クリールシューズトライアル シューズ20足試し履きして感じたこと その6

その5ではアルトラを3足紹介しましたが、その6では、KARHUを2足、サロモンを1足紹介します。

<スポンサーリンク>


KARHU FLUID(フロイド) 14,800円

2’56(4’15/km)

このシューズは多少重いと感じましたが、履いてしまうと特段重さは感じませんでした。ベーシックなシューズだと思いましたが、購入するほどのインパクトは感じませんでした。

使用サイズ 8 26.0cm

KARHU FLOW(フロウ) 13,800円

2’53(4’10/km)

タイムを見ると結構速く走れています。バランスの良いシューズなのでしょう。2足とも非常に真面目に作りだと感じました。

まだ日本で履いてるランナーは少ないので他人と違うシューズが欲しい方にはオススメです。

使用サイズ 8 26.0cm

<スポンサーリンク>


SALOMON SENSE RIDE 15,000円

2’48(4’03/km)

サロモンからは4モデルが用意されていましたが、時間がなかったので、SONIC PRO2とSENSE PRO MAXは履いたことがあり、まずは新しいモデルのSENSE RIDEを履きました。以前ショップで手に取ってインソールの作りなどチェックしたら、値段が7000円以上高いS/LAB SENSE ULTRAに近いシューズと感じていました。履いた感じは、やはりS/LAB SENSE ULTRA同様素晴らしいフィット感でした。このシューズはトレランシューズですが、他のシューズ同様舗装路を走ったところ驚きました。

さほど接地感が硬くないのでロードでも十分使えると感じたのと、反発力が素晴らしく気持ちよくスピードが乗ってくるのです。なんとUNDER ARMOUR チャージドバンディット3と同じ最速タイムが出ました。

SENSE PRO2は時間がなく履けませんでした。

*SONIC PRO2とSENSE PRO MAXは サロモン スント ici club 神田店  など直営店で試し履き用シューズの貸し出しをしていると思いますので問い合わせしてみてください。

使用サイズ 25.5cm

 

HOKAチャレンジャーATRもそうですが、ロードモデルよりロードも履けるトレランモデルの方が履きやすい例もあるのだと感じました。先入観持っていはいけませんね。

アンダーアーマーのシューズで感じたように、大手メジャーシューズメーカーだけが良いシューズを作っているわけではないと気付かせてもらえたクリールシューズトライアルでした。

今回の走りをスント・スパルタンのデータで見るとこのような感じです。
<スポンサーリンク>


また、以下のシューズは試す時間がありませんでした。Raidlightは1足でも試せたら良かったのですが時間切れなので仕方がありません。

履いて走るだけなら全種類履けたと思いますが、履き終わった後感想をメモったりしましたのでかなり忙しかったです。イベント会場内での移動を含めて20km程度の走行距離になりましたが、結構疲れました。

【体験していないモデル】

・Altra Paradigm3.0

・KARHU SYNCHRON ORTIX

・Raidlight 3種類とも(チームアールライト、ダイナミックウルトラライト、ウルトラマックス)

・コンパクト一本歯下駄 金属製

今回のシューズトライアルにも出展されていたので、試し履きをされた方もいるでしょうが、シューズの画像に写り込んでいるソックスはR×Lsocks アールエルソックスのメリノウール五本指ソックスです。

メリノウールソックスにも丈の長いタイプや短いタイプ、生地の厚いのや薄いのタイプがあります。このソックスの生地は平均的な厚さですが、薄いタイプや厚いタイプで走れば、今回の感想は多少変わっていると思います。

その2のインソールの箇所で書きましたが、シューズとソックスのマッチングは非常に大事です。フィット感の良いシューズを買いたいなら、普段履き慣れているソックスを履いていくか持参していってください。



クリールシューズトライアル シューズ20足試し履きして感じたこと その5

その4ではアンダーアーマーを2足紹介しましたが、その5ではアルトラを3足を紹介します。

<スポンサーリンク>


Altra Torin3.0 15,500円

2’59(4’19/km)

アルトラは今回初めて履きました。

アルトラのことは仲間から聞いていたので試したいと思っていましたが、今回実際に試して気に入りました。つま先が広い独特のデザインなので、足が浮腫むこともあるウルトラマラソンにあっているデザインだと思っていましたが、最も気に入ったのは、ホールド感と、接地時のなんとも感触の良いクッショニングです。全く違うシューズですがソールの薄い初代TAKUMI SENが、足裏の筋肉含めてソールと一体化して衝撃吸収してくれた時の心地よさを思い出しました。

使用サイズ 8 26.0cm

Altra One V3 13,500円

2’58(4’17/km)

アルトラは25cmの上は26cmでシューズによりサイズ感が多少異なるので、これは25cmを履いたのですがやはりキツくて気持ちよく走れませんでした。ただ26cmでは大きいのでこのモデルは私には合わないと感じました。

使用サイズ 7 25.0cm

Altra Escalante 16,500円

2’54(4’12/km)

こちらのモデルは生地素材の違いから25cmで大丈夫でした。フィット感もよくTorin3.0同様気持ち良い接地感を味わうことができました。これは長い距離のレースで使いたいと思いました。UNDER ARMOUR チャージドバンディット3同様非常に気に入ったシューズです。

使用サイズ 7 25.0cm

<スポンサーリンク>




クリールシューズトライアル シューズ20足試し履きして感じたこと その4

その3ではメレルを2足、MBTを1足、シューズではありませんがインソールを2種類紹介しましたが、その4では、アンダーアーマーを2足紹介します。

<スポンサーリンク>


UNDER ARMOUR スレッドボーン フォーティス 15,000円

2’55(4’13/km)

『アンダーアーマーさんごめんなさい。』と感じました。

アンダーアーマーからランニングシューズが発売したのは随分前から知っていましたが、アンダーアーマーのシューズを目にしても、足を入れるどころか手に取りさえしませんでした。

理由は、アンダーアーマーにランニングシューズのイメージが湧かないのです。アンダーアーマーといえばスポーツジムでマッチョになろうと頑張って鍛えている方が着ているウエアのイメージで、シューズに関してもトレーニングスペースで履くモデルというイメージでした。

そのようなことからアンダーアーマーのシューズを履いてるランナーをイメージすると、スポーツジムのトレッドミルに飽きて、皇居ランデビューしたようなランナーを思い浮かべてしまっていました。

今回のシューズトライアルで一番驚いたのはそのアンダーアーマーの抜群のフィット感です。そして接地感もよく、このシューズは履きたいと思いました。もちろん個人差はあると思いますが、ショップで足を入れてみてください。良い走りができるイメージが湧いてくると思います。

使用サイズ 25.0cm

<スポンサーリンク>


UNDER ARMOUR チャージドバンディット3 13,500円

2’48(4’03/km)

こちらは上記より軽量化されたモデルですが、今回履いた20足で最高に気に入ったシューズです。タイム的にも最速でしたが、気持ちよく走れるのでペースが勝手に上がっていくのです。

ある程度レベルの高いランナーでも満足すると思います。もちろん1kmも走っていないので長い距離を履くとイメージが変わるかもしれませんは、少なくともショップで足を入れてホールドが良いと感じただけより、実際に走ってみた感想ですから、購入して長い距離を走っても印象が大きく崩れることはないと思います。

これがクリールシューズトライアルに参加する大きなメリットだと思います。

使用サイズ 25.0cm

 

<スポンサーリンク>




クリールシューズトライアル シューズ20足試し履きして感じたこと その3

その2ではHOKA ONE ONEを4足、そしてリーボックを1足紹介しました。続けて違うシューズを履くと色々気づきがあります。

その3ではメレルを2足、MBTを1足、シューズではありませんがインソールを2種類紹介します。

<スポンサーリンク>


MERRELL ベア アクセス フレックス 10,000円

3’02(4’23/km)

踵や甲のホールド感も悪くありません。また自然な感じで走れました。地面からの反発をダイレクトに受けるので自然にペースは落ちましたが練習で履くには良いシューズかもしれませんが、私は使う場面を思い浮かべることができないので買わないです。

使用サイズ 25.0cm

MERRELL ベイパー グローブ3 9,000円

3’08(4’32/km)

ビブラムソールなので上記モデルよりさらに硬い接地になるので、さすがに私の場合はペースを落とさねば足が痛くなりそうでした。両モデルとも私は購入しようと思いませんが、好きな方にはたまらないシューズかもしれません。

使用サイズ 25.0cm

<スポンサーリンク>


MBT SPEED16 16,000円

3’02(4’23/km)

全く興味のないモデルでしたが、このシューズはフォーム改善のためのトレーニングシューズとのことです。シューズのホールド感はよく確かに接地が分かりやすかったです。このシューズはちょっと欲しいと思いました。

横から見ると特徴的なソール形状がよく分かりますね。

使用サイズ 25.5cm

<スポンサーリンク>


formthotics Run Singleインソール(厚め)シューズはアディゼロ匠ren

3’18(4’46/km)


シューズではありませんが、川口のルナークスで目にしたことがあるインソールです。ルナークスの店長からはランニングモデルはアーチが高いので、アーチの低い方ならランニングモデルという名称に囚われずに、フットボールモデルが良いとアドバイスがありました。それを試したかったのですが、会場にはランニングモデルのみが用意されていたのでこちらをまず試しました。

インソールをシューズに入れる前に地面に置いて足を置いて直立しましたが、その状態でもアーチ部が当たるのでこれは無理と思いました。ただ出展者が私のアーチなど確認し、むしろこのくらいで履いて欲しいと言われたので走ってみましたが、スタートするとそもそもインソールが厚くなったことから、底上げされた状態になり踵のホールドが全くフィットせず、アディゼロ匠renを履いた中でもっともホールドが悪い中での走りになりました。

formthotics Run Dual(薄め)シューズはアディゼロ匠ren

3’05(4’28/km)

上記のことを伝えると、少しインソール自体が薄いタイプがあるというので、それに変えて走りました。インソールの厚みから踵のホールドが悪くなることはありませんでしたが、やはりこのアーチの高さは私には無理です。もし購入するのであれば私はアーチの低いフットボールモデルにします。

出展者の方は、アーチが当たるインソールを使うことで、アーチを持ち上げ故障を直す効果があると話していましたが、そもそも故障したことないし、違和感を感じて走ることが良いとは思いません。ただインソール自体は軽いので、アーチ形状があっていて気持ちよく履ける方には良いのかもしれません。

興味のある方は川口のルナークスの店長が詳しいので相談ください。その際に大事なことは自分の履いているシューズとともにソックスも持参して合わせてください。シューズ、インソール、ソックスそれぞれが良いモデルでもマッチングが悪いと使えないモデルになります。またこれは個人的な見解ですが、本来シューズとインソールはシューズメーカーがバランスを含めて設計しています。インソールを交換するということは、そのバランスを崩すことにも繋がるので、自分の足形に合わせたインソールが必要な方は、履きたいシューズを履くのではなく、自分のインソールとマッチングの良いシューズを選ぶくらいの気持ちが必要だと思います。

 



クリールシューズトライアル シューズ20足試し履きして感じたこと その2

 

その1では Onを4足紹介しました。続けて違うシューズを履くと色々気づきがあります。

その2では。HOKA ONE ONEを4足、そしてリーボックを1足紹介します。
<スポンサーリンク>


HOKA ONE ONE クリフトン4 17,000円

3’11(4’36/km)

以前購入して先が狭くて小指が痛くなったクリフトン2に比べると日本人の足を研究したのかよくなりました。フィット感は抜群に良いと感じましたが、接地感はグニャグニャ過ぎて私は嫌いです。柔らかいと疲れにくいと思ったら間違いで、自分の感覚とズレると非常に疲れます。私は買わないモデルですが、柔らかい接地感が好きな方であればホールドは良いのでオススメかもしれません。

使用サイズ 25.5cm

HOKA ONE ONE トレーサー2 17,000円

3’00(4’20/km)

全く同じモデルを持っていて何回か履きましたが踵が浅く自分の中ではダメモデルの烙印を押したのですが、履いてみたら自分のと同じシューズ?と感じるほど踵の浅さは感じませんでした。チェックすると、一番上の紐の穴を使い、2個目を使っていなかったです。自宅のシューズも試してみます。

このソールを見たら想像できると思いますが濡れた路面は滑ります。

使用サイズ 25.5cm

<スポンサーリンク>


HOKA ONE ONE チャレンジャーATR3 18,000円

2’55(4’13/km)

このモデルはクリフトン4のトレランモデル的なシューズです。アウトソールにトレイルでもグリップするよう小さなラグがついています。その分重量は増えますが、クリフトン4と違い、このシューズをロードで履きたいと思いました。理由は接地がクリフトン4とは違い硬くなったからです。硬いと言っても他のランシューに比べれば柔らかいレベルです。HOKAの厚底を使いたいが、クリフトン4が柔らかすぎると感じた方はこちらを試したら良いと思います。

また、HOKAのロードモデルのソールは見たとおり、雨が降った後の濡れた路面ではかなりグリップが落ちます。皇居でトレーサー2を履いて少し濡れた路面でペースアップしたところグリップされてないように感じ怖くてペースダウンしました。その点からもチャレンジャーATR3の方が安全面でも良いと感じました。

使用サイズ 25.5cm

HOKA ONE ONE アラヒ 18,000円

2’59(4’19/km)

思ったより良いイメージで走れましたが、購入しようと思うようなインパクトはありませんでした。

使用サイズ 25.5cm

<スポンサーリンク>


Reebook フロートライド 19,000円

2’57(4’16/km)

会場に用意したメンズモデルは26cmからで、ウイメンズの25.5cmを履いたので、参考程度に読んで欲しいのですが、走り出してすぐに、踵が浅くホールドが悪いと感じ、合わないと思いました。ただ反発力は高く思ったより速く走れましたが、このフィット感は私にはかなり残念なレベルに感じました。

サイドから写した画像を見るとヒールカップが浅いのが分かります。個人差は大きいと思いますが私はこの高さが浅いシューズはダメです。また収縮性のあるソックスのように包み込むアッパーは良く考えられていますが、それでホールド性を高められたと判断したのか、紐を通す穴が3つしかないのもホールドが足りないと感じた理由と思います。

それと男性でも25cmくらいの方は多く、サイズ設定があるのであれば、25cm、25.5cmは用意して欲しいと思いました。

*金額を加えていて気づきましたが、今回の最高金額でした。

使用サイズ 25.5cm(ウイメンズ)

 



クリールシューズトライアル シューズ20足試し履きして感じたこと その1

昨日クリールシューズトライアルに参加して、ランニングシューズを一気に試し履きしたことは、690M×22本    〜クリールシューズトライアルで一気試し履き〜 で書きましたが、今回どのようなシューズを試したか紹介します。またこのイベントは参加費1500円で、様々なシューズを試すことができ、さらに帰りに豪華なランニングアイテムがもらえる非常にコスパの良いイベントです。今回初めての参加でしたがこれからも参加したいと思いました。

<スポンサーリンク>


まず個別シューズの履き心地について書く前に、昨日掲載したラップタイムはどのシューズで出したものかを掲載します。

今回のタイム測定は、どのシューズでも体感的に呼吸が乱れないくらいのペースを意識して走りましたが、私は機械ではないので、気持ちが乗らない時もあれば、疲れも出てくるし、調子の波もありますので、タイムが遅かったシューズが必ずしもスピードの乗りが悪いシューズではありません。

ただ、フィット感などにより履き心地がよく気持ちの良いシューズだとペースが上がるし、気分が乗らないシューズはペースが落ちたと感じたこともあります。

タイムの悪かったシューズのメーカーさんごめんなさい。

また、靴紐のセッティングが私の好みと違ったり、ヨレていたりしているシューズもありましたが、そのまま履きました。靴紐がヨレまくっていたらフィット感は落ちますが、そもそもそのような状態であっても出展メーカーが治さないなら自社商品を良い状態で履いてもらいたい。気に入ってもらいたい。という気持ちがないわけですからそれも含めてシューズの使用感に繋がります。

左右の紐の長さが10cmくらい違うのをみて呆れたのもあります。それって今日のイベントでそうなったのではないでしょうから。。

ちなみに、掲示したタイムの計測距離は690mです。

また私が試したサイズを掲載しておりますが、一部のメーカーやモデルを除き、アディゼロタクミやジャパンブースト3やHOKA、サロモンS/LABシリーズなど大半のモデルは25.5cmを履いています。

またモデル名の横に記載した価格は税抜きです。

O n クラウドフラッシュ 18,800円

3’22(4’52/km)

最初に走ったことでハンデはあると思います。またOnを履いたのが初めてなので慣れなかったという理由もありますが、最下位のタイムになりました。予想していたより推進力を感じませんでした。

使用サイズ 25.0cm

<スポンサーリンク>


On クラウドフライヤー 16,800円

3’14(4’41/km)

最初に履いたクラウドフラッシュと比べると走りやすかった。重量があるモデルですが、それほど重くは感じませんでした。

使用サイズ 25.0cm

On クラウドフロー 15,300円

3’05(4’28/km)

 

Onに慣れてきたのもあるかもしれませんが、クラウドフラッシュ、クラウドフライヤーよりトータルバランスは高く、推進力も感じました。

使用サイズ 25.0cm

<スポンサーリンク>


On クラウド 12,800円

3’04(4’26/km)

一番安いモデルですがOnではこれが一番気に入りました。今回履いたのは、ゴム紐が一番緩い位置で止まっていたのを調整していないので走ったので、緩くフィット感は落ちました。しっかりゴム紐を調整したりキャタピランをセットすればかなり良いシューズになると思いました。

上記3種類より気持ちよく走れました。これは欲しいと感じました。

使用サイズ 25.0cm

 



低酸素ルームしかも自走式トレッドミル 8回クーポン12000円(オープン特別価格)

今日はウルプロ練習会で10000mのペーサーをしてから、本日錦糸町にオープンしたケッズトレーナーに行ってきました。

体験して気に入った低酸素ルームの月会員になろうと思ったら、当面は1回ごとに支払うか、クーポン購入になるようです。


<スポンサーリンク>


しかしこのクーポンが凄い!!

オープン特別価格ではありますが、8クーポンで12000円です。

なんと1回あたり1500円

しかも、有効期限は3ヶ月・・・。

しかも、購入者以外の利用もOK!!

使いきれないと思えば友人にプレゼントしても良いし、まずは数回使いたいという方なら友人や家族とシェアしても良い。

私は少なくとも今月は週2回継続利用して8回使い切ります。かなり効果を感じているので神宮外苑24時間までに身体を作り直したいと思います。


<スポンサーリンク>


自走式トレッドミルを導入しているスポーツジムはまだまだ少ないと思いますが、名前の通り『自走式』なので、通常のトレッドミルのように走らされいる感もなければ、上に跳ねているだけではローラーが回りません。しっかり接地に乗り地面を押さないとペースは上がりません。このマシンは特に後傾しやすいランナーに使ってほしいと思います。どの位置で接地して押せばスピードが上がるか模索していけばフォームも改善できます。

自走式トレッドミルで効率よいランニングフォームを作る〜低酸素ルームの活用〜

その辺りについてはこちらにまとめています。

<スポンサーリンク>


昨日は、690M×22本    〜クリールシューズトライアルで一気試し履き〜 で書いた通り、20km程度走りました。金曜日夜は練習会で、木曜日は低酸素トレーニング、水曜日は練習会と少し体が疲れている中で、織田で10000mをしてからの低酸素なので今日は練習前から少し血圧が高めでした。(それでも一般の方の平均値ほどです)今日はリストに心拍計のついていないスパルタン・ウルトラを付けていたので常時心拍数を確認することはできませんが、5分間隔ごとに血中酸素濃度とともに心拍数を計測しましたが、心拍数はさほど高くないのですが、血中酸素濃度は木曜日より下がりやすかったです。

トレーニング中は2500mまで上がっていたようですが、前回より少し高いです。これも多少影響していますが、やはり疲労だと思います。スタッフは昨日4000mまで高めたらしいですがかなりキツイようです。

冷房の聞いたルームは気持ち良いのですが、汗びっしょりでした。

終わってからストレッチスペースで身体をほぐしました。

もちろん次回予約も入れました。

ご利用の際は予約して行きましょう。

 



9/27    ウルプロ定期練習会4000m×2本 〜苦手な練習は伸びしろたっぷり〜

9月27日の定期練習会は4000m×2本のレペテーションをしました。

神宮外苑外周の1周は1325mなので3周と25mです。2周まではグループで走り、3周目はフリーにしました。

今回はAグループの希望者がいなかったので、3グループで行いました。

B 4’20/km 20分後に次スタート
C 4’40/km 21分後に次スタート
D 5’00/km 22分後に次スタート

<スポンサーリンク>


神宮外苑は一般歩道なので絶対的なスピードが上がるショートインターバルなどはせず、変化走やビルドアップ、そして今回のようなロングインターバルやレペテーションにしてます。

また、このような練習は嫌いなメンバーが多いですが、好きな練習=得意な練習、嫌いな練習=苦手な練習のケースが多いので、嫌いな練習は伸びしろが大きいと思います。

私はCグループで走りました。チャレンジsub3.5メンバーにはこの設定で走ってもらいました。

1周ごとのラップはこちらです。(1周目は1350m、2周目、3周目は1325m)

6’14-6’08-5’51    18’13

6’14-6’09-5’41    18’04

4’40/km設定に対して数秒速く入りましたが、上げ下げしないでリズム優先で走りました。

3周目はみな上げないから1セット目はキロ10秒ほど上げて、2セット目はもう少し上げましたが、みんな頑張りました。

平均すると2本ともキロ4分半ちょいですから、5kmを22分台で2本揃えるくらいの強度です。みんな強くなってます。

<スポンサーリンク>


Bグループ、Dグループのメンバーもそれぞれ頑張りました。久々にDグループで参加したメンバーは1セット目からちょっとキツそうだったので、2セット目は1周走って、2周目はリカバリーして、3周目をまた頑張ってもらったところ、しっかり追い込めたようです。

練習後にはアスリチューン・スピードキュアで素早いリカバリーを目指します。

ウルトラプロジェクト10月練習会日程はこちらです。入会などお問い合わせはFacebookページのメッセージからご連絡ください。

<スポンサーリンク>