五郎谷俊選手(コモディイイダ) 富士登山競走 2時間31分34秒で初優勝 その1〜歴代2位走り〜

昨年の五合目を大会新記録で優勝した五郎谷俊選手が今年は山頂の部で優勝しました。


(写真提供    コモディイイダ 会沢監督   以下の画像も同様のため省略)

昨年の記事も合わせてお読みください。

富士登山競走5合目コース 五郎谷選手優勝(大会記録34年ぶり更新)

<スポンサーリンク>


五郎谷選手は山頂の部初挑戦ながら、大会前から優勝候補に挙げられていましたが、2位の加藤聡選手に14分以上の差をつける圧巻の勝利でした。

スタート〜馬返し

区間タイム 42分18秒(昨年    42分56秒)

2位の加藤選手 46分25秒

会沢監督が撮影した序盤の動画を見ても、2位以下とスピード感がまるで違います。また昨年は五合目がゴールですが、今年はそこから過酷な山頂アタックになるのに、馬返しまでのタイムは大会新記録を出した昨年より38秒速く入りました。

昨年の記事で紹介していますが、五郎谷選手は昨年1月の箱根駅伝は東洋大の選手として、山登り区間の五区を走り3位に入ったランナーですから、ロードの上りで五郎谷選手に喰い下がれる選手はそうはいません。

馬返し〜五合目

区間タイム 33分45秒(昨年    34分09秒)

スタートから1時間16分03秒(昨年    1時間17分05秒)

五合目の部と山頂の部は計測場所が違いますが参考にはなります。

トレイル区間でも昨年より速く五合目まで1分以上速い通過となりました。

2位の加藤選手    37分21秒(スタートから1時間23分46秒)

加藤選手はじめ今回上位入賞した選手は、トレイルや山岳レースで経験豊富な選手ですが、五郎谷選手は馬返しからも差を広げました。

私はロード区間から五合目を目指して登っていき、選手が来たら道をあけて応援していましたが、五郎谷選手を応援したのは3.5合目辺りでしたが、2位の選手は4.5合目辺りでの応援になりました。

<スポンサーリンク>


五合目〜本八合目

区間タイム 56分08秒

スタートから2時間12分11秒

2位の加藤選手    1時間00分35秒(スタートから2時間24分21秒)

山岳区間の経験は少ない五郎谷選手ですが、大会記録保持者の宮原徹選手と試走に行きアドバイスを受けたことを本番に生かして、この区間でも2位以下に差を広げて行きました。

本八合目〜山頂

区間タイム 19分23秒

スタートから2時間31分34秒

2位の加藤選手    21分18秒(スタートから2時間45分39秒)

<スポンサーリンク>


加藤選手のタイムは下記の通り、2013年から2015年の優勝タイムを上回っております。加藤選手は2011年に2時間41分11秒の好タイムで走っていますが、宮原徹選手に次ぐ2位でゴールしました。

  • 2016年    五合目打ち切り
  • 2015年    松本  翔選手    2時間46分56秒
  • 2014年    松本  大選手    2時間47分45秒
  • 2013年    松本  大選手    2時間49分40秒

 

この記事をまとめていて、加藤聡選手の抜群の安定感を知りました。

  • 2017年    2位
  • 2016年    2位(五合目打ち切り)
  • 2015年    優勝(五合目)
  • 2014年    2位
  • 2013年    2位
  • 2012年    3位
  • 2011年    2位
  • 2010年    優勝(五合目)

安定した加藤聡選手の走りです。

8年間で山頂ゴールのレースが5回で2位4回、3位1回、五合目ゴールのレースが3回で優勝2回、2位1回、合わせて優勝2回、2位5回、3位1回とは驚きです。

 

 

また富士登山競走関連記事は順次こちらに掲載していきます。



吉住友里選手  富士登山競走 3時間01分17秒で初優勝


昨年、富士登山競走五合目にチャレンジし優勝した吉住友里選手(吉本ナショナルDreams)が、山頂初挑戦の今年は、過去3回優勝している小川ミーナ選手を五合目から引き離し優勝しました。

昨年の五合目優勝についてはこちらをお読みください。

<スポンサーリンク>


小川ミーナ選手は2011年の優勝から2015年まで5年間で優勝3回、2位・3位が各1回と全て表彰台に乗っている速さと強さを兼ね備えたランナーです。

2011年    3時間10分45秒    優勝

2012年    3時間07分51秒    優勝

2013年    3時間27分41秒    3位

2014年    3時間28分46秒    2位

2015年    3時間13分39秒    優勝

2016年    欠場

2017年    3時間13分30秒    2位

 

今回の小川選手のタイムも2015年の自身が出した優勝タイムを上回っており、そのタイムより12分以上速いタイムでゴールした吉住選手の走りには驚かされました。

画像は五合目から六合目の吉住選手と差が開き始めた辺りのものですが、ダイナミックなフォームでした。

<スポンサーリンク>


吉住選手と小川選手の区間タイム比較しました。(吉住選手-小川選手の順)

スタート〜馬返し

0:52:22-0:52:25    0分03秒差

馬返し〜五合目

0:42:47-0:43:57    1分10秒差

(スタートから    01:35:09-01:36:22)1分13秒差

五合目〜本八合目

1:04:52-1:12:55    8分03秒差

(スタートから    02:40:01 -02:49:17)9分16秒差

本八合目〜Finish

0:21:16-0:24:13    2分57秒差

(スタートから    03:01:17-03:13:30)12分13秒差

女子の大会記録は、今から30年ほど前の第39回大会で佐々木(旧姓 中島)和子選手が出した2時間51分36秒という信じられないようなタイムです。

大会ページ掲載の山頂コース 歴代優勝者 は最近更新されていませんが、同年の男子優勝タイムと比較しても10分程度の差だったりするので凄い記録です。佐々木選手は、第39-42回大会で四連覇しましたが、そのうち3回はサブ3です。

<スポンサーリンク>


今回の吉住選手は、第41回大会以来のサブ3まで、あと1分少しに迫ったわけですが、レース後にこの点について吉住さんに質問したところこのように答えてくれました。

(質問)サブ3は意識していたか?

サブ3は去年からやりたいとは思ってましたが、実際に設定考えたのは新澤さんがデータ送ってくれてからです。
 
富士登山競走-攻略法③-〜上位100人の走り 3時間28分39秒まで〜
 
でも、初めてだし、未知だし、全然わからなかったから、とりあえず全力尽くして山頂目指そうと思ってました。

(質問)タイム設定について

去年の自分のタイム(五合目 1時間34分18秒)で余裕持って通過出来たら、ギリギリサブスリー狙えるか狙えないかの瀬戸際だろうと思っていました。

(質問)フィニッシュ後の気持ち

あと1分だとわかってたら、5合目までや砂利も、もっと走って頑張ったのに…って悔しいけど、でも、今回は初めてで優勝出来たから満足です! 次は絶対サブスリー狙います!

 

私が送った記事がどれだけ参考になったかは分かりませんが、レース1週間前にこのようなコメントを添えてメッセージを送ったところ、吉住さんも同じように考えていました。

過去の区間タイム比率は平均値ですが、吉住選手は、ロードより山岳区間に入ってから力を出せると思うので、ロードは昨年くらいのペースで余裕をもって走り、山岳区間で上げていってください。

『はい!私もそう考えていました!余裕持って馬返しを通過して、山区間で上げていきます。  〜以下省略〜』

 

上記の記事に掲載した2015年にサブスリーした13人の区間タイム比率の平均値は以下の通りです。

28.2%-22.8%-36.6%-12.4%

3時間で計算すると、

  • スタート〜馬返し    50分45秒
  • 馬返し〜五合目    41分02秒
  • 五合目〜本八合目    1時間05分52秒
  • 本八合目〜山頂    22分19秒

吉住選手は山区間が非常に強いので馬返しをもっと余裕を持って通過しても大丈夫と思っていました。

実際のタイムはこちらです。

  • スタート〜馬返し    52分22秒
  • 馬返し〜五合目    42分47秒
  • 五合目〜本八合目    1時間04分52秒
  • 本八合目〜山頂    21分16秒

昨年の五合目コースとゴール付近が少し違いますが、昨年のタイム1時間34分18秒(スタート〜馬返し 52分38秒 馬返し〜五合目 41分40秒)とほぼ同じペースで走り、五合目からの山岳区間に入っているのですから、ほぼ計画通りのペースだったのでしょう。

小川ミーナ選手も、調整法などもう一度見直して、来年は後半上げられるように頑張ると話しているので、競り合うことで約30年ぶりのサブスリーへの期待が高まります。

富士登山競走チャレンジページ を合わせてお読みください。



7/28   ウルプロ織田練  〜ボールを遠くまで転がすにはどうするか?〜坂道ダッシュと400mレペ その2

<スポンサーリンク>


メンバーそれぞれのタイムを1kmペースにした数値を伝えると、みんな驚くとともに、そんなペースで走れたことに喜んでいました。

不思議なもので、1周◯秒というと速く感じないペースを1km◯分◯秒と置き直すとかなり速く感じるものです。

*1周80秒は3’20/kmです。

2-3本目は同じ感覚で走りました。

79秒-80秒

4-5本目は少し抑えて

83秒-82秒

Tさんは付いてきましたが、他のメンバーも少し遅れながらも、彼女らにしたらかなり速いペースで走りました。

ラストの6本目は96秒くらいで走るから私を抜かないように伝えて走りました。今回ラップタイムが分かる設定にしていなかったのですが、出力を抑えて走ったら94秒になりました。

これだって3’55/kmです。

普段4分を切るペースでほとんど走ることがないメンバーが、こんなゆっくり走ってキロ4切るなんて。。と驚いていましたが、前に進む力を阻害しなければ走れてしまうのです。

<スポンサーリンク>


芝生をジョグして呼吸を整えてから、1kmキツくならないペースで時計をみないで走ってもらいました。

意識するのはタイムではなく、坂道を走った時の接地した足に上体が乗るイメージ、地面を押すイメージです。

1km走ってからタイムを見る前に、自分自身どのくらいのタイムで走ったかを口にしてから、タイムを見てもらいました。

乖離の小さいメンバーで20秒違い、乖離の大きなメンバーだと40秒くらい違いました。もちろん全員体感ペースより速く走りました。

最初に広い体育館でボールを転がす話をしましたが同じ出力でも回転が良かったり、摩擦が小さければ速く遠くまで転がるのと同じように、前に進みやすいフォームで走れば同じ出力でも速く走れるのです。

これはウルトラマラソンでも同じで普通に走れば5’00/kmになる方が、ウルトラマラソンはゆっくり行かねばと6’00/kmペースで走るも中盤にいかないうちに失速したという話は度々聞きますが、それは出力を抑えているのではなく、ブレーキをかけて走っているからです。

GPSの数値が6’00/kmペースになるように走るために、無意識に身体を後傾させたり、腰を落としたりしているのです。失速の理由は分かりますよね。

効率的に走れるフォーム作りとあわせて、出力を高める練習(=VO2maxを高める練習)をしていけば結果はついてきます。

<スポンサーリンク>


その後、スクワットと、ニーアップ、クーリングダウンして練習終了です。

練習後にはアスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーを狙います。

アスリチューン・サポートランナーだけではなく、ウルトラプロジェクトメンバーも、

アスリチューンと一緒に強くなっています。

ウルプロ8月練習会日程はこちらです。練習会参加方法などご質問はFacebookページのメッセージでご連絡ください。



7/28   ウルプロ織田練  〜ボールを遠くまで転がすにはどうするか?〜坂道ダッシュと400mレペ その1

28日は睡眠3時間弱で富士登山競走の応援にいき、そして夕方から織田フィールドでウルプロ練習会を開催しました。

富士登山競走の記事は切り口を変えていくつか書いたらこちらに加えていきます。

富士登山競走チャレンジページ

<スポンサーリンク>


さて練習会の話に入る前に少しイメージをして欲しいことがあります。

あなたの手にボールがあり、そのボールを広い体育館の床で転がしたとします。遠くまで転がそうとしたらどうしますか?

当たり前ですが、一つはボールにスピードをつけるために力をいれて投げることです。

その他の要素はなんでしょうか?

いろいろあると思いますが、ボールが転がりやすいように、回転にかけること。そして摩擦を減らすために床を磨くことだと思います。

逆に遠くまで転がらないようにするには、逆回転をかけたり、床をザラザラにして摩擦係数を高めることです。

何を言いたいか分かると思いますが、同じ力(エネルギー)をボールに与えても、途中で失われるエネルギーロスによって到達距離やスピードは変わるということです。

ランニングに置き換えると、同じように一生懸命走っても(言い換えると同じくらいの苦しさで走っても)、1km4分なったり5分になるのと同じようなことです。

もちろんボールを転がすのと走るのは違う運動ですが、同じ力をかけてもスピードが変わることは分かっていただけたと思います。

<スポンサーリンク>


練習会の話に戻します。

織田フィールドの一般開放日は混雑していますが、金曜夜は比較的走りやすい利用者数です。最高の立地で新しくなったタータンを走れる環境には感謝しています。

今回の練習にはトラックを初めて走る方や、学生時代以来走ったことがない方などが大半なので、安全に走ってもらうためにこちらを読んでから練習会に参加するようにしています。

織田フィールドなど陸上トラックを安全に走るために

まずは、競技場外の坂道に移動して準備運動や、動き作りをしました。その後何本か坂道を走ってもらいましたが、この練習の目的は心肺能力や脚力を鍛えることではなく、効率的に走るフォームを作ることです。夜間なので動画や画像はありませんが、水曜午後練と同じ内容です。

・接地時に上体は足の真上にある。→重力に対しては垂直だが、路面に対しては少し前傾。

・身体を上に持っていくイメージではなく、前に持っていくイメージ。そのために膝の位置を意識してもらいました。

この2点が意識できるように、悪い動きもしてもらいながら、どう動けば効率的に走れるか、自分の身体で体感してもらいました。
<スポンサーリンク>


トラックに移動して400mを3分回しで走るレペテーションをしました。

水曜の定期練習会は4グループなど設定を分けて行っていますが、今回の練習の設定は3分回しということだけです。

例えば90秒で走れば、次のスタートは90秒後になります。もちろん入るタイミングで集団がくればまつので3分回しより若干長いリカバリーになっています。

メンバーの走力は分かっていますので、1周◯秒と個別に設定タイムを伝えることは出来ますが、それはボールに摩擦を与えるようなコトなので、まずはメンバーにどのくらいのペースで走ると、どのくらいキツイのか体感してもらうために走ってもらいました。

メンバーには、タイムより坂道練習で体感した接地時に地面を推す感覚をフラットな競技場で試してもらいました。

私は気持ちよく苦しくならないくらいのペースでリズムよく走りました。感覚的には84秒くらいと思ってましたが、時計を見るとなんと81秒で走っていました。

フルマラソン3時間一桁のTさんがついてきたのには驚きませんでしたが、サブ3.5をしていない女性メンバー3人のうち2人はかなり近いタイムで走ったのには驚きました。

メンバーそれぞれのタイムを1kmペースにした数値を伝えると、みんな驚くとともに、そんなペースで走れたことに喜んでいました。

不思議なもので、1周◯秒というと速く感じないペースを1km◯分◯秒と置き直すとかなり速く感じるものです。

*1周80秒は3’20/kmです。

2-3本目は同じ感覚で走りました。

79秒-80秒