SALOMON S/LAB SENSE ULTRAの使用感と耐久性について


土曜日から日曜日にかけて開催された信越五岳トレイルランニングは、昨年までの110kmに新たに100mileが追加されました。

生憎の台風縦断により110kmは52km、100mileは102kmに距離短縮により開催されました。

<スポンサーリンク>


昨年はレース前日まで地元の方も驚くような激しい豪雨だったため、土壌の排水能力を大幅に超えかなりスリッピーなトレイルを走ることになりました。

その記憶からONTAKE100の頃から信越五岳はSALOMON  S/LAB  SENSE ULTRAを考えていましたが、同じS/LABシリーズのSENSE6 SGと迷い、さらに台風接近情報により以前買ったスピードクロス3まで会場に持って行き、路面を見て決めることにしました。

会場につきトレイルの状態をチェックすると昨年とは違いさほどスリッピーな状態になりそうもないので、予定通りSALOMON S/LAB SENSE ULTRAで走ることにしました。

レース自体はまだ脚が元気な序盤から胃腸障害を起こし、前を行くランナーを徐々に抜いていこうと考えていたバンフ〜赤池間で考えていたレース展開は崩壊したので、走れた区間は序盤と、アパリゾート妙高から10kmほど、あとは所々ですが、シューズに関しては過去履いたトレランシューズでは最高でした。

【フィット感】


まず足へのフィット感が素晴らしく靴擦れなど起こりませんでした。コース上には所々雨水か湧水をたっぷり含んだドロドロの箇所がありましたが、避けようがないのでそのまま通過しましたが、水が入りにくいアッパー素材なのと、アールエルの五本指メリノウールソックスを履いていたことから、足の皮膚が濡れて冷たいという感覚はレース中ありませんでした。

足指や足裏の皮膚を痛めるとレース中に辛いだけではなく、痛みをかばうことから身体のあちこちが痛くなり回復に時間がかかりますか、今日身体で痛いのは尻と太もも周りですから、普通に歩けます。

【グリップ】


大して走ってないのもありますが、バランスを崩し手をついたのは斑尾山下りの木の根に引っかかったのを含めて数回でウェアはあまり汚れませんでした。スリッピーな箇所もありましたが安心して下ることが出来ました。グリップはソールだけで決まるわけではなく、上で書いたフィット感が良いことも理由です。

トレイルの下りが得意ではないレベルの私でも安心して走れるシューズです。

<スポンサーリンク>


【保護性能】


ワラーチで指などを露出して走ってる方を見ると、私には怖くて出来ないなーと思いますが、今回も木の根や岩に足を引き上げる際につま先を何回かぶつけました。もちろん痛いのだけど、画像のようにトゥーガードがしっかりしてるから数分我慢すれば忘れる痛みですみました。そのような保護性能のしっかりしたトレランシューズは他メーカーにもサロモンにもありますが、このシューズの良いところは、保護性能が高いのに軽くてアッパーも硬くないのです。

【耐久性】


SALOMONシューズの中でもS/LABシリーズは性能は良いけど耐久性が弱いと言われていますが、このシューズに関してはそんなことはないと思います。

このシューズでガレガレの林道を100km走るONTAKE100に続き、今回102kmを走りましたが画像のとおりさほど痛んでる様子はありません。

レース終盤は雨が降ったりゲレンデの濡れた草の中を走ったので多少泥は落ちていましたが、こんな感じでした。


今朝洗ったら上記画像のようにかなり綺麗になりました。

アウトソールに関しては左足の外側が摩耗していますが、その他の部分はまだまだ残っています。


アッパーの痛みもほとんどなく、かなり耐久性が高いことが100kmを2回走って確認出来ました。

<スポンサーリンク>


【オススメするランナー】

本来S/LAB シリーズはエリートランナー向けのシューズですが、このSENSE ULTRAはソールの厚みもそこそこあり接地感はさほど硬くはなく、走力の高いランナーでなくても使えます。足入れしてフィット感が素晴らしいと感じた方は買って間違いないと思います。ネックは価格が23,760円と少し高い点と、人気モデルなので品薄な点です。

【サイズ感】

サイズ感はランニングシューズと同じで良いと思います。ロードモデルのS/LAB  SONIC  PROや、SONIC PRO2、そして男女別ラインナップのトレランシューズの場合だと、半サイズ下でないと大きいと感じましたが、このモデルはアディゼロシリーズと同じサイズである25.5cmを履いています。もちろん足の形は人それぞれですからショップで履いてから購入してください。

しかし、このシューズを履いてるランナーは男女問わずONTAKEにも信越五岳にもかなりいました。それだけ多くのランナーの支持を集めたバランスの良いシューズです。

ウルトラプロジェクトメンバーにも、私が知る限りで4人くらいから買ったという話を聞きました。

ショップで足入れするチャンスがあれば試してみてください。ただ欲しくなっても知りません。。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA