チャレンジsub3.5 ウェア完成  〜練習会・セミナー・懇親会〜

チャレンジsub3.5はウルトラプロジェクトメンバーを対象にして13名でスタートしました。

20代前半から50代まで幅広い年代の女性メンバーが目標に向かって頑張ります。

今日もメンバーに伝えましたが、メンバーそれぞれ現時点の走力は違うし、練習に費やせる時間も様々です。周りのメンバーとの比較は良い意味で働くと良いのですが、それが焦りやストレスになると、走ることが苦痛になるので、過去の自分に出来なかったことが少しづつ出来るようになる楽しさを味わいながら頑張って欲しいです。

<スポンサーリンク>


今日はsub3.5メンバー中心の練習会ですが、他のウルプロメンバーも参加できるし、メインの練習会はウルプロ練習会です。ウルプロの中に壁を作る気は全くありません。

今日の練習会は皇居で5kmビルドアップ×2本にしました。観光客で混雑している箇所は止まるくらいペースダウンしました。

メンバーにはペースを守るより、安全を守ろうと話しています。

まず、皇居周辺の利用料最安値(500円)で、かつ、混雑していない穴場と言われているケッズ重炭酸シャワールームに集合しました。

皇居周辺のランステのシャワー混雑が嫌いな方はこの数値をチェック。〜ロッカー数とシャワー数〜後編


ハセツネ参加者など除いてシャワー施設前に集合して竹橋手前に向かいます。


走る前に準備体操だけではなく、動き作りやトレーニングを行ってからスタートです。

かなり気温が高いのと、観光客などの混雑もあるので、竹橋から半蔵門までは抑えて、半蔵門から桜田門を少し上げて、桜田門からは安全に走れる範囲でフリーにしました。

当初は、それぞれ5’20/km-5’00/km-フリーを考えていましたが、予想したよりは空いていたのでちょっと上がってしまいました。

ただ自分の感覚では5’10-20/kmくらいで走っていたのにペースが上がった理由として初めて履いたシューズの存在があります。

今日はアンダーアーマーのシューズを履きました。少しシューズが緩いかなと感じましたがシューレースを少し締めたらよいフィット感になりました。私が履いたのは標準幅の2Eですが、つま先含めて少し広いので、ターサーやアディゼロ匠など履いてる方は、スリムタイプが良いと感じました。アッパーが柔らかいので多少キツくても違和感は小さいと思いました。

このシューズの接地感は柔らかく、もう少しカチッとした方が私は好きですが、思ったより反発力が強いようで、感覚よりキロ10秒以上速く走っていました。


25cmで225gですから私がフルで履くには少し重いけど、サブ3.5くらいの方には良いと感じました。フィット感はソックスの厚さによっても変わるので、自分がいつも履いてるソックスを履いて試し履きして、サイズなど決めてください。少し大きめです。

ということで、

1周目はこんな感じで走りました。

1.69km    8’31(5’02/km)

1.37km    6’40(4’52/km)

1.88km    8’14(4’23/km)

23分25秒(4’40/km)

土日ともハードに追い込んだメンバーは26分かけて走った他、故障明けのメンバーはジョグ&ウォークで1周にしてもらいましたが、先頭は22分前半で大半のメンバーは23分台でゴールしました。

5’20/kmくらいかな。と言いつつ5分ちょいは失礼しました。

1本目のスタートから28分後に2本目スタートにしました。

2本目は1本目と同じペース感で桜田門まで走りました。かなり気温が高くキツかったと思いますがみんな頑張りました。桜田門からのフリーは、なわこさんが1本目同様ペースを上げて行きました。私はそこまで付いてきたメンバーの最後尾ランナーと少し走ってからペースアップして、メンバーに追いついたら一緒に走って、またペースアップという感じで二番手を走るあかねさんに追いつき、前に見えるなわこさんに追いつくべくあかねさんを引っ張り少しづつペースアップして差を詰めていきました。最後なわこさんが逃げたので追いつけなかったけど、あかねさんは自信になったと思います。

1.71km    8’32(5’00/km)

1.38km    6’39(4’49/km)

1.88km    7’52(4’11/km)

23分02秒(4’36/km)

なわこさんは二本目も22分台で、1本目同様大半のメンバーが23分台で走りました。

途中歩行者がいれば安全のために止まることもあったし、対抗してくる自転車を避けるために徐行することもあった中で、23分台を2本揃えるのは結構大変です。初めてです。というメンバーもいました。

終わってから、ハイニーインターバルを7本して終了です。

<スポンサーリンク>



充実感たっぷりの笑顔です。

アスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーを目指します。

そこからケッズ重炭酸シャワーに戻ってシャワー浴び着替えてから、サブ3.5をするため座学セミナーをしました。こちらは混雑してないから素早くシャワーを浴びれるから、次の予定があるときは助かります。


そちらについては別に書きますが、いろいろ考えてもらいました。

アスリチューン全種類の他、スマッシュウォーターと、傾向型のSHOTONE。そして以前提供していたたいたキャタピラン詰め合わせです。

<スポンサーリンク>


懇親会でメンバーといろいろ話しました。都合により途中で帰ったメンバーがいますが、チャンピオンシステムの四宮さんが到着しウェアを披露していただきました。

残ったメンバー全員着用して記念撮影しました。

かなり目立つ配色になりました。ネイビーが効いてるからピンク迷彩でも可愛いというよりカッコよく仕上がりました。

チャンピオンシステムのオーダーウェアは自由にデザインが出来るので、ランニングクラブだけではなく、会社のメンバーで駅伝やリレーマラソンに出たりする際に作ったら楽しいと思います。どんなイメージにするのかをメンバーで話し合いながら形にするのが楽しいと思います。

チャレンジsub3.5の練習会でのメンバーの気付きなどを紹介するページを近日公開します。

現在の走力も様々で、体型や体力も違う、20代前半から50代のメンバーですから、アプローチは様々です。

sub3.5を目指している方は、自分に近いな。と感じるメンバーを中心に着目していけば、いろいろ参考になると思います。ご期待ください。

 



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA