Suunto  Spartanシリーズのバッテリーが大幅改善〜140時間稼働も〜

Suunto  のFacebookページに気になる情報を発見しました。

新商品も気になりますがもっと気になることです。

(画像はSuuntoのページより)
<スポンサーリンク>


Spartanシリーズの全モデルを対象に、睡眠分析機能、ルートナビゲーションの改善、日の出/日の入り時刻表示、スキー向け機能を導入するためのソフトウェアアップデートが提供されます。

 

睡眠分析機能は今月発売したトレーナーについていますがまだ使っていないし、ルートナビゲーション自体もほとんど使っていない。スキーなんて20年以上やってない。

たいしたアップデートではないな。と文章を流し読みしていくと、サラっと大変なことが書いてありました。

バッテリーが改善され、長時間のバッテリー駆動が可能なSpartanウオッチはアウトドアアドベンチャーに最適なアウトドアウォッチです。主力モデルであるSuunto Spartan Ultraでは、最大35時間というバッテリー持続により正確なGPSトラッキング(GPS補正レート1秒、パワーセーブオプション)を提供。また、GPS補正レートを1分に調整してGPSトラッキングを使用する場合、省電力オプションでバッテリーは最大140時間の持続し、長時間のハイキングを楽しむことができます。

 

左がウルトラで、右がトレーナーです。

<スポンサーリンク>


従来ウルトラのバッテリー稼働時間はこんな感じでした。ただ設定を意識してもここまでは持ちません。

BEST(GPS補正レート1秒)

18時間

GOOD(GPS補正レート1秒パワーセーブ)

26時間

OK(GPS補正レートを1分)

65時間

 

ちなみにガーミン ForAthlete 935は

スントでいうBESTかGOODのGPS補正レート1秒だと最大21時間で、OK相当のUltraTrakモードは最大44時間ですから、1秒補正なら同じくらいで1分補正ならスパルタンウルトラが1.5倍長く使えるけど、ほぼ同程度でした。

それがスパルタンウルトラ比較でこう変わるのです。

BEST    18時間→変わらずか?

GOOD    26時間→35時間

OK    65時間→140時間

GOODモードは毎秒補正ですから、かなり精度が高いのでBESTにする必要性をさほど感じませんが、これで35時間も魅力ですが、OKモードなら140時間と驚愕の長時間稼働です。精度は落ちますが川の道や萩往還、津軽など走るランナー、そして山を縦走するような登山者にも最適です。

しかし、ハードを変えずにこんなに変わるのはおどろきですが、費用が発生しないで素晴らしい機器に変わるのはユーザーにとって歓迎すべきことでしょう。

<スポンサーリンク>


また、Spartan Ultraと同様に、Spartanファミリーの全ウオッチでバッテリー持続時間が延びています:

• Spartan Sport

GPS補正レート1秒、パワーセーブ  25時間

GPS補正レート1分    80時間
• Spartan Sport Wrist HR

GPS補正レート1秒、パワーセーブ 20時間

GPS補正レート1分 40時間
• Spartan Trainer Wrist HR

GPS補正レート1秒、パワーセーブ 16時間

GPS補正レート1分 30時間

 

Spartan Ultraは少し金額が高いので、躊躇する方が多いと思いますが、Trainerはその1/3の3万円台です。毎秒補正で16時間持つので100kmレースでも使えるのは魅力です。

以前、スントスパルタンシリーズのレース中のバッテリー切れを防ぐ簡単な方法  という記事を書きましたが、Spartan Ultraを使う限りはその対策も不要かもしれません。

また私は10年近くガーミンユーザーで、スントを使い始めてまだ半年足らずですが、ウルトラプロジェクトメンバーにどちらが良いのですかと聞かれると、操作性など慣れの問題もあるけど、フルマラソンの練習などでランニングダイナミクスなどを活用したいのであれば、ガーミン・フォーアスリート935が良い。トレイルなどアップダウンのある場所も走る方であればスント・スパルタン・ウルトラが良いとしつつも、デザインを含めて愛着のモテる方を選んだら良いと話していました。

しかし今回のアップデート通りのバッテリー稼働時間を保てるのであれば、ウルトラマラソンを走るランナーならスント・スパルタン・ウルトラを薦めます。設定により稼働時間は大きく変わりますが、私の過去の経験からメーカー公表数値の半分くらいしか持たずレース中にバッテリー切れを起こしたこと度々ですが、仮に半分だとしても、スパルタン・ウルトラのGOODモード(毎秒計測パワーセーブ)は17.5時間使えるのです。実際スパルタンシリーズを使っていて、バックライト常時オンにしていても半分くらいは使えているので、ボタンを押した時のみバックライトを明るくするなら7-8割は安心して使えるでしょう。そうすると24時間以上です。

アップデートは10月17日予定です。



フォーム改善には自分を俯瞰し考えること 〜千本ノック以外にも方法はあります〜 その3

<スポンサーリンク>


H.Fさん(女性)

【Before】

【After】

私の課題は、「腕振り」と「肩の力を抜くこと」です。スピードをあげるとどうしても脇が開いてしまいます。また、今まで肩に力が入らずに走れていると思っていました。
ですが、「肘を後ろに引くイメージ」で腕振りをすると、スピードを上げても脇は開かず、腕振りがとても楽で走りやすかったため、実際は肩に力が入っていたことがわかりました。肩甲骨と骨盤は連動できていたみたいなので、練習前の基礎トレーニングとして取り入れ、意識しながら走ることで更に走りやすいフォームを見つけていきたいと思います。

【注釈】

肩甲骨の動きと骨盤の動きが連動した綺麗なフォームで走るFさんですが、今回は腕振りに関して意識して練習しました。Fさんについてではありませんが、腕振りすると脚がでると一生懸命腕を振るからもいますが、肩甲骨が動かないような腕振りをしても骨盤は動かず脚は出ません。

<スポンサーリンク>


M.Wさん(女性)

【Before】

【After】

苦手の坂トレでしたが、体重をのせて踏む感覚で、無理に大きなストライドをとらないことを意識したところ走っている最中の苦しさが少し減ったように思います。
トラックでは、肘を意識しましたが、うまく引けたときには肩甲骨が動く感覚がありました。
やはり肩が上がりやすい、力む癖があるので、拳を握らないようにも気を付けました。
走行中に指導を受け、腰を普段より押し出すイメージで走りましたが、足への負担が軽く感じました。夜、個人で練習をする際に同じ事を意識して走りましたが、4分半ペースでのインターバル(300㍍)は楽にできました。

【注釈】

Wさんは肩に力が入り前のめり気味のフォームになりやすいのですが2枚目の画像のように下腹部を前にだす(本人は腰を押し出すと表現)ことを意識したら安定感出て来ました。このフォームを保つには体幹部が強くする必要が出てくるので、トレーニングの必要性は感じることができます。

<スポンサーリンク>



体型や骨格、筋肉量などにより走りやすいフォームは変わります。このフォームでなければいけないというものもありません。ただ今より楽に同じペースで走れるようになれたら良いですね。

そのような観点からフォームを見直していったらいかがでしょう。ウルトラプロジェクトメンバーが伸びている要因の一つとしてフォーム改善がありますが、それ以上に大きな要因は自分がどう走っているかを俯瞰して、どのように走れば効率的なのか?を自ら感じ考える力が付いて来ているからです。

フォームを定着させるためには、長い時間走りこむことが大事だと言われていますが、思うように練習時間を確保できない市民ランナーが長期間、毎日数時間走ることは困難です。でも自分の動きを俯瞰し、どのように動けば良いのかを言葉にすることは短時間でできます。自分で考え発した言葉は忘れず定着します。走るたびにそれを思い出せばフォームは定着します。

英単語や法律を覚えるために闇雲に数千回同じ単語や条文を書き続ける以外にも方法があるのと同じでしょう。

アプローチは様々です。

自分の置かれた環境によりアプローチは変わったり選択肢は増減しますが、自分の信じたアプローチを試したら良いと思います。

あと大事なことは、自分自身がどう走りたいか?です。指導する立場の方がこう走れば良いと思っても本人の価値観と違えば押し付けになりますし納得感のないことは身につきません。(ランニングに限りませんが・・・。)

私がパーソナルでも意識しているのは、その方はどんな風に走りたいと思っているのかを、私自身がイメージし本人とイメージを共有していきます。会話をしたり実際に動いたりする中で、お互いのギャップを埋めていき、その方がなりたいフォームに近付くにはどこを意識したら良いのか、どのようなトレーニングをしたら良いのかを考えます。

本人もなりたい自分に近づいていくのを実際の動画で見ていけば定着しやすいです。グループ練習の午後練ではここまではできませんが、可能な範囲でメンバー一人一人が何か気づけるような場にしています。

ウルトラプロジェクト練習会についてはこちらをご参照ください。体験参加や入会などお問い合わせはFacebookページのメッセージにてご連絡ください。



フォーム改善には自分を俯瞰し考えること 〜千本ノック以外にも方法はあります〜 その2

 

<スポンサーリンク>


T.Mさん(男性)

【Before】

【After】

きょうはひさびさの午後練でしたが、最初に走ったときの動画でフォームを見てみると、以前から気になっている体の後傾が見られました。

今日の練習を通して

・腕振り
・坂では地面についているほうの足に体重をのせる
・ひざを上げるというより前へ出す

という点を意識し、最後の1km2本でも腕振りを意識して走ったら楽に走れ、後傾も見られませんでした今夜の夜練でも特に腕振りを意識して走ったところ、5kmで徐々にペースを上げてもけっこう楽に走ることができました。

【注釈】

After画像を見るとまだ慣れていないので少し硬さはありますが、腕振りを変えるだけでこんなに変わります。腕振りを小さくしたり低い位置にすることが悪いとは言いませんが、後傾しやすいランナーは変えた方が良いです。意識をした後のMさんの走りを見たら気持ちよくスムーズに走れていました。

<スポンサーリンク>


Y.Wさん(女性)

【Before】

【After】

私の場合は改善点がありすぎ&それぞれの解決策をまだ身体で理解できていないという状況ですが、まずは2点に集中していきます。

1. 腰がくの字に曲がる癖
決して意識していないわけではないのですが、今日も相変わらずでした。この癖が残っている限りはどんなに頑張って膝を前に出そうとしても可動域が制限されてしまうことになると感じています。この癖自体は日常生活でも出ているものなので、ランニング以外の時でも下腹部を前に出す(ただし胸は出さないように注意)ことを継続的に意識して、ちょうどいい姿勢をつかんでいきたいです。

2. 着地
坂道ではある程度地面を押す感覚はありましたが、トラックでは正直うまく地面を押せていなかった結果、過度な上下動につながっていたように感じます。そもそも足の重心を均一にかけようとしても特に外側に重心をかけることができないという問題もあるので、バランストレーニングや衰えている足指の筋力強化を行うとともに、ランニング時は着地後に蹴らずに地面を押すように注意していきます。

【注釈】

Wさんの前へ前へ進むような走りは良いのですが、腰が落ちていることから沈み込みが大きくなり、脚力はありますが、レース中盤以降はキツくなってしまいます。本人は色々改善点がありすぎと話していますが、今回は腰が落ちないようにという伝え方ではなく、下腹部を前に持っていく意識で走ってもらいました。

<スポンサーリンク>


Y.Nさん(女性)

【Before】


【After】

【最初】以前見たフォームと変わらず全体的に低重心で、体幹の前傾が乏しい印象でした。

【練習中】胸を張ることで低重心はやや改善して、肘を上下に振ることで左右動揺は軽減されました。
坂ダッシュでは肩甲帯と骨盤が上手く連動すると前に進む感覚がわかり、その後の1000mはいつもより前に乗る感覚があり楽でした。

片足立ちは明らかに右足に乗り辛く、普段から長距離になると右足・膝が痛み出すことが多かったです。

【今後の課題】

①右足に乗りやすくなるように体幹・股関節周囲筋の強化と協調性の向上を図る。
②腰が反りやすいため普段の姿勢から気を付けるようにする。

【注釈】

画像で見ると意識したことが分かります。走力が付いているので秋のレースが楽しみです。この画像では左右のブレは分かりませんが本人は体感できたようです。

 



フォーム改善には自分を俯瞰し考えること 〜千本ノック以外にも方法はあります〜 その1

で9月20日のウルトラプロジェクト午後練について紹介しましたが、参加したメンバーはこのような気づきがありました。

<スポンサーリンク>


練習中にも言葉にしてもらっていますが、自分がどのように動いているかを俯瞰することはフォーム改善には必要なことです。

何となくイメージは出来ていても、自分の言葉に出来ないレベルでは時間の経過によりイメージはズレていきます。他のメンバーがその言葉を聞いてイメージできる言葉にしようと考えることで定着は計られます。またその言葉を聞いて本人が本当に理解しているかどうかの確認をすることが出来ます。

練習中に撮影した動画のキャプチャーを練習スタート時と練習後半で並べてみました。もともとフォームの定着しているメンバーはほとんど変化がないのと、動画で動きを見ると明らかに違うのだけどカット画像だとほとんど差異がないケースもあります。例えば胸の位置を1cm前に持っていくだけで推進力が変わることがありますが、これはカット画像で見ても分からないレベルでしょう。

<スポンサーリンク>


M.Hさん(男性)

【Before】

【After】

午後練初参加、自分の走る姿を見る機会が無かったので、フォームを見直す良い切っ掛けとなりました。普段の練習から意識をしていこうと思います。

【気付き】
・体が後傾し、着地時に胸と頭が着地点より後ろにある
・後傾していることにより一歩一歩ブレーキの掛かるフォームになっている

【意識すること】
・骨盤を前傾させ、胸を張る
・直立した状態から体を前に倒し、自然と一歩目が出る感覚
・坂を使い着地した足に体(体重)が乗る感覚(後傾してると無駄な力が必要)
・膝を上げるのではなく前に出す感覚(膝を前に出すことで、体の真下で着地できる)

【注釈】

午後練初参加のHさんは走力がありスムーズな動きですが、少し後傾しやすく接地時に少しブレーキがかかるように感じました。ペースの速い時は接地に上体が追いついてくるので大丈夫ですが、ペースが落ちると上体が間に合わずにブレーキにより体が沈み込みます。その動きに関しては本人は全く自覚がなかったようで動画を見て驚いていました。

<スポンサーリンク>


H.Tさん(女性)

【Before】

【After】

坂道で意識していたのは、足は上げるのではなく体が前に進む時の自然な高さです。
着地の時体が起き上がらず後傾しないように地面を押す。
肩甲骨から腕を振るです。ずっと着地がずれている感覚があったのですが、坂道ダッシュの後jogで織田フィールドまで戻る時、無理なくスムーズな着地と押す感覚で走る事ができました。(忘れないように調子を見て坂道練習します)

【注釈】

Tさんは走力のあるトライアスリートですが、Hさん同様、後傾しやすく沈み込みが大きくせっかくの走力を活かしきれていませんでした。上体が乗る感覚を掴むことができればもっと楽に走れます。

&nbsp