クリールシューズトライアル シューズ20足試し履きして感じたこと その2

 

その1では Onを4足紹介しました。続けて違うシューズを履くと色々気づきがあります。

その2では。HOKA ONE ONEを4足、そしてリーボックを1足紹介します。
<スポンサーリンク>


HOKA ONE ONE クリフトン4 17,000円

3’11(4’36/km)

以前購入して先が狭くて小指が痛くなったクリフトン2に比べると日本人の足を研究したのかよくなりました。フィット感は抜群に良いと感じましたが、接地感はグニャグニャ過ぎて私は嫌いです。柔らかいと疲れにくいと思ったら間違いで、自分の感覚とズレると非常に疲れます。私は買わないモデルですが、柔らかい接地感が好きな方であればホールドは良いのでオススメかもしれません。

使用サイズ 25.5cm

HOKA ONE ONE トレーサー2 17,000円

3’00(4’20/km)

全く同じモデルを持っていて何回か履きましたが踵が浅く自分の中ではダメモデルの烙印を押したのですが、履いてみたら自分のと同じシューズ?と感じるほど踵の浅さは感じませんでした。チェックすると、一番上の紐の穴を使い、2個目を使っていなかったです。自宅のシューズも試してみます。

このソールを見たら想像できると思いますが濡れた路面は滑ります。

使用サイズ 25.5cm

<スポンサーリンク>


HOKA ONE ONE チャレンジャーATR3 18,000円

2’55(4’13/km)

このモデルはクリフトン4のトレランモデル的なシューズです。アウトソールにトレイルでもグリップするよう小さなラグがついています。その分重量は増えますが、クリフトン4と違い、このシューズをロードで履きたいと思いました。理由は接地がクリフトン4とは違い硬くなったからです。硬いと言っても他のランシューに比べれば柔らかいレベルです。HOKAの厚底を使いたいが、クリフトン4が柔らかすぎると感じた方はこちらを試したら良いと思います。

また、HOKAのロードモデルのソールは見たとおり、雨が降った後の濡れた路面ではかなりグリップが落ちます。皇居でトレーサー2を履いて少し濡れた路面でペースアップしたところグリップされてないように感じ怖くてペースダウンしました。その点からもチャレンジャーATR3の方が安全面でも良いと感じました。

使用サイズ 25.5cm

HOKA ONE ONE アラヒ 18,000円

2’59(4’19/km)

思ったより良いイメージで走れましたが、購入しようと思うようなインパクトはありませんでした。

使用サイズ 25.5cm

<スポンサーリンク>


Reebook フロートライド 19,000円

2’57(4’16/km)

会場に用意したメンズモデルは26cmからで、ウイメンズの25.5cmを履いたので、参考程度に読んで欲しいのですが、走り出してすぐに、踵が浅くホールドが悪いと感じ、合わないと思いました。ただ反発力は高く思ったより速く走れましたが、このフィット感は私にはかなり残念なレベルに感じました。

サイドから写した画像を見るとヒールカップが浅いのが分かります。個人差は大きいと思いますが私はこの高さが浅いシューズはダメです。また収縮性のあるソックスのように包み込むアッパーは良く考えられていますが、それでホールド性を高められたと判断したのか、紐を通す穴が3つしかないのもホールドが足りないと感じた理由と思います。

それと男性でも25cmくらいの方は多く、サイズ設定があるのであれば、25cm、25.5cmは用意して欲しいと思いました。

*金額を加えていて気づきましたが、今回の最高金額でした。

使用サイズ 25.5cm(ウイメンズ)

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA