ビブラムファイブフィンガーズ 初めて履いてみました。


最近、外出時にビブラムファイブフィンガーズを履いています。

特に裸足ランに目覚めた訳ではありません。

<スポンサーリンク>


いろいろなタイプのシューズが販売され、特に尖ったタイプのシューズには賛否両論があります。何が人気の秘密で、何が受け入れ難いのか知りたいし、それを試すことなく良いだの悪いだの言えないので、可能な範囲で興味あるシューズを購入しています。

以前紹介したHOKA TRACERを購入したのもそのようは気持ちからです。

ビブラムファイブフィンガーズは購入したあと中々試す時間がなく箱に入ったままになっていましたが、木曜日に行ったスポルテックがキッカケになり履いてみようと思ったのです。


スポルテックにはあまり長い時間滞在することはできませんでしたが、興味深いものはいくつかありました。


自走式のトレッドミルのスムーズさには驚きました。

気になるサプリメントもありましたが、話が逸れるので、ビブラムファイブフィンガーズを試そうと思ったキッカケの話をします。

それはインソールメーカーでの足型測定がキッカケです。

フラッと立ち寄ったブースで測定をしてもらいました。

その結果をモニター画像と、この用紙で説明していただきました。


私は直立した時に右足の指がしっかり地面を捉えないで浮いていることが分かりました。

ブースの方は、それは意識しても治らないからインソールで、足の指が地面を捉えるようにしないと改善できないと説明しましたが、意識しても治らないのはなぜ?と質問したら、

今までの習慣や癖は治らないものです。的な答えが返ってきました。それはちょっと違うな。と思いました。

その後、昨年も立ち寄り、非常に感じの良かったインソールメーカーのブースで足型測定が出来るようなので、やってもらいました。

測定結果をプリントアウトして説明してくれました。質問にも分かりやすい言葉を使って説明してくれました

測定結果は先ほどと同じく、右足の指が地面を捉えていない浮き指とのこと。

今まで考えてもいなかったことなので、自分なりに整理してみました。

走る時は重心が前に行くから、シューズのインソールを見ても指の形がクッキリついているし、ソールがすり減りやすいのは母子球辺りなので浮き指ということはないと思いますが、直立時は浮いているのでしょう。また歩いている時はどうなのかなど考えました。キッカケについても考えてみました。

<スポンサーリンク>


これが未だに原因になっているかは分かりませんが、震災の頃、自宅のベッドで寝ていて、目覚めたあと寒いから布団から出たくないけど起きなきゃとエイっと足を前に伸ばしたら、身体が横を向いていたから思い切り壁を蹴ってしまい、病院には行かないまでもしばらく痛みが残ったことがありました。

その頃、走ると指が痛いから、痛くないようにいろいろ模索したところ指を浮かせて走ったら痛くなくなった。なんてことがありました。

また、指が浮いてる状態は足底の土踏まず部分を常に伸ばしている状態になりますが、左足の足底はあまり張らないのに、右足は張りやすいのは、それが原因なのかなんて考えました。

ランニング中のフォームを正面から見ると、左右どちらかの肩が上がっていることはありませんが、ちょうど、自走式トレッドミルをした時に撮影した動画でチェックしてみました。


特に左右どちらかの肩が上がってることもありませんでした。

接地時に指はどうなっているかを見たらキチンとつけています。

動画撮影の位置が少し中心からズレて斜めから撮影している影響があるかもしれませんが、右足は多少外側を向いているようです。

ランニング中は浮き指にはなっていなくても、普段立っていたり歩いている時に指が浮いているなら、それは本来の人間が持っている機能からズレているのだから改善しようと思いました。


そこで今週から履き始めました。

初日に失敗したのはソックスなしで履いたところ自宅を出てすぐ足の甲が擦れて痛いと感じたけど、電車の時間の関係で戻れず、そのまま一日痛い思いをしました。

またソックスがないとかなり蒸れます。。

自宅に戻って確認したら、少し皮が剥けていました。

その翌日からはアールエルの五本指ソックスを履いています。


ソックスを履くことで甲の擦れはなくなり、吸湿性もよくなり快適になりました。

まだ使い始めて数日ですが、足底の張りが弱くなりました。いつもケアしてもらっているケッズトレーナーのスタッフに聞いたら、普段は大きなしこりが、小さくなったと教えてくれました。このシューズの影響ではなく、ONTAKE100の疲労が抜けてきたのかもしれませんが、しばらくは普段履きとして続けてみます。

<スポンサーリンク>



実家で作ってもらった(朴葉下駄)一本歯下駄も脚の鍛錬やバランス感覚向上には良いので使っていますが、電車に乗って出かけるのはちょっと難しいので、この地下足袋風のシューズは使いやすいと思います。



久々の1000mレペテーション

3日前から普段履きで五本指シューズを使い始めましたが、その理由と、使った感想は別に書きます。また、ランニング中は使っていません。

前日の水曜日はパーソナル→午後練→定期練習会と走っているのでちょっと疲れてますが、2週間前のONTAKEの疲れはだいぶ抜けてきました。

久々のスピード練習はあまり走れるイメージもなく、ちょっと抑え目に行こうなんて思ってました。

この時期なので、1000mを3分40秒で6本はちょっと厳しいと思いつつ、その考えと真逆の3分30秒で走ってみたいなんて気持ちもありました。

<スポンサーリンク>



3分10秒からスタートがさみだれでなんとなく出た感じになり、スタート直後からリズムよく走っていると後ろにランナーの気配がなくなり、先にスタートした3’30グループに近づいてしまったので、何本行けるか分からないけど、3’30で行っちゃえとペースアップして追いつきました。

3’26

外側を走ってるから、400mではなく10m以上は長いので実質3’20くらいです。途中から追いつこうと上げたからキツく2本目から当初予定の3’40に戻ろうと思いましたが、1本で落ちるのは嫌なので、2本目も走ることにしました。

2本目は最初からイーブンペースで走れたので、1本目より楽に感じましたが、それは気のせいで、淡々と走るなら結構耐えられると感じましたが、前の遅い設定のグループを抜かす時に3レーンまで膨らんでペースアップをすると全く余裕がありませんでした。

3’30

やはりウルトラ続きのこの時期に実質3’20はちょっと無理と思いながらも、なぜか3本目も行くことにしました。

スタートして200mでキツくなりましたが、3本頑張ったら次はグループ落とすと決めて何とか粘り走りきりました。

3’31

先頭とほぼ同じにゴールしたので、先頭も疲れていたようです。何とか3本行けたと思いつつ、まだ垂れてもいないのに、ここで落として良いのか?なんて考えも浮かんできました。

そう、まだグループから脱落していないのです。

もう4本で終わってもいい。遅れてもいい。と4本目もそのまま行くことにしました。

4本目はスタートして200mでキツくなり、遅いグループの集団を抜くために膨らんで加速して行く時に徐々に遅れてしまい600m手前で最後尾になり、少しづつグループが遠くなって行きました。完全に脱落ですが、このまま追いつかなくてもいいから粘ってゴールしようとリズムを整えると、なぜかグループが近づいてきました。ラスト200mで再び最後尾に追いつきました。

そのままゴールすれば良いのに、ペースアップして先頭に追い付いてしまいましたがこれは余計でした。

3’28

そこまでも無理はしていましたが、いよいよ気持ち悪くなってきました。

フルマラソンに例えるならチャレンジングな設定ペースで10km行かずに苦しくなるが粘り、20kmも粘り25km過ぎて遅れ始めたけど、30km手前で再度ペースアップしたけどガクンと走れなくなった感じです。

4本目をする前にここで終わっても良いと思っていましたが、5本目は3’40にグループを落として行きましたが、リズムが悪いし、もう気持ちが終わっていたので1周で終わりました。

<スポンサーリンク>


それから芝生をジョグしながら、自分の走りを振り返りましたが、1本目で嫌になりながらも、ペースを落とさずに4本やったのだから良い練習になったと思います。

何がキツかったのかと振り返ると、脚はまだ余裕がありましたが、心拍がもう限界でした。心拍計は付けていませんでしたが、最大心拍に近いところまでいっていたと思います。

収穫は身体の動きはかなりスムーズに動けたことです。またキツイ時に少し目線が上がっているのも分かりました。

レースでは自分に出来ることだけをするのは鉄則ですが、練習ではいろいろやったら良いと思ってます。

多少の無理をしなければ強くなりません。3’40で6本やったら気持ちよく終われたかもしれませんが、出来なくて悔しい気持ちになることも大事です。

小排気量の車が効率よく走るような走りは身についていますが、少し排気量を大きくしてより速いペースでも余裕をもって走れるようにしていきます。

そのためには今日のような練習も必要です。

走り終えたらすぐにアスリチューン・スピードキュアを飲んで、素早いリカバリーに繋げます。

<スポンサーリンク>



その後、50歳で自己ベストの2時間34分で走ったランニング仲間と久々に食事をしていろいろ話しました。そんな同級生がいるのだから、私は私で頑張らねばって刺激になります。

8月は久々に大会を入れていないので、スピード練習とともにクロカンやったり、いろいろ模索して身体を鍛えなおす予定です。

今年は、9月中旬に信越五岳100マイルと、11月の神宮外苑24時間チャレンジがメインレースとなりますが、その間に、どこまで身体が回復しているか分からないけどフルマラソンを1本エントリーしています。

そこで調子よく走れれば、神宮外苑24時間にも繋がるので、鍛え、そして整えていきます。

1000m×4 レペテーション

3’26-3’30-3’31-3’28