7/22 ウルプロ練習会 〜坂道&アイスクリームラン〜


まだ一昨日の練習会について書いてませんが、先に昨日の練習会について先に書きます。

<スポンサーリンク>


当初は皇居でペース走の予定でしたが、様々なレベルのメンバーが参加する練習会としては危険な暑さだと判断して練習メニューを変更しました。

どんな練習会に変更しようか考えた末に、休憩しながら走れて、様々なレベルのメンバーの練習にもなる内容として、都内の坂道を目指して走るマラニック的な練習にして、上級者は坂道を頑張ってもらうことにしました。またただキツイだけの坂道練習ではなく中間点あたりにアイスクリーム屋さんを組み込みました。

変更を決めたのは練習会スタートの48時間前。

そこから都内坂道情報の検索が始まりました。有名な坂は知っているけど、暑い時期に走るのだから15-20kmにおさめたい。そんな思いの中でかなりのページをチェックしました。

しかし、具体的にどこをどう走るかイメージが掴めないから、まずは山手線内をプリントアウトした地図に坂を赤い矢印で書いていきました。

その上で、走りたいと思う坂道を繋いでいきました。

そしてそれをGoogleマップに落とし込んで、寄り道してコースを外れてもリカバリーできるようにしました。

スタートは小川町駅近くのケッズシャワールームです。

アスリチューンとともに、スマッシュウォーターの携行型のSHOTONEをメンバー全員に配り飲んでもらいました。脱水予防のためです。

既にメンバーからは『暑い』しか出てこないくらい暑いので、安全面で出来ることはします。

また、今回はコンビニや自販機はあるので、ドリンクは自分が飲むためよりメンバーにかけるためにソフトフラスコを2本持ちました。

頭の上に持っていき水の出口を摘めばシャワーのように出てきます。

暑そうなメンバーにかけたり、回して頭や身体を濡らして体温を下げてもらいました。

まずは九段下の靖国神社方面に向かいますが、一旦皇居外周に寄り道して竹橋を登りました。

竹橋を過ぎて横断歩道を渡って北の丸公園を通りました。

ちょっとしたトレラン気分を味わいながら日差しを避けて進みます。

そしてこんな場所も通りました。

ここを下ったのですが、せっかくなので、二人づつ走ってもらいました。親子ほど年の離れた男と女の真剣勝負でした。かたやハセツネサブ10の50代と、トレラン優勝歴のある20代。

<スポンサーリンク>


それから靖国神社を通り過ぎて神楽坂辺りに向かいました。

庚嶺坂(ゆれいざか)を登りました。

その後、神楽坂の目抜き通りに出て神楽坂駅方面にマッタリ進みます。

そして体内から冷やすためにアイスクリーム屋さんに立ち寄りました。

BUON’AMOREです。

普段アイスクリーム屋さんを検索することはありませんが、今回はいろいろ調べました。

私はココナッツミルクにしましたが、メンバーそれぞれ好みのアイスクリームでリフレッシュしました。

砂糖不使用のようです。
そして神田川に出て江戸川橋交差点を左に折れて椿山荘の付近に着きました。

まずは椿山荘横の坂を登ってから、階段を下りました。

下りたところで、良い具合の上り坂があるので、元気なメンバーだけ走ってもらいました。

赤いウェアのメンバーのところまで、グルリと走れる上り坂です。

走ったのはこの階段などです。

そして、次は胸突坂に向かいます。

ここも結構キツイ坂です。29%のようです。

ダッシュ組と、ゆっくりジョグ組に分かれて上まで登りました。私はゆっくりスタートして少しペースを上げると思ったより坂が長くて、乳酸が溜まる感覚を受けました。そう言えばおんたけではこんな感覚が一回もなかったような。。

胸突坂を登り、椿山荘をグルリと回ると長い目白新坂の下りが見えてきました。傾斜は12%くらいですが結構長い。でも下りだから気持ちよく走れます。

これ登ろう。と思うとすぐにメンバーを止めてこんな提案をしました。

走れる自信がある人は一番下まで下りてから上まで坂道ダッシュしましょう。自信のない方は、ここで待ってメンバーが走ってきたらここから抜かれないように走りましょうと。

メンバーぐったり。。

<スポンサーリンク>


そこから再度坂を下りて江戸川橋辺りにくると非常に暑いので、日陰を探すとちょうど首都高の下が通行できるようになっていたのでそこをしばらく走りました。

そして水道橋に到着。

JRの効果をくぐって線路脇を平行に走る、皀角坂(さいかちざか)を登りました。

ここは以前走ったことがありますが、登りきったと思ってから傾斜がキツくなります。

ここを登りきるともう御茶ノ水駅近くです。

ケッズシャワールームも近づき、人混みを歩いて向かいます。

時間の関係や、自宅付近で離脱したメンバーなどいましたが、全員無事に戻ってきました。

ケッズシャワールームの中はエアコンが効いていて気持ち良かったです。またただのシャワーではなく、炭酸タブレットをセットした炭酸シャワーで汗まみれの地肌をすっきり洗い流してみんなサッパリしました。

全体図です。スントスパルタンのログデータをmovescountから取得しました。

高低図はこんな感じでした。たいして登ってませんでしたが、気温が凄いです。

平均気温34℃の中のランです。

ランニングどころか、外を出歩くのも危険な気温ですから、アイスクリーム屋さんだけではなく、コンビニ休憩もしつつゆっくり走りました。今回はサポートスタッフとして、UTMF、川の道、スパルタスロン、さくら道、佐渡、24時間走など過酷なレースを走っているメンバーを複数配置してメンバーとの会話の中で体調不良などの予兆をチェックしてもらいました。私も可能な限りメンバーの顔色をみたり、話すことで状態を確認しながら進みました。

近いうちにこの辺りに住んでいるメンバーに、御茶ノ水、水道橋辺りの坂道を繋いだコースを教えてもらい走ろうと思います。またいつになるか分からないけど、都内坂道マップを作ったら面白いかな?なんて思いました。

練習後にはアスリチューン・スピードキュアで素早いリカバリーに繋げます。

来月のウルトラプロジェクト練習会は、奥武蔵峠走や夜間走など計画しています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA