7/26 ウルプロ午後練 〜5キロ走でメンバー自己ベスト更新〜

今日の午後練は織田フィールドで行いました。開放予定のホワイトボードも雨で見づらいです。

織田フィールドに向かうときに、メンバーに声をかけられ雨が激しいから帰るつもりでした。と言うから寒い時の雨は風邪のリスクが高いけど、この時期は恵の雨です。先週の酷暑の方が体調を崩すリスクはよほど高いと伝え、練習に参加することに。

もちろんその日の体調は自分自身でないと分からないので、判断はそれぞれがするしかありませんが、自分でかけなくても身体を冷やしてくれるシャワーランはこの時期最高だと思ってます。

もちろん滑りやすい箇所を気をつけるのは基本です。

<スポンサーリンク>


まずは坂道を使ってフォーム作りをしました。

これは片脚立ちで、バランスをとりながらゆっくり走るように身体を動かします。この状態で片足10回です。以前能城さんに教わったトレーニングですが、それを傾斜のある場所でやると、身体の真下で接地する。地面を押してる感覚を掴みやすくなります。

また、登り傾斜では腿を上げなくてはという意識を持っている方がいますが、上げる動作は疲れます。また腿を高く上げようとすると上体が立ち気味になり場合により後傾します。

試しに腿や膝を上げる意識を持って走ってもらいました。


短い距離でしたが、引き上げようとすると上体にも力が入ってしまい疲れて長くは走れないとのこと。

次は腿を高く上げるのではなく、膝を少し前にだすことを意識して走ってもらいました。


上体に力が入らないし、地面を押しやすいと話していました。膝をことで骨盤も動きやすくなるので、上り坂の苦手な方は試してみてください。ストライドは狭めでピッチは落とさないようにです。

<スポンサーリンク>


そのあと、トラックに移動して、今日は暑くないので5000m走ってもらうことにしました。

普段は動き作り中心の午後練ですから、メンバーは少しびっくりしてましたが、タイムトライアルではなく、心拍がきつくならないペースで走ってもらいました。

Fさんは速いランナーですが、Oさんのベストタイムは5年前に出した27分台で、それを出した時は非常に苦しかったと話していました。またHさんは最近測ってはいないけど、入会するまでは30分をギリギリ切る程度だったと話していました。

そこで時計は見ないで、先ほどの坂道練習の感覚だけを持って走ってもらいました。

私は前に出ないでメンバーの後ろで走りました。

スタートしてしばらくは、OさんとHさんが一緒に走っていましたが、途中からHさんは少し遅れ始めました。

私はラスト半周までOさんの後ろを走っていましたが、ペースが途中からほとんど変わらなくなったのです。1500mくらいで、少し腰が落ちてきたように感じたので「膝と腰の位置意識して。」と伝えたら戻りました。

2’02-2’02-2’07-2’10-2’06-2’06-2’06-2’07-2’06-2’07-2’08-2’08-1’03

26’18

スタート前は29分台かな。。って話していたOさんはゴール後に時計を見て驚いていました。「自己ベストだよね。」と声をかけた時の嬉しそうな顔をみて嬉しかったです。

楽に走って、5年前まだ50才代だった頃に出した自己ベストを1分更新した瞬間でした。

Oさんは無理しなくてもペースが上がるフォームを手に入れたのです。

半周くらい遅れたHさんは28’03でゴールしました。これだって入会時から見れば凄い進歩です。

ゴール後に、途中ペースが落ちた頃は肩に力が入り上体はお腹より後ろにあるのに、顔だけ前に持っていってるフォームだったと伝えました。

重心が後ろにあると、ペースをキープするのはかなり厳しいです。

またFさんは22分ぐらいでゴールしました。

その後、スクワットとハイニーをしました。


ハイニーは15秒間隔を5セットにしました。

練習後にはアスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーに繋げます。

<スポンサーリンク>


帰り道一緒だったOさんと話しましたが、まさか自己ベストが出るとは思っていなかったので、ホント驚いたし嬉しかった。と話していました。雨で帰らなくてよかったですね。。

Oさんのフルマラソンベストは5時間06分で5時間切りが目標だと入会しましたが、もっと高いとこが目指せます。またトライアスロンも頑張っていますが、小さな成功体験を積み重ねて行けば、目標にしているアイアンマン完走も近づいてきます。

私自身、昨日できなかったことが、今日できるようになる感動に、少しでもお手伝いができることは幸せなことだと思ってます。

Oさんから、ウルトラプロジェクトに入ったら、ウルトラマラソン走らないと行けないのですか?と聞かれたので、そんなことはありません。と答えました。

トレラン、トライアスロン、マラソン、トラックレース、登山など一番力をおきたいカテゴリーは様々だし、価値観も様々です。

ウルトラプロジェクトはお互いの価値観を尊重しあえる方々が自然に集まったら最高だと思っています。

また、速い人が偉いのではなく、頑張って速くなっている人、目標達成した人を称えあえる。そんな場にしたいです。

ウルトラプロジェクトの8月練習日程をアップしました。体験参加、入会などお問い合わせはFacebookのメッセージにてご連絡お願いします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA