8/23  ウルプロ練習会5km変化走×2本+坂道インターバル 〜昨日までの自分を超える〜

今日の午後練については別に書きますが、24時間走日本代表でKERNEL(カーネル)を販売している小谷さんが、KERNELの効果をテストするために練習会に参加しました。

私自身、実際に使用していて効果を感じていますが、どのような効果で、それはなぜ発生するのかを、数値化出来ないと説明のしようもありません。そこで小谷さんと打ち合わせをして、数値化できるテストをいくつか提案しました。そして午後練でそのテストを行い、面白いデータがとれました。

カーネルについてはリンク先の公式ページをご参照ください。

<スポンサーリンク>


定期練習会は竹橋付近に集合なので、今回も交通アクセスだけではなく、500円で炭酸シャワーも使えるケッズシャワールームを使いました。

先に行って走っているメンバーもいるし、他のランステを使っているメンバーもいるので七人で向かいました。

このシャワールームは9月からグランドオープンし、なんと朝6時30分から営業開始します。小川町、淡路町、新御茶ノ水、神保町、御茶ノ水からアクセスが良い好立地なので、夜は仕事が何時に終わるか分からないという忙しい市民ランナーの味方になります。

ケッズ炭酸シャワールームについてはリンク先をご参照ください。

今日のメニューはウルプロ皇居練では定番メニューの5km変化走×2セットです。安全面の観点からも、この練習を採用しています。

今日は3グループにし、気温が高いので少し設定を落としました。

A     1周24分ペースで桜田門までの3.1kmを走り、そこからフリー

B    1周25分ペースで桜田門までの3.1kmを走り、そこからフリー

C    1周26-7分ペースで桜田門までの3.1kmを走り、そこからフリー

Aは28分まわし、Bは29分まわし、Cは30分まわしです。

私はCで走りました。

前回走った時より、少し皇居にランナーが戻ってきたように感じました。

1周目は、3.1kmまでは16’32(5’20/km)で走り、そこから秋にサブ4を目指しているWさんが少し出たので一緒に走りました。

残り1.9kmを9’13(4’51/km)で走りきりました。

合計    25’45

この暑さを考えればよく走りました。

走っていると風を受けるから大丈夫ですが、止まると汗がダラダラ地面に落ちます。

あと二人のメンバーは26’56と、27’12でゴール。

本来Bグループで走るTさんが一番遅く余裕がないので、話を聞いたら練習会前に10km走ったようです。

<スポンサーリンク>


かなり疲労が溜まっているように見えたので、体調悪くなったら全体に無理しないで、ペースダウン、歩く、止まるなど自らの身を守ることをまず第一に考えるよう伝えて2本目スタート。

一本目と同じようなペースで走るも、少し距離が開いてしまうから少しづつ追いつけるくらいにペースダウンしてみました。

3.1km到着は1本目より20秒遅い16’52(5’26/km)。そこから女性のWさんにペースアップを伝えて先に行ってもらい、私は後続を待ち、しばらくしてからスタートしました。1.9kmを8分で気持ちよく走ってスタート地点に戻りました。

スタート前に気になっていたTさんは、やはり調子が悪くなったので無理しないで歩きを混ぜて戻ったようです。無理してよい状態かどうかは本人が一番分かりますが、それでもペースを落としたくないと無理しがちになるから、ちょっとクドイかなと思うくらい声をかける必要があると思います。

Tさんはよい判断だったと思いますが、2本目スタートする前から、危ないと感じたなら、次回はスタートしない選択もあります。

自分の身を守るのは自分自身です。

Aグループと、Bグループは、2本走った後に、坂道インターバルをしました。竹橋の坂250mくらいをAは3本、Bは2本です。逆走禁止なので、ちょっとリカバリーは長くなりますが、かなり追い込めます。

<スポンサーリンク>


その後、スクワット、ランジを30回づつ、ハイニーを10秒インターバルで8セット行い、ストレッチなどをして終了しました。

Aグループのメンバーは24分ペースで行きながらも、フリーで3’30/kmで飛び出すメンバーがいて全体的に速くなり、先頭で21’30くらい。最後尾でも23’00くらいで走ったようです。

21’30でまとめたFさんは、午後練にもほぼ毎週参加していますが、地面を押して効率よく前に進む感覚が身についてきたと話しています。

女性メンバーのAさんは2本とも22分を切るなどスピードが付いてきましたし、まだサブ4していない女性メンバーのHさんも、2本とも23分でまとめたようです。二人とも入会して3ヶ月ですが凄い進歩です。

アスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーに繋げます。

ウルトラプロジェクトメンバーは今年に入ってからも、100kmのウルトラマラソン以外にも、川の道フットレース(500km以上)、さくら道ネイチャーラン、小江戸大江戸、サハラ砂漠マラソン、みちのく津軽ジャーニーラン250kmなどの200kmを超えるウルトラマラソンを完走していますが、今月以降も様々なレースにチャレンジします。

UTMB、信越五岳100マイル、OSJ  KOUMI100の100マイルトレイルの他、神宮外苑24時間チャレンジ、トルデジアン、CCC、信越五岳110kmなど100kmを超えるレースへの参加者が目白押しです。

また、フルマラソンでの自己ベスト更新のために努力しているメンバーや、ハセツネなどのロングトレイルを目標に毎週のようにトレイルに入っているメンバー、アイアンマンなどトライアスロンに向けて頑張っているメンバーもいます。


メンバーが100人いれば、目標は100あると私は思っています。

目標やレベル、価値観が様々でも、それぞれの目標に向けて頑張るメンバーは一生懸命応援します。

ウルトラプロジェクト練習会に参加したい方はFacebookページのメッセージにてご連絡ください。