ウルプロメンバー ヒロセさん 第6回coedo kawagoe6時間走で2位  前編 〜レース展開など〜

9月30日に開催された第6回coedo kawagoe6時間走でウルトラプロジェクトメンバーのヒロセさんが、初めて時間走に挑戦し初めてフルマラソンの距離を超えて2位となりました。

<スポンサーリンク>


ヒロセさんは、まだサブ4していないランナーですが、ウルトラプロジェクト入会後、スピード練習や奥武蔵練習会など頑張り力がついて来たので、今シーズンサブ3.5を目指しています。チャレンジsub3.5チャレンジメンバーの一人です。

ヒロセさんの体験記とともに、6時間走でどのくらいの距離を走れるかの目安など、仲間の記録や私の感覚などお伝えします。

今回の記録    45周    48.83km    5:54:36

まず、ヒロセさんはレース後にこのように投稿していました。

【はじめての時間走】

coedo kawagoe 6時間走に(24時間部門に出る方の応援を兼ねて)参加してきました。

ひろせ、初めての時間走です。
30km〜40kmのペース走をしよう!と思って走り出しましたが、実際は6時間走であるということが頭から離れなかったためか、お日様が出ていて暑かったからか、練習不足か(この説は濃厚である)、2時間過ぎたら猛烈に疲れてしまい、序盤は調子が良かったものの、ペースはガタガタに落ちて行きました。。もうそれペース走じゃないじゃん…。

応援がてらの参加のはずが、たかだか6時間のわたしが先に疲れてしまい、しょげていたら「辛い時は休憩したらええんやで(要約)」というアドバイスをもらったので、1周ごとにエイドでジュースを飲んだり、てくてく歩いたり、完全に立ち止まって談笑するなどしました。

そのあと元気になったので、ちょっとだけ走ったところ、うっかり表彰され賞品までいただきました。棚ぼたも良いところ。ヘッドライトー!!これでいつでも暗いところを走れるぞ〜!いぇーい!!

予定していたよりも多めに走ってしまったので、しっかりケアして疲れを残さないように気をつけます。

計測がリストバンドでちょっと厄介でしたが、おいしいエイドと広々したコースで楽しい大会でした。
来年もしまたやるならもっとしっかり走れるようにしたいです。

最後に、走ってる間中くらい励ましてくれたウルプロのHさんとKさん、本当にありがとうございました。

(追記)なんと1周の距離が実際はもっと短かったとかで、記録が大幅に少なくなってしまうというオチがあり、いよいよ人に言えない2位になりました。

<スポンサーリンク>



 

本人は人に言えない2位なんて書いてますが、ゴールがなく周回する時間走は難しく、実力のあるランナーでも結果を出せないことがあります。男子の優勝記録を見ても66kmほどであり暑さが厳しいなかでの48.83kmでの2位はよく頑張りました。

レース後にいくつか質問しました。

◆レース前に考えていたこと

来月のフルマラソンに向けて、(止まらずに)長い距離を走る練習、ジェルの補給の練習という位置付けでした。

30kmのペース走はやっていましたが、30km以降どれぐらい辛いかも確認できたら良いなと思っていました。

 

新澤より

今回レースに関して相談を受けた際、目標はフルマラソンだから、順位や距離など狙うのではなく、30kmのペース走的に走りその時の疲労度を確認することだけ伝えました。ですから2位には私も驚きました。

<スポンサーリンク>


◆レース展開

今シーズン中のサブ3.5を目指しているので、5分/kmを目安に走り始めました。補給がマイカップ制なので多少遅れはありましたが、30kmまでは順調なペースで走ることができました。(途中までは1位だったようです)

補給はスタート前にアスリチューンのエナゲインとポケットエナジー、15km、25kmでポケットエナジーを摂りました。(後半はエイドでいろいろ食べました)

6時間走に対しては、今の自分にとって完全なオーバーペースだったこと、また、あと半分も時間があると気づき、気持ちが萎えてしまったことで、3時間も経たないうちに猛烈に疲れてしまいました。
しばらくだらだらしましたが、リレーで参加していたチームメイトに励まされ、エイドで美味しいものを食べさせてもらったら気持ちが復活したので、途中で歩きも混ぜましたが、また走り始めることができました。

疲れてくると効率の悪いフォームになりがちなので、骨盤と膝と前傾を意識しました。

ほんの少しの意識ですが、進みが全然違いました。
休みすぎて1位には10km以上も引き離され、3位には詰められてしまいましたが、ギリギリ逃げ切って2位に入賞しました。

 

新澤より

30kmまで予定通り走り、その後は無理してないのだから最高の展開です。私がその場にいたらそのようにアドバイスしています。6時間走として、今ある力で可能な限り距離を伸ばすならペースはかなり変わってきます。その点は後で書きます。

またヒロセさんが感じたまだ半分以上もあると思った瞬間に感じた疲労感は時間走に出た方なら分かるでしょう。100km8時間のランナーが24時間走を走れば、100kmレースならゴールしている8時間経過時点はまだ1/3なのです。この気持ちの萎えを感じて一気に潰れていくのです。6時間台で走るランナーならなおさらです。

それを経験できたのも、来年以降ウルトラやる上で良かったと思います。



クリールシューズトライアル シューズ20足試し履きして感じたこと まとめ

 

試し履きした時は金額はチェックしないで履きましたが、一番高いモデルはリーボックと、試していないレイドライドでした。

しかし全体的に金額が高い中でメレルは安いですね。

<スポンサーリンク>


4足試したOnに関しては一番安いモデルが一番気にいりましたが、実は一番ベーシックなモデルが一番軽くて、トライアスロンのオリンピック選手も履いてると説明していただきました。

高いレーシングモデルとの違いは反発性などでしょうが、一番ベーシックなモデルが一番軽いというのは驚きました。しかもクッション性なども良いのです。

高いシューズ=高性能

安いシューズ=廉価版で低機能

という固定観念はなくして、また上級者モデルとか、初心者モデルとかの固定観念も捨てて、さらにメーカーのブランドイメージを一旦横においた上で、履いてみて気持ち良い走りができるシューズを選ぶのが良いと感じました。

加えて、その6までに書いていますが、ロードも履けるというトレランシューズが、ロード専用モデルより、速く気持ちよく走れたなども同様です。

<スポンサーリンク>


決して安くはないランニングシューズ

買ってから後悔するより、ショップで行なっている貸し出しを利用したり、クリールシューズトライアルのように一度にたくさんのメーカー、たくさんのシューズを用意してくれるイベントに参加すると、思いもしないぴったり合うシューズに出会えるかもしれませんね。

アシックスやアディダス、ナイキなどマーケットシェアの大きなシューズの出展はありませんでしたが、これらのシューズはアンテナショップで借りる機会もあります。

普段履く機会がないメーカーや、知らないメーカーのシューズに足を入れる瞬間のワクワク感。

これは良いかもと思った瞬間の高揚感。

これはダメだと感じた時のがっかり感など味わってください。

購入した後のがっかり感は精神的ショックが大きいし、どうすればよくなるかなど無駄な足掻きをしたくなるけど、シューズトライアルなら客観的にダメならダメと、違うシューズにすぐに気持ちを切り替えできます。

ランニング雑誌はシューズメーカーが広告主であることも多く辛辣なことは中々書けない事情だけではなく、ランナーの好みも千差万別です。他人の判断材料が自分にもあうとは言えません。

私はいろいろ書いていますが正反対に感じる方もいるでしょう。それは足型や走り方など違うので当然のことです。

だからこそ、シューズトライアルのような機会を利用して、自分自身がシューズ評論家になって自分自身が気に入ったシューズを見つけてみてください。走ってホールドが悪いとか、足が痛い、接地の固い感触、柔らかい感触などが嫌いだ。とか感じたら、合わないと判断しても良いでしょう。シューズの種類はたくさんあります。サイズだって長さと幅の組み合わせを考えたら無数にあります。

ショップ店員が、大人の事情で売りたいシューズをすすめてきた時に、それをそのまま買ってなんだか合わないな。。と思うより、自分自身で納得行くまで履いて、出展者に質問して、また履いてを繰り返すうちに、欲しいシューズが絞れてきます。

次はいつかは分かりませんが、また行きたいです。

<スポンサーリンク>


この記事をFacebookの個人ページにアップした時に添えた言葉です。

正しいか正しくないかは分かりませんが、私はこのように今回のクリールシューズトライアルで実感および再認識しました。

・高いシューズが良いシューズではない
・安いシューズが低機能なシューズでもない
・上級モデルよりベーシックモデルが軽いこともある
・マイナーブランドにも良いシューズはある
・イメージはブランドやメディアが作り上げたもの
・イメージ通りのシューズは意外と少ない
・メーカーやモデルによりサイズ感は違う
・ロード、トレイルというジャンルに囚われない
・合わないシューズを深追いしない
・ホールドが良いと速く走れるわけではない
・ホールドが悪いのは速く走れない
・靴紐のセッティングで履き心地は変わる
・ショップ定員の大人の事情より自分の足事情
・シューズ・インソール・ソックスのマッチング重視
・他人の評価より自分の感覚
・私の記事より自分の感覚

シューズトライアルにいって遮二無二に試したことで感じたことです。

これってシューズだけではなく、サプリメントや練習方法だって同じだと思います。もちろんアドバイスやウエブサイト、雑誌なに書かれていることを参考にすることは大事ですが、その際も鵜呑みにするのではなく、なぜそうアドバイスするのか、書いてあるのかを考えてみてください。素晴らしいアドバイスであっても、自分自身で消化できなければデメリットになりかねません。



ウルプロメンバー青木奈和子さん 斑尾フォレストトレイル50kmで2位

<スポンサーリンク>


2017年10月1日に開催された、Madarao Forest Trails 50km 斑尾高原トレイルランニングレース2017は、信越五岳トレイルランニングレース110km(52kmに短縮)に続き、福島舞さんが優勝しましたが、福島舞さんに続いてフィニッシュゲートに駆け込んだのはウルトラプロジェクトメンバーの青木奈和子さんです。

青木さんは、9月初旬に開催された平塚12時間走で大会記録で優勝するなど成長著しいメンバーです。

 

ウルプロメンバー  平塚12時間走124.56KM(大会記録)で優勝  〜効率的なフォームに変わってきた〜

6月に入会した時から身体能力が高いことは一目で分かりましたが、非常にロスが大きいフォームで、このフォームのままでは大きく伸びないと思い、入会初日から本人に自分がどう走っていて、それを変えていく必要性と、どう走れば効率よく走れるのかを理解してもらいました。

努力家で負けず嫌いの青木さんは、苦手な練習も一生懸命したことからグングン伸びてきました。坂道ダッシュで張り合う古橋さんは信越五岳100マイルを14時間台で走るなど同じく成長中

ウルプロメンバー古橋さん 信越五岳100マイルで大成長

<スポンサーリンク>


青木さんは、この大会に昨年も出ていてコース短縮(47.2km)の距離を5時間54分45秒で走り6位に入っていたので、今年はさらに上を目指せると思っていました。

もともと下りは速いけど上りが苦手でしたが、奥武蔵練習会で頑張ったり、田子の浦から富士山に登ったり、そして入会時から嫌いな体幹部を中心とする筋トレを継続してやってきた(はず)ことからフォームが安定してきました。最初の頃はレッグレイズが2回くらいしかできなかったのですから・・・。

2016年大会の上位選手とタイムを大会ページで調べたところ以下の通りでした。(敬称略)

1 上野 朋子 5:29:07

2  中島 陽子 5:37:52

3  木村 真由美 5:40:40

4  澤田 由紀子 5:42:06

5  成田 志保 5:43:00

6 青木 奈和子 5:54:45

2017年大会の結果は以下のとおりです。(敬称略)

1 福島 舞  5:21:34

2 青木 奈和子 5:36:34(ウルトラプロジェクト)

3 中島 陽子  5:57:15

4 西内 宮佳江   5:58:43

5 三浦 佐知子 6:09:59

6 松村 博子 6:14:14

7 竹内 美香 6:26:30(ウルトラプロジェクト)

8 毛利 さつき 6:26:31

9 成田 志保 6:37:01

10 長坂 知子  6:39:40

昨年より距離が2.8km長いことで、昨年2位、5位の選手は20分以上タイムを落としている中で、青木さんは18分短縮して6位から2位にジャンプアップしました。

積極的なレース展開で、優勝した福島舞さんの前に出たこともあるのは素晴らしいです。

<スポンサーリンク>


青木さんのFacebookにはこのような投稿がありました。

50km 5時間36分!去年よりコースが延びても18分短縮できました!
スピード練を、おえおえしながら頑張った成果!!最高の天気と極上トレイルにヨダレ垂らす勢いで走って来ました!ボランティア・スタッフの方々の応援が暖かいとっても素敵なレース!!皆さん優しいし、盛り上げ上手で本当に楽しかったです!!!秋大満喫斑尾トレイルさいこーー!!

 

レース直後に青木さんに2位に入ったとメッセージが入ったので、帰り道にでも教えてと何点か質問したら、表彰式前の時間を使って答えてくれました。

気象コンディション

気温は去年より低かったです。そのため、暑すぎず寒すぎずで走りやすかったです!

レース展開

前半はスピード勝負で10km地点を50分に通過するくらいのペースで走りました。舞さんは30km地点で一度抜いたのですが、そのあと登りで離されて見えなくなりました。

補給について

アスリチューン・ポケットエナジーのオレンジ味5個と、マグオンのアップル味1個と、塩タブレット6個使いました。

ポケットエナジーオレンジ味は、平塚12時間走でも使っています。

身体の動きは去年と比べてどうだったか?

スピードを上げても耐えられる体になったと思います。上りも走れると思えることが去年よりも多かったため、動きやすかったです。

 

ウルトラプロジェクトは大会で優勝したり入賞するレベルのメンバーだけではなく、サブ4や、サブ3.5、サブ3、100km完走、砂漠レースやトレラン、トライアスロンなど、目標は様々です。速いか遅いかだけでランナーを判断する方ではなく、メンバーそれぞれが異なった練習環境の中で、それぞれの価値観や目標に向けて頑張っていることを尊重できる方お待ちしております。

入会した方の目標達成や課題解決など一緒に考えていきたいと思います。

ウルトラプロジェクト練習会日程はこちらです。入会や体験参加などお問い合わせはFacebookページのメッセージにてお願いします。