神宮外苑24時間チャレンジ参加ランナー(15) No.20 篠原 直秀(しのはら なおひで)

2017年神宮外苑24時間チャレンジにエントリーしているランナーの紹介です。大会直前まで可能な限りご紹介していきます。様々な思いを持った選手を会場にきて是非応援してください。

*応援時には飲食物の提供や並走など禁止事項がありますので後日掲載しますのでご注意ください。

*画像は本人よりご提供いただきました。

【ゼッケン番号 氏名】

20 篠原 直秀(しのはら なおひで)

【プロフィール】

1977年生まれ 東大卒業後研究機関にて勤務する走る研究者。大気汚染や室内空気汚染、化学物質やナノ粒子のリスク評価が専門。レースと仕事以外の時間は、基本子供と過ごすため、午前0時から午前8時の間が練習時間。また、海外出張が多く、空港でのトランジット時は必ず走っているため、世界中の多くの空港を走った経験を持つ。様々な国の公園でペース走やインターバルをした経験があり、国ごとのラン環境の違いも楽しんでいる。

<スポンサーリンク>


【主な戦績】

  • 2017年 白山白川郷ウルトラマラソン 8時間21分46秒 4位
  • 2017年 野辺山高原ウルトラマラソン100km 8時間31分54秒 3位
  • 2017年 チャレンジ富士五湖ウルトラマラソン100km 8時間03分21秒 3位
  • 2016年 えちごくびき野ウルトラマラソン 7時間44分48秒 5位
  • 2016年 OSJおんたけウルトラトレイル100km 9時間32分26秒 4位
  • 2015年 白山白川郷ウルトラマラソン 8時間09分03秒 4位
  • 2015年 Osaka淀川ウルトラマラソン 7時間42分46秒 4位
  • 2013年 野辺山ウルトラマラソン100km 8時間34分22秒 優勝

【自己ベスト】

フル 2時間37分55秒 福岡国際マラソン 2014
100km  7時間34分30秒 サロマ湖ウルトラマラソン 2015
24時間走 225.776km 2016年 神宮外苑24時間チャレンジ

<スポンサーリンク>


【神宮外苑にエントリーした理由】

スピードはない代わりに、粘りと根性が身上の自分には24時間走が向いているかもしれないので、チャレンジしてみたいと思い、昨年神宮外苑にエントリーしました。今年は昨年のリベンジを果たすためにエントリーしました。

【なぜウルトラマラソンを始めたか】

ウルトラマラソンをはじめたのは、大学陸上部の後輩(中台選手)が100kmの世界一になって、一回試しにやってみるかなと気軽に考えて始めました。まさか、こんなに自分がはまるとは思ってもみませんでした(笑)

<スポンサーリンク>


【好きな距離とその理由】

100kmが好きです。フルマラソン以上に、自分と対話を重ねながらペースを作って走れることと、苦しいのを我慢し続け粘り続け、耐え続けて走ってゴールした時の達成感が何にも代えがたいものだから。

【このレースの目標】

去年は気負った走りでボロボロだったので今年は肩の力を抜いて軽い気持ちで走ります。

しっかり最後まで走り切れれば、結果は後から付いてくると思っています!

【所属チーム】

現在、Run Fieldというチームに所属しています。代表はトレイルで素晴らしい走りを見せる西城さん、スタッフにはトレイルで世界選手権に出た福田さん、チームメイトには100km世界選手権日本代表の外池君と、刺激を受けられる選手が揃っています。が、何よりもこのチームが素敵なのは、走りは楽しむことが一番、ランを楽しむことをライフスタイルの中に取り入れよう、楽しく走るためにはそれ相応の練習をしようっ、というスタンスで、和気あいあいと走れる楽しいチームです♪ 実は子供ができて以来、時間を取れずに一人で練習することが大半となり、なかなかチームの練習に参加できなくなってしまっているのですが、落ち着いたらまた練習にガシガシ参加したいです。



 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA