神宮外苑24時間チャレンジ参加ランナー(20) No.9 安孫子 亮(あびこ りょう)

2017年神宮外苑24時間チャレンジにエントリーしているランナーの紹介です。大会直前まで可能な限りご紹介していきます。様々な思いを持った選手を会場にきて是非応援してください。

*応援時には飲食物の提供や並走など禁止事項がありますので後日掲載しますのでご注意ください。

*画像は本人よりご提供いただきました。

【ゼッケン番号 氏名】

9 安孫子 亮(あびこ りょう)

【プロフィール】

1975年生まれ。会社員 高校時代に陸上(長距離)を始めるが、県大会にも進めないレベル。そのおかげで「楽しく走ること」を覚える。初マラソンは17歳(高校2年)の時の館山若潮マラソン。
2010年からM@平塚にて練習スタート。海宝さん主催の甲州夢街道(215km)にロマンを感じ、2006年に参加したのが初の200km超の大会。その後、IAU24時間走世界大会で活躍の他、国内屈指のウルトラマラソン大会であるさくら道国際ネイチャーラン優勝など名実ともに日本屈指のウルトラランナーの一人

<スポンサーリンク>


【主な戦績】

  • 2015年 さくら道国際ネイチャーラン250km 24時間54分 優勝
  • 2013年 IAU24時間走世界大会 246.300km 10位
  • 2012年 さくら道国際ネイチャーラン250km 24時間38分 2位
  • 2012年 IAU24時間走世界大会 255.487km 4位
  • 2012年 夢の島グリーンチャリティ12時間走 144.24km 1位
  • 2011年 夢の島グリーンチャリティ6時間走 80.977km 1位
  • 2010年 IAU24時間走世界大会 242.661km 20位

【自己ベスト】

マラソン 2時間42分14秒 2012年 勝田全国マラソン
100km 7時間39分48秒 2013年 秋田内陸100kmマラソン
24時間走 255.487km 2012年 IAU24時間走世界大会

<スポンサーリンク>


【神宮外苑にエントリーした理由】

世界大会の代表選考レースであると共に、これまでの神宮では自分の納得できる走りがほとんどできていないこと。2009年から一貫してハンドラーを引き受けてくれている友人と、切磋琢磨しているM@平塚のみんな、応援してくれる会社のランナー仲間にもう一度元気な姿を見ていただきたいという思いでエントリーしています。

【なぜウルトラマラソンを始めたか】

フルマラソンを数回完走した後、自然とウルトラマラソンに興味がわきました。自分の足で100km走るとか、名古屋城から兼六園まで走るとか(さくら道)いったい自分は24時間で何キロ走れるんだろう?とか。そんなことに何となくロマンを感じてしまったから。神宮外苑24時間走には2008年に初出場。200km超えを目指すも182kmに終わる。その時の優勝者がM@平塚で現在お世話になっている24時間走の鬼・・・と言われる本田さん。

<スポンサーリンク>


【好きな距離とその理由】

特にないです。

【このレースの目標】

自分の力を出し切ったと自信をもって言えるようなレースをすること。自己ベストを出した時のように最後まで動き続け、終盤の粘りが再現できればと思っています。

【所属クラブ】


(画像は、世界大会参加時にM@平塚 本田代表と)

・トレーニングの拠点は「M@平塚」

高い目標を持ったメンバーに囲まれ、毎週末朝早くから切磋琢磨できる素晴らしい環境でトレーニングさせていただいてます。
・陸連登録は会社のランニングチーム「SONY Atsugi Running Club (SARC)」

ハンドラーを引き受けてくれている方はこのランニングチームのメンバーです。神宮、世界大会、ネイチャーの時など、いつも熱い応援をしていただいています。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA