フルマラソン参加ランナー応援企画 〜アスリチューン購入特典スタートします〜

10月末からフルマラソンシーズンが本格化しましたが、11月はつくばマラソンや大田原マラソン、大阪マラソンなどが開催されます。

そこでレース中に使いやすいと好評を得ているアスリチューンを11月の全てのフルマラソンおよび12月のNAHAマラソンと湘南国際マラソンのフルマラソンの部にエントリーしているランナー限定で少しお得に購入できるようメーカーとすり合わせを行いました。

アスリチューンはIAU24時間世界大会優勝の石川選手や、サロマ湖100kmウルトラマラソンで、世界記録に45秒に迫る走りをした板垣選手など使用しているゼリー状のサプリメントで、過酷な状況でなっても飲みやすいと好評を得ています。

先月からエナジージェルのポケットエナジーにオレンジ味が追加されましたが、従来のグレープ味と併用できることから飽きずに飲めると好評です。

<スポンサーリンク>


企画内容

期間

2017年11月1日〜2017年11月30日 23:59

対象者

11月開催のフルマラソンに参加するランナーおよび12月の福岡国際マラソン、NAHAマラソン、湘南国際マラソンのフルマラソンの部に参加するランナー

特典

購入セット数によりポケットエナジー・・オレンジ味がプレゼントされます。

10本セット(2,400円)→1本プレゼント(単価218円)

20本セット(4,800円)→2本プレゼント(単価218円)

30本セット(6,300円)→3本プレゼント(単価191円)

50本セット(10,000円)→5本プレゼント(単価182円)

*単価182円から218円と非常に安いですが、性能はサポートランナー以外のトップウルトラランナーやトップトレイルランナーが購入しているくらいパフォーマンスの高いスポーツサプリメントです。

ポケットエナジー(エナジージェル)だけで20個、30個と考えずに、持久力を向上させるための効果があると言われているイミダペプチドを配合したエナゲインや、素早いリカバリーを狙ったスピードキュアを10本づつ購入すれば30本になります。

1回のレースでの使用量は体型や走力により大きく変わりますが、私はポケットエナジーをスタート直前の摂取を含めて4−5個とります。また同様にエナゲインを2−3個とり、スピードキュアをレース前日とレース後に取ります。したがって白・黒・赤・青それぞれ5個入ったセットを購入すれば2−3レース使えます。

 全部お試しセット      は4,800円ですが合わせて22個になるので単価218円となります。家族やお友達と購入するのであれば30個セットや50個セットがオススメです。

 

<スポンサーリンク>


特典を受けるため

注文画面の自由記入欄に下記事項を記載ください。

「参加フルマラソン大会名  ゼッケン番号  NO.◯」

メーカー公式販売サイトはこちらです。

 

アスリチューン販売サイト

また、アスリチューンの使い方などはこちらをご参照ください。

この機会にまとめ買い、もしくは友人とシェアして使ってください。

注意事項

継続サポートなどその他の特典との併用はできません。

<スポンサーリンク>




神宮外苑24時間走参加ランナー限定 アスリチューン購入特典

11月11-12日に開催される神宮外苑24時間チャレンジの参加メンバー限定でアスリチューンを少しお得に購入できるようメーカーの承諾をとりました。

アスリチューンはIAU24時間世界大会優勝の石川選手や、サロマ湖100kmウルトラマラソンで、世界記録に45秒に迫る走りをした板垣選手など使用しているゼリー状のサプリメントです。

先月からエナジージェルのポケットエナジーにオレンジ味が追加され非常に好評です。

<スポンサーリンク>


企画内容

期間

2017年10月31日〜2017年11月8日 23:59

対象者

神宮外苑24時間チャレンジに参加するランナー

特典

購入セット数によりポケットエナジー・・オレンジ味がプレゼントされます。

10本セット(2,400円)→1本プレゼント(単価218円)

20本セット(4,800円)→2本プレゼント(単価218円)

30本セット(6,300円)→3本プレゼント(単価191円)

50本セット(10,000円)→5本プレゼント(単価182円)

*単価182円から218円と非常に安いですが、性能はサポートランナー以外のトップウルトラランナーやトップトレイルランナーが購入しているくらいパフォーマンスの高いスポーツサプリメントです。

ポケットエナジー(エナジージェル)だけで20個、30個と考えずに、持久力を向上させるための効果があると言われているイミダペプチドを配合したエナゲインや、素早いリカバリーを狙ったスピードキュアを10本づつ購入すれば30本になります。

神宮外苑で使用するのであればこちらが内容がオススメです。
ポケットエナジー グレープ味 (黒) 10個
ポケットエナジー オレンジ味 (白) 10個
エナゲイン(赤)  5個
スピードキュア(青) 5個

おまけでオレンジ味が3個つくのでエナジージェルが23個になります。

<スポンサーリンク>


特典を受けるため

注文画面の自由記入欄に下記事項を記載ください。

「神宮外苑24時間チャレンジ参加  ゼッケン番号  NO.◯」

メーカー公式販売サイトはこちらです。

 

アスリチューン販売サイト

また、アスリチューンの使い方などはこちらをご参照ください。

この機会にまとめ買い、もしくは友人とシェアして使ってください。

注意事項

継続サポートなどその他の特典との併用はできません。

<スポンサーリンク>




ウルプロメンバー フォーム改善をきっかけにサブ3達成

週末の水戸黄門漫遊マラソンにおいて、8月にウルトラプロジェクトに入会した早船さんが長年目標にしていたサブ3を達成しました。おめでとうございます。

入会前のタイム

3時間07分45秒(2016年3月 古河はなももマラソン)

<スポンサーリンク>


ゴールタイム

2:58:27(ハーフ通過 1:28:31)

5kmごとラップタイム

ロス 00:25

21:00-20:45-20:45-20:58

20:56-20:50-21:13-21:46-09:49

【レース展開】

今回絶対にサブ3すると言う気持ちでスタートに立ちました。 サブ3達成のため、4:10/kmでスタートしました。骨盤を立てること、自分の真下に足を着くこと、腕振りは肘を引くことを意識して走りました。心肺や呼吸もキツくなく楽に走れている感覚でした。コース中、細かなアップダウンがありましたが、下りで肩の力を抜くなどリラックスして走れました。 20km過ぎから周りのペースが落ちてきたので、前の人を一人ずつ抜いていく意識で走りました。 35kmくらいから足が重くなり、腰が落ちて来ている感覚があったので、腕振りをと骨盤を前傾させる意識を強く持つことでペースダウンを最小限に抑えられたと思います。 41kmからの激坂は本当にキツかったですが、何とか粘り無事にサブ3を達成出来ました。

【サブ3した時の気持ち】

実感はあまりないですが、やっと達成出来たという感覚です。

【午後練での気づき】

自分の走る姿を見る機会が無かったので、体が後傾していることに驚きました。午後練参加後は、普段の練習前にも「直立した状態から体を前に倒し、自然と一歩目を出し走り出す」練習を何本か行い前傾を意識しました。

<スポンサーリンク>


こちらはその時の振り返り記事です。

フォーム改善には自分を俯瞰し考えること 〜千本ノック以外にも方法はあります〜 その2

早船さんの振り返りを抜粋します。

午後練初参加、自分の走る姿を見る機会が無かったので、フォームを見直す良い切っ掛けとなりました。普段の練習から意識をしていこうと思います。

【気付き】
・体が後傾し、着地時に胸と頭が着地点より後ろにある
・後傾していることにより一歩一歩ブレーキの掛かるフォームになっている

【意識すること】
・骨盤を前傾させ、胸を張る
・直立した状態から体を前に倒し、自然と一歩目が出る感覚
・坂を使い着地した足に体(体重)が乗る感覚(後傾してると無駄な力が必要)
・膝を上げるのではなく前に出す感覚(膝を前に出すことで、体の真下で着地できる)

【注釈】

午後練初参加の早船さんは走力がありスムーズな動きですが、少し後傾しやすく接地時に少しブレーキがかかるように感じました。ペースの速い時は接地に上体が追いついてくるので大丈夫ですが、ペースが落ちると上体が間に合わずにブレーキにより体が沈み込みます。その動きに関しては本人は全く自覚がなかったようで動画を見て驚いていました。

<スポンサーリンク>


早船さんはサブ3したいと入会し、練習会を通りして自分に足りない部分を補正して目標達成しました。ウルトラプロジェクトの特に午後練は身体も使ってもらいますが、それ以上に頭も使ってもらいます。フォームなど教えるのではなく基本は気づいてもらい、どうしたら良いかを考えてもらいます。

その理由はその方が定着するです。本人が納得しないまま何となく言われた通りに動いたら動けたというのは再現性がありません。また練習会後にも自分の言葉で気づきなどをグループページにコメントしてもらっています。その時の内容が上記ですが、今回の大会中の走りにも生かされていました。

まだまだ伸びていくメンバーです。

ウルトラプロジェクトは、ウルトラマラソンなど長い距離を走るために入会するメンバー以外に、トレイルで速くなるためにロードでの走力アップを目指す方、サブ3やサブ4などフルマラソンの目標達成のために頑張っている方など様々な価値観を持ったメンバーの集まりです。

入会じフルマラソン5時間台のメンバーもいますので、決してハードルの高いクラブではありません。

11月練習会日程やメニューはこちらです。

体験参加も可能ですのでFacebookページのメッセージにてお問い合わせください。



チャレンジsub3.5メンバーの現在のタイムと参加大会一覧

ウルトラプロジェクト チャレンジsub3.5メンバーの自己ベストおよび参加予定大会はこちらです。

プロジェクトメンバーになった時点での持ちタイムはさまざまですし、そのタイムを出した年もさまざまです。置かれた環境もさまざまです。3月まで期間は長いようで短いです。チャレンジをストレスに感じることなく成長していく自分を楽しみながら頑張ってください。
<スポンサーリンク>


自己ベスト(プロジェクトスタート時)

  • ガッキー 3時間34分04秒(2017年 北海道)
  • マキ   3時間35分32秒(2013年 東京)
  • しの   3時間36分36秒(2016年 名古屋)
  • ともみ  3時間37分55秒(2011年 湘南国際)
  • ゆうこ  3時間38分25秒(2017年 古河はなもも)
  • アキ   3時間40分10秒(2017年 古河はなもも)
  • トモ   3時間42分56秒(2017年 勝田全国)
  • ひろの  3時間46分08秒(2017年 名古屋)
  • かみかみ 3時間47分11秒(2016年 さいたま国際)
  • まっきー 3時間48分13秒(2017年 名古屋)
  • あかね  4時間11分09秒(2016年 水戸黄門)
  • やっこ  4時間22分16秒(2017年 松本)
  • なわこ  初フルマラソン

<スポンサーリンク>


エントリー大会一覧

2017.10.29  水戸黄門漫遊マラソン

あかね     3時間37分05秒(PB)
やっこ     4時間06分33秒(PB)

2017.10.29  横浜マラソン

ガッキー    大会中止

2017.11.12  さいたま国際マラソン

かみかみ

2017.11.12  岡山マラソン

ガッキー

2017.11.23  大田原マラソン

しの
ゆうこ
ともみ
トモ

2017.11.26  つくばマラソン

まっきー
アキ

2017.11.26  大阪マラソン

ひろの
やっこ
マキ

2017.12.3  湘南国際マラソン

ともみ

2018.1.28  勝田全国マラソン

ひろの
ゆうこ
アキ
なわこ
あかね
トモ

2018.2.25  東京マラソン

やっこ

2018.3.11  名古屋ウィメンズマラソン

しの
ひろの
まっきー
マキ
トモ

2018.3.11  古河はなももマラソン

かみかみ
アキ
あかね

<スポンサーリンク>


チャレンジsub3.5のFacebookページ作りました。フォローお願いします。

チャレンジsub3.5の練習会にはウルトラプロジェクトメンバーであれば参加できます。

体験参加や入会などお問い合わせはこちらのFacebookページのメッセージにてお願いします。

 



チャレンジsub3.5メンバー紹介 その7

sub3.5にチャレンジするメンバーを順次紹介します。

<スポンサーリンク>


 

しの

自己ベスト

3時間36分36秒(2016年3月名古屋ウイメンズマラソン)

直近2年間のタイム

3時間36分36秒(2016年3月名古屋ウイメンズマラソン)

出場大会予定

2017.11 大田原マラソン
2018.3 名古屋ウィメンズマラソン

メッセージ

走り始めてから毎年PB更新をしてきたので、タイムにこだわり過ぎて(sub3.5)昨年は故障続きでした。ウルトラプロジェクト、チャレンジsub3.5に入会して、目的を持った計画的かつ効果的な練習を積んで、故障しない体力と走力を身につけて3月の名古屋ウィメンズでsub3.5を達成させたいと思います!

<スポンサーリンク>


チャレンジsub3.5のFacebookページ作りました。フォローお願いします。

チャレンジsub3.5の練習会にはウルトラプロジェクトメンバーであれば参加できます。

体験参加や入会などお問い合わせはこちらのFacebookページのメッセージにてお願いします。

 



横浜マラソン中止、水戸黄門漫遊マラソン開催、しまだ大井川マラソン開催予定(明朝判断)

季節外れの台風により、明日開催のマラソン大会に大きな影響を与えています。

Yahoo!天気によるとまず直撃は避けられない感じですが、スピードは気象予報士でも読めないのだから素人の私に分かるわけがありません。

以下の天気図などは、Yahoo!天気の予報のキャプチャーです。

現時点の予想進路だと明日15時くらいに紀伊半島の下あたりに来そうです。

<スポンサーリンク>


明日夕方までの雨量予想です。

明日は横浜マラソン、水戸黄門漫遊マラソン、しまだ大井川マラソンなど太平洋側の大会とともに、富山マラソンや金沢マラソンなど日本海側の大会が開催されますが、富山と金沢は太平洋側よりは雨量が少なめです。

大会主催者は参加者やボランティアスタッフの安全を第一に考えて開催するのは言うまでもありません。

ただ気温が高い時期に開催された大会は常に熱中症リスクはありますし、アウトドアスポーツである以上、リスクをゼロにすることは出来ません。イベント開催の意味とリスクのバランスをとる必要があります。

今回それぞれの主催者は季節ハズレの台風に頭を悩まされた上で、最適の判断をしたのだと思います。

参加するランナーは、走りたい気持ちで一杯でしょうが、万が一台風によりたくさんのランナーが犠牲になるような事故が起これば主催者の可否判断の責任が問われます。

Yahoo!天気によると明日9時からの1時間ごとの推移です。

<スポンサーリンク>


島田大井川マラソンは開催予定で明朝に河川増水など危険があれば中止

横浜マラソンは、エキスポ開催中の夕方に中止を決定。

水戸黄門漫遊マラソンは開催決定

台風の進路から考えれば水戸黄門開催、横浜中止であれば、しまだ大井川は中止だと思いますが、そこに主催者の判断がいろいろあるようです。

大規模イベントですから、開催までにいろいろ準備が必要であり主催者はやりたいし、参加者だってできるものなら走りたい。

また、中止決定のタイミングについても、いろいろ意見が出ています。多いのはもっと早くに中止を決定して欲しかった。というものです。

確かに北海道や九州から来る方もいますから、直前になって、中止になっても、飛行機、ホテルなどキャンセルできないし、今回の横浜中止決定のタイミングでは遠隔地の方はもう着いていると思います。

でも、大会が中止になっても参加費は戻らないのですから、早めに開催可否を決定して欲しいと思っている方は、中止の可能性があるなら自主的にDNSを決めてホテルなどキャンセルしたらよいのではないでしょうか。そして別の予定を立てたら良いのです。

大会参加費は基本返還されません。コンサートなどは悪天候による中止は払い戻しがあるようですから、ここは主催者も検討していく必要があると思います。損害保険会社の興行中止保険や天候デリバティブなど活用すれば、参加費の一部返却なども可能です。

この話は別に書くとして、参加費は返還されないという前提であれば、主催者は中止判断に至らないような天気に変わる可能性があるなら、ギリギリまで判断を保留すべきだと思います。そこまで待てないと思うランナーは自主的にDNSしたら良いのです。

東日本大震災の前のことですが、現在の板橋マラソンが荒川マラソンだった頃、朝5時頃中止が発表になりましたが、その前にお餅をたくさん食べてしまったから走らねばならないと皇居で42km走りました。風もなく晴れていたのでなぜ中止にするんだ。。という記憶があります。そのくらい天気は変わりますし予報は外れることもあります。(実際は前日に準備したテントなど飛んでしまってとても開催できる状況ではなかったようです。)

<スポンサーリンク>


以上はランナー目線での考えですが、主催者目線に立つと、特に行政が関わっている以上、責任問題になるような状況では開催はできないでしょう。

仮に

しまだ大井川や、手賀沼、水戸黄門が開催され、悪天候により不幸な事故が起こったら、横浜は中止決定していることから、特に台風の影響が大きいしまだ大井川の主催者は批判にさらされる可能性はあります。

逆に台風の勢力が朝方に急速に弱まり、しまだ大井川などなんら問題なく開催でき、横浜も問題ない状況になったらどうでしょう。

これらは主催者にとって非常に頭の痛いことだと思います。

結局、どのような基準に基づいて開催可否を決めるかを数値化できるもの(事前に決めた時点と地点の風速や雨量などや、警報・注意報)で、事前に参加者に知らしめておけば良いのではないかと思います。

明日がどのような天気になるかは分かりませんが、開催を決めた手賀沼ハーフマラソン含めて、各主催者の判断を聞いてみたいところです。なぜ中止を決めたのか?なぜ開催を決めたのか?中止を決めた大会はどの基準であれば開催したか?開催を決めた大会はどの基準であれば中止にしたか?

それを公開することで、ランナーにも主催者にもあるモヤッとしたものが少しななくなってくると思います。

先週開催したウルトラアカデミーは室内での講義とともに、外でのランニングも計画していましたが、前々日に井上真悟さんと、悪天候時の対応を打ち合わせました。

その結果、昼12時時点で警報発令がなくても、1時間の雨量が4mm以上であれば室内で講義をすることにし、参加者に連絡しました。そして室内で行うかもしれない講義の内容も急遽打ち合わせました。

結果、土曜日は小雨だったので予定通りでしたが、日曜日は会議室で、講師三人によるトレーニングやストレッチ、フォーム改善などの講義を行い参加者にも満足してもらえました。

大規模イベントと小規模イベントの違いはありますが、雨量や風速の予報など明確な数値でデジタルに決めるなど事前に公表しておけばモヤモヤしたものはなくなると思います。

事前に中止になるトリガー(引き金)を決めておくのは、損害保険会社が販売している天候デリバティブの最も重要なことです。

さて、私は現在水戸黄門漫遊マラソンに出るべく前泊してますが、神宮外苑24時間走の2週間前であることと、体調が万全でないことから、明朝の天気と身体の状況で走るかどうかを決めます。

仮に身体が絶好調であったとしても、天候悪化により中止になったら仕方がないと思ってます。それが主催者が決めたことですから。

悪天候は参加者だけではなく、ボランティアなども大変ですから。

手賀沼ハーフや、金沢、富山を含めて走られる方、体調に気をつけてください。まだシーズンインしたばかりです。



チャレンジSUB3.5メンバー紹介 その6

sub3.5にチャレンジするメンバーを順次紹介します。

<スポンサーリンク>


ゆうこ

自己ベスト

3時間38分25秒(2017年3月古河はなももマラソン)

直近2年間のタイム

3時間38分25秒(2017年3月古河はなももマラソン)

出場大会予定

2017.11 大田原マラソン
2018.1 勝田全国マラソン

メッセージ

SUB3.5チャレンジ募集を見て9月下旬から参加させて頂きました!スピードもなければ持久力もなく不安要素いっぱいですが、レースでは笑顔で走りきれるようみなさんと一緒に3月までがんばっていきたいと思います!!

<スポンサーリンク>


まっきー

自己ベスト

3時間48分13秒(2017年3月名古屋ウィメンズマラソン)

直近2年間のタイム

3時間48分13秒(2017年3月名古屋ウィメンズマラソン)

出場大会予定

2017.11 つくばマラソン
2018.3    名古屋ウィメンズマラソン

メッセージ

昨シーズンは、タイムではなくダイエットを目的に、質より量で走り込んだ結果、今年の名古屋ウィメンズで、自己ベストを1時間12分更新出来ました。今までは、そこまでタイムを狙っていなかったのですが、今シーズンはタイムにも少し欲が出てきてウルトラプロジェクトに入会しました。今シーズンは、質にもこだわって練習をしていきたいです。

<スポンサーリンク>


チャレンジsub3.5のFacebookページ作りました。フォローお願いします。

チャレンジsub3.5の練習会にはウルトラプロジェクトメンバーであれば参加できます。

体験参加や入会などお問い合わせはこちらのFacebookページのメッセージにてお願いします。

 



久々に晴れた中でのロングインターバル〜ATペースについて〜

11月11-12日に迫った神宮外苑24時間チャレンジ前の調整レースとして、週末水戸黄門マラソン走ります。

<スポンサーリンク>


フルマラソンに向けたATペースでの15-30km走などジワリきつくなってくる練習は全く出来ていませんが、インターバル走は出来ているので、キツくならない心拍数で押していきます。

24時間走のペースはキロ5を切ることはほぼないと思いますが、効率よく走れるフォームをレースの中でチェックしてきます。

少し天気が心配ですが気持ちよく走りたいです。

少し疲労が抜けていないので、今日は呼吸が乱れない範囲で2000m×3本+1000mをしました。

普段なら2000mを3’40/kmペースのグループで走りますが今日は4’00/kmのグループです。

友人の女性らと話していると、なにやら先頭に押しやられペーサーしました。。

最近スントスパルタンをアップロードし画面設定が初期画面になりましたが、再設定してないので初期設定のオートラップだったり、ラップタイム表示がなかったりで苦労しました。2本目からは通過タイムに200mごとに48秒自分で足して行く原始的な方法でペースを刻みました。

1’38-1’36-1’39-1’39-1’36    8’08    4’04/km

1’36-1’36-1’33-1’37-1’36    7’59    3’59/km

1’36-1’37-1’35-1’35-1’35    7’59    3’59/km

2本目、3本目は上げ下げもほとんどしないで走りました。

<スポンサーリンク>


最後の1000mはフリーですが、私は1周90秒の3’45で走ることにしました。

1’30-1’30-0’44″3    3’45

今日のペースだと呼吸は全く乱れず気持ちよく走れました。ただリズムをキープすれば走れる感覚です。

だいたいATトレーニングは5kmのタイムのペースの92.5%程度の負荷だと言われてますが、計算してみると、今現在の私は5km18分30秒くらいだと思います。あと10秒、20秒は上げることは出来ても今は18分は切れないでしょう。

18分30秒のペースは3’42/km

3’42÷92.5%=4’00/km

まさしくキロ4なのです。

だから私の場合はキロ4で走れる距離を伸ばしていく練習はかなり効果的です。

参考までに5kmのタイム別のATトレーニングのペース目安はこんな感じです。

19分→4’06/km

20分→4’19/km

21分→4’32/km

22分→4’45/km

23分→4’58/km

24分→5’11/km

このペースで60分間走などいかがでしょう。60分走れたら設定ペースを上げるのではなく、70分、80分と上げてみてください。余裕度が高まって行くと思います。

今日も練習前にアスリチューン・エナゲイン、練習後にアスリチューン・スピードキュアを飲みました。

ウルトラプロジェクト練習会に体験参加された方がまず驚くのは、練習前にエナゲインとスピードキュアを提供されることです。このような恵まれた環境を整えていただいているサポート企業にはホント感謝してます。

<スポンサーリンク>


ウルトラプロジェクトの11月練習会日程は決まってますが、練習メニューは明朝までにアップします。つくば、大田原、大阪に出るメンバーが多いので、そこに向けて上げていける設定など考えていきます。

昨日は、2人の方が体験参加しましたが、1人はレギュラーメンバーで入会済で、もう1人はビジターで入会予定です。なぜ体験参加者の入会率が高いかと言えば、ウルプロメンバーの人柄だと思います。

入会や体験参加のお問い合わせはFacebookページのメッセージにてご連絡ください。



チャレンジsub3.5メンバー紹介 その5

sub3.5にチャレンジするメンバーを順次紹介します。

<スポンサーリンク>


かみかみ

自己ベスト

3時間47分51秒(2016年11月さいたま国際マラソン)

直近2年間のタイム

3時間47分51秒(2016年11月さいたま国際マラソン)

出場大会予定

2017.12 さいたま国際マラソン
2018.3 古河はなももマラソン

メッセージ

フルタイム勤務の会社員です。
いままでは残業+走れない日々=タイムもやる気も下降気味でしたが、社内の働き方改革制度を利用して早朝出社→定時退社を励行し、徐々に練習時間を確保することが可能となり、この年齢ではありますがようやくやる気にスイッチが入りました。
じっくり、コツコツの晩成型ではありますが、進化する50代を証明できるよう日々努力します。

<スポンサーリンク>


ひろの

自己ベスト

3時間46分08秒(2017年3月名古屋ウィメンズマラソン)

直近2年間のタイム

3時間46分08秒(2017年3月名古屋ウィメンズマラソン)

出場大会予定

2017.11 大阪マラソン
2018.1    勝田全国マラソン
2018.3   名古屋ウィメンズマラソン

メッセージ

今年の名古屋ウィメンズマラソンで念願のサブ4を達成しました。今シーズンは更に上を目指してこのプロジェクトに参加することにしました。走歴は長いですが、元々短距離専門だったため、長距離はあまり得意ではありません。トラブルが続いており不安もありますが、今できることや自分自身に必要なことを明確にし、日々の練習に取り組んでいきたいです。目標達成のために、まずは小さな目標を一つ一つクリアしていけるように頑張ります!応援よろしくお願い致します。

<スポンサーリンク>


チャレンジsub3.5のFacebookページ作りました。フォローお願いします。

チャレンジsub3.5の練習会にはウルトラプロジェクトメンバーであれば参加できます。

体験参加や入会などお問い合わせはこちらのFacebookページのメッセージにてお願いします。

チャレンジsub3.5メンバー紹介 その6 へ続く

 



チャレンジsub3.5メンバー紹介 その4

sub3.5にチャレンジするメンバーを順次紹介します。

<スポンサーリンク>


ともみ

自己ベスト

3時間37分55秒(2011年湘南国際マラソン)

出場大会予定

2017.11 大田原マラソン
2017.12 湘南国際マラソン

メッセージ

サブ3.5をどうしても達成したくて申し込みをしました。仕事や家事や育児で制約される中、時間を少しでもやりくりしながら頑張ります。講習会も厳しい中での参加になるので、参加できた時は沢山刺激をもらい吸収し、目標達成を目指します!!

<スポンサーリンク>


やっこ

自己ベスト

4時間22分16秒(2017年10月 松本マラソン)

直近2年間のタイム

4時間22分16秒(2017年10月 松本マラソン)

出場大会予定

2017.10 水戸黄門漫遊
2017.11 大阪マラソン
2018.2 東京マラソン

メッセージ

走り始めて(故障期間含めて)約3年。今までは旅行を兼ねたファンランを楽しんできました。タイムを目標に頑張る方々との出会いに刺激され、自分の限界に向けてチャレンジしたい思いが募り、参加させて頂きました。まだまだカメペースですが、仕事・家庭を両立しながら走り続ける皆さんと一緒に頑張ります!

<スポンサーリンク>


チャレンジsub3.5のFacebookページ作りました。フォローお願いします。

チャレンジsub3.5の練習会にはウルトラプロジェクトメンバーであれば参加できます。

体験参加や入会などお問い合わせはこちらのFacebookページのメッセージにてお願いします。

チャレンジsub3.5メンバー紹介 その5 へ続く