをするのはやりがいありますが、中々タイムが伸びない。むしろ落ちていくばかりで何とかしたい。このレースを完走したいと入会していただいたメンバーが笑顔になるお手伝いもやりがいがあります。

ウルトラプロジェクトには20代前半のメンバーもいれば、60代のメンバーもいます。様々なカテゴリーの大会で上位に入るメンバーもいれば、フルマラソン5時間台のメンバーもいます。

ウルトラマラソンを走るランナーもいれば、トレイルランナーもいます。登山家もいれば、トライアスリートもいます。オープンウォーターでのスイムがメインのメンバーもいます。

様々な目的や価値観をもつメンバーが集まっているのです。ただ一つ言えるのは、良い方々に集まっていただいたなー。ということです。

<スポンサーリンク>


ウルトラプロジェクト7月練習会予定はこちらです。

また、今月中に、サロマ湖ウルトラに限らず、ウルトラマラソンで思うような走りができなかった直接的な原因だけではなく、その奥底にある原因などに気づくためのウルトラセミナー(ワークショップ)を開催予定です。いつものウルトラセミナーとは違い、もっともっと一生懸命考えてもらいます。そのため少人数で行う予定です。ご興味のある方はFacebookページのメッセージにてご連絡ください。日程が決まれば優先的にご案内するほか、日程調整の際に希望開催日など参考にさせていただきます。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA