クリールシューズトライアル シューズ20足試し履きして感じたこと その1

昨日クリールシューズトライアルに参加して、ランニングシューズを一気に試し履きしたことは、690M×22本    〜クリールシューズトライアルで一気試し履き〜 で書きましたが、今回どのようなシューズを試したか紹介します。またこのイベントは参加費1500円で、様々なシューズを試すことができ、さらに帰りに豪華なランニングアイテムがもらえる非常にコスパの良いイベントです。今回初めての参加でしたがこれからも参加したいと思いました。

<スポンサーリンク>


まず個別シューズの履き心地について書く前に、昨日掲載したラップタイムはどのシューズで出したものかを掲載します。

今回のタイム測定は、どのシューズでも体感的に呼吸が乱れないくらいのペースを意識して走りましたが、私は機械ではないので、気持ちが乗らない時もあれば、疲れも出てくるし、調子の波もありますので、タイムが遅かったシューズが必ずしもスピードの乗りが悪いシューズではありません。

ただ、フィット感などにより履き心地がよく気持ちの良いシューズだとペースが上がるし、気分が乗らないシューズはペースが落ちたと感じたこともあります。

タイムの悪かったシューズのメーカーさんごめんなさい。

また、靴紐のセッティングが私の好みと違ったり、ヨレていたりしているシューズもありましたが、そのまま履きました。靴紐がヨレまくっていたらフィット感は落ちますが、そもそもそのような状態であっても出展メーカーが治さないなら自社商品を良い状態で履いてもらいたい。気に入ってもらいたい。という気持ちがないわけですからそれも含めてシューズの使用感に繋がります。

左右の紐の長さが10cmくらい違うのをみて呆れたのもあります。それって今日のイベントでそうなったのではないでしょうから。。

ちなみに、掲示したタイムの計測距離は690mです。

また私が試したサイズを掲載しておりますが、一部のメーカーやモデルを除き、アディゼロタクミやジャパンブースト3やHOKA、サロモンS/LABシリーズなど大半のモデルは25.5cmを履いています。

またモデル名の横に記載した価格は税抜きです。

O n クラウドフラッシュ 18,800円

3’22(4’52/km)

最初に走ったことでハンデはあると思います。またOnを履いたのが初めてなので慣れなかったという理由もありますが、最下位のタイムになりました。予想していたより推進力を感じませんでした。

使用サイズ 25.0cm

<スポンサーリンク>


On クラウドフライヤー 16,800円

3’14(4’41/km)

最初に履いたクラウドフラッシュと比べると走りやすかった。重量があるモデルですが、それほど重くは感じませんでした。

使用サイズ 25.0cm

On クラウドフロー 15,300円

3’05(4’28/km)

 

Onに慣れてきたのもあるかもしれませんが、クラウドフラッシュ、クラウドフライヤーよりトータルバランスは高く、推進力も感じました。

使用サイズ 25.0cm

<スポンサーリンク>


On クラウド 12,800円

3’04(4’26/km)

一番安いモデルですがOnではこれが一番気に入りました。今回履いたのは、ゴム紐が一番緩い位置で止まっていたのを調整していないので走ったので、緩くフィット感は落ちました。しっかりゴム紐を調整したりキャタピランをセットすればかなり良いシューズになると思いました。

上記3種類より気持ちよく走れました。これは欲しいと感じました。

使用サイズ 25.0cm

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA