ストライドを伸ばし効率よく走りたいランナーとのパーソナル その6

 

<スポンサーリンク>



上体の貯めと肩の力が抜けきてかなり良くなりました。腕振りの練習の成果が出てスムーズに振れるようになってきたのです。

競技場に場所を移して、坂道の感覚のまま、トラックを軽く走ってもらいました。

前回の最初と比べたら自然にストライドは伸びるようになってきました。

短い距離、時間であれば綺麗で効率的なフォームを保って走れるようになってきましたが、長い距離、時間でもフォームを保つには尻や太もも周りの筋力アップは必要です。

<スポンサーリンク>


そこでウルプロ練習会でしているハイニーインターバルをしてもらいました。


あまりしたことがないトレーニングだったようで、疲れ果てたようです。

四肢を素早く連動して動かすことは、長距離にも様々な効果があります。

そのあとペースを変えてトラックを走ってもらいました。

またNさんと一緒に走っていて気付いたので本人にも伝えましたが、足音が変わりました。はじめてジョグした時は、接地音にバラツキがある他、地面を触ったらすぐに引き上げるような地面に力が伝わっていない音でした。

それが今回は、足音が小さくなり、しっかり地面を押してることがはっきり分かるくらい変わってきました。

img_4885.jpg

練習前にアスリチューン・エナゲイン、練習後にはアスリチューン・スピードキュアをウルトラプロジェクト練習会同様提供しています。

<スポンサーリンク>


 

今回のレッスンについて、前回同様まとめるように宿題を出して答えてもらいました。

(  )内は補足です。

■今日のレッスン内容

①坂道でフォーム確認

着足に上体をしっかり乗せて走る練習

足振りは苦手な方をもう1セットやる。

②坂道の動きだけを・・・その7へ続く

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA