神宮外苑24時間チャレンジ参加ランナー(22) No.27 長谷川 大吾(はせがわ だいご)

2017年神宮外苑24時間チャレンジにエントリーしているランナーの紹介です。大会直前まで可能な限りご紹介していきます。様々な思いを持った選手を会場にきて是非応援してください。

*応援時には飲食物の提供や並走など禁止事項がありますので後日掲載しますのでご注意ください。

*画像は本人よりご提供いただきました。

【ゼッケン番号 氏名】

27 長谷川 大吾(はせがわ だいご)

【プロフィール】

静岡県下田市出身 1977年生まれ
小学校から野球を始め、中学校では野球とバスケ部、高校は物理研究部とゲームセンター通い。運動は球技なら得意だけど徒競走ではいつも後ろの方。海辺で育ったけど泳ぐのもそんなに得意じゃない。
29歳から始めた筋トレが好きで身体のどこかに筋肉痛が無いと落ち着かない。
2015年から腰椎分離すべり症の痛みが強くなってきて現在改善に取り組んでます。
今の目標は片手懸垂すること。

<スポンサーリンク>


【主な戦績】

  • 2017年 小江戸大江戸230k  30時間44分32秒 7位
  • 2016年 小江戸大江戸230k  30時間15分55秒 8位
  • 2015年 さくら道国際ネイチャーラン250km 32時間34分17秒
  • 2013-2015年 日本横断川の道フットレース520km 3回完走 109時間32分20秒
  • 2014年 スパルタスロン 31時間53分16秒

【自己ベスト】

マラソン 3時間11分18秒
100km 11時間23分21秒
24時間走 218.800km

<スポンサーリンク>


【神宮外苑にエントリーした理由】

2012年大会、神宮に出る友人を応援する為に訪れた時、痛みや苦しさを堪えながら黙々と走る皆様を見て参加したいと思いました。一度出てみたら最後の1時間が楽しくてそのまま続いています。普段はペースが違う人達ともずっと一緒でみんなの全力の姿を見られるのがまた魅力です。

【なぜウルトラマラソンを始めたか】

ジム通いに何かしら目標があったらいいなと思って、日本山岳耐久レース(ハセツネ)に出てみて走ることをやり始めました。やった事がない事に挑戦するのが楽しくて、完走が難しそうな大会を見つけてはエントリーしていたらどんどん距離が長くなって行きました。
1日で終わるのにはあまり興味がもてなくてフルマラソンは随分前に、100kmマラソンは520km走った直後しか走った事ないです。

<スポンサーリンク>


【好きな距離とその理由】

時間を気にしない長距離のジャーニーランが好きです。数日間休まないでゆっくり続けて走ったり歩いたりしていると、日常では現れないような感情と向き合うことになったり、感じたことの無い疲れや痛みを感じたり。出会う人の優しさに触れ合ったり、水や食料の有り難さを感じたり。
なによりそういう大会を作っている方々や一緒に参加する変わり者達が、魅力的な人物が多くて私もそんな風になりたいなと思います。

【このレースの目標】

①身体の具合に依らずベストを尽くして具合が悪くなってもやめない。
②疲れていても応援されたら応える。なるべく楽しそうに走る。
③記録的な目標はもちろん自己ベスト更新することです、故障箇所が多いので難しいとは思いますが良い状態で参加出来るように直前までやれる事はやりたいです。

【お気に入りアイテム】

エイドで出されたものを食べられる方なので使わないことも多いのですが、食べられなくなった時の為にVESPAproといくつかジェルのようなのは持っていきます。銘柄は特に決まっていなくて味が美味しいかどうかで選びます、期待を込めて新製品試すことが多いです。
神宮では同じ姿勢で走るからなのか、ふくらはぎに張りを感じやすいのでゲイターを着用します。股ずれ防止のために短い丈のスパッツも着用しています。ソックスは使ってみてマメの出来にくかったもの、今回はItoitexのソックスかc3fitのPaperfiberソックスを使う予定です。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA