9/13 ウルプロ午後練 〜肩に力が入らない腕振りで走りが変わった〜

昨日の定期練習会は皇居で5kmビルドアップを2セットなどしました。

9/13 ウルプロ練習会 5KMビルドアップ×2本+坂道インターバル 〜チャレンジSUB3.5メンバーもナイスラン〜

4ヶ月前に入会した時はキロ5より速く走ることのなかった女性メンバーが、2本とも22分半を切って走れるようになったり、50代の男性メンバーが5kmの自己ベストを出したりメンバーの成長に接することができるのは楽しいです。

<スポンサーリンク>


その前に開催した午後練は仕事などで参加できないメンバーがいたため、いつも以上に見ることが出来ました。

二人は体調を崩していてこの2週間くらい走っていませんでした。

まず二人のフォームを確認するために400mを楽に走ってもらいました。


Wさんは以前の脚を前に伸ばそうとしたり、肩に力が入るという悪い癖が出ていました。

Hさんも同様です。このまま走り続け疲れてくるとさらに肩に力が入り、頭だけ前に出すフォームになってきます。

動画を一緒に見て、どうしたら良いかを口にしてもらい、動き作りをしてからまた走ってもらいました。

Wさんは思い出したようです。

接地に乗ることを思い出してスムーズな走りに変わりました。

肩に力が入らない腕振りの仕方がスーッと入ったようで変わりました。

<スポンサーリンク>


坂道に移動してトレーニングをしてから、二人に接地時に上体が乗る感覚を取り戻して欲しかったので上り坂を走ってもらいました。


腕振り

上り坂は特にコンパクトに振るとリズムが取りやすいです。



トラックに戻り、そのイメージをそのままに、楽に走れるペースで1000m走ってもらいました。

<スポンサーリンク>


二人とも初めて5分を切りました。二人のタイムと練習会後の振り返りを抜粋して紹介します。

Wさん   4’56

本日は久しぶりの昼練参加、いい練習になりました。新しい腕振りの指導で、ピッチがとりやすく、肩が上がりづらくなったのが良かったです。久しぶりに膝を前に出すことを意識し、いいペースで走れました。心肺がついていかないのは相変わらずですが、フォームをある程度体が覚えていて良かったです。

Hさん   4’46

フォームチェック400m一本目の課題から、今日はピッチを意識して取り組みました。チェック二本目 170SPM から190SPMへペースアップに成功。坂道での腕振り練習を経て、1km走でも平均190SPMを維持しました。その後の200m x 2本 では平均192SPM、最大200SPMまで上げることが出来ました。ピッチを維持出来る距離を次第に伸ばして、タイムの短縮に繋げて行く、良いきっかけとなる練習再開となりました。

 

その後、200mを2本走り、スクワット、ハイニーなどトレーニングをして終了です。

練習後にはアスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーを狙います。

ウルトラプロジェクト練習会日程はこちらです。

お問い合わせなどはFacebookページのメッセージにてお願いします。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA