2017年 神宮外苑24時間チャレンジ 参加ランナー紹介ページ (女子の部)

 
男子選手18人の紹介に続き、女子選手11人の紹介を行います。

また本大会はIAU公認大会のため外部からの助力行為の禁止などルールが明確に決められています。応援に来られる際にはお読みになり、また守られていない(知らない)応援者に教えてあげてください。

<スポンサーリンク>


【女子】

NO.151 青谷 瑞紀(あおたに みずき)

24時間走 230.609km
2012年の小江戸大江戸200kに誘われた事をきっかけにマラソンを始める。2014年・2016年 神宮24時間走で女子優勝 &日本ランク1位、2016年度世界ランク8位、2015年・2017年 2度の世界選手権日本代表 女子団体戦世界5位、2015〜2017年スパルタスロン3大会連続・・・続きはこちらをお読みください。

NO.152 松本 ゆり(まつもと ゆり)

フル 3時間20分05秒
100km  9時間12分12秒
24時間走 234.618km
運動全般苦手ながら、子供の頃から山登りが好きで、持久力だけには自信がありました。走り始めて3年目の2014年にウルトラマラソンを始めて一気に魅了されました。・・・続きはこちらをお読みください。

NO.164 長瀬 陽子(ながせ ようこ)

マラソン 3時間21分
100km  9時間47分
24時間走 202.961km
管理栄養士で保健指導や健康相談の仕事をしています。忙しく時間がないので、週末の夜間走が主な練習方法・・・続きはこちらをお読みください。

NO.166 楠瀬 祐子(くすのせ ゆうこ)

マラソン 2時間56分30秒
100km  8時間08分59秒
24時間走 202.410km
2010年にランニングを始め、2012年にウルトラマラソンに初挑戦。今年はチャレンジ富士五湖118㎞で昨年に続き2連覇、サロマ湖ウルトラマラソン翌週の日光ウルトラマラソンで優勝した。・・・続きはこちらをお読みください。

<スポンサーリンク>


NO.167 廣澤 志保(ひろさわ しほ)

マラソン 3時間10分18秒
100km  8時間45分18秒
24時間走 195.6km
初のウルトラマラソンは夢の島の6時間走。特別な練習もしていなかったが65Km走れたことで「人ってフルマラソン以上走れるんだー」と感動し・・・続きはこちらをお読みください。

NO.170 青木 奈和子(あおき なわこ)


100km  11時間35分48秒
24時間走 175.147km
山遊び・沢遊び・海遊び…とにかく自然の中で遊ぶこと、体を動かすことが大好きです!学生時代から24時間走にチャレンジするウルトラランナー。今年社会人になりウルトラプロジェクトに入会し、湘南平塚12時間走で124.56km走り優勝・・・続きはこちらをお読みください。

NO.179 土居 綾(どい あや)


100km  8時間35分19秒
24時間走 189.203km
走るのが好きでダイエットがてらランニングを続けていたので、市民レースにも興味をもっておりませんでしたが、近所のおばちゃんが100キロレースに出ているのを知り、自分も挑戦してみようと・・・続きはこちらをお読みください。

NO.180 大塚 恭子(おおつか きょうこ)

マラソン 3時間10分01秒
100km  8時間58分19秒
24時間走 195.468㎞
金融機関勤務。相方さんのダイエットがてら一緒に始めたランニングに、こんなにはまるとは思ってもみませんでした。最近は海外マラソン専門!?てくらい色々な国のマラソンに参加してます・・・続きはこちらをお読みください。

<スポンサーリンク>


NO.182 飯塚 直美(いいづか なおみ)

マラソン 3時間20分22秒
100km  12時間57分22秒
24時間走 184.6km
陸上経験はなく、18年前に主人が半蔵門で地鶏料理「炭や」を始め、その後3年後に私もOL職を辞め、店のホールを切り盛りする立場になり、長時間の立ち仕事に堪えられる体力作りの為にジム通いを始めました。走って汗をかくと不思議なくらい体が・・・続きはこちらをお読みください。

NO.183 後藤 玲奈(ごとう れいな)

マラソン 3時間18分30秒
100km  10時間39分39秒
24時間走 181.6km
それまで走るのが苦手な方だったんですが、2010年に友達の「フルマラソン完走したぞ!」の一言で「この人に出来るなら私にもできるかも」・・・続きはこちらをお読みください。

NO.186 兼松 藍子(かねまつ あいこ)

マラソン 2時間53分31秒
100km  7時間46分04秒
12時間走 135km
健康づくりのため30歳からランニングを始めました。身体も心も強くなれて、練習すれば結果に繋がるマラソンの魅力にはまりました。IAU100km世界選手権6位・・・続きはこちらをお読みください。



神宮外苑24時間チャレンジ参加ランナー(29) No.170 青木 奈和子(あおき なわこ)

2017年神宮外苑24時間チャレンジにエントリーしているランナーの紹介です。大会直前まで可能な限りご紹介していきます。様々な思いを持った選手を会場にきて是非応援してください。

*応援時には飲食物の提供や並走など禁止事項がありますので後日掲載しますのでご注意ください。

*画像は本人よりご提供いただきました。

【ゼッケン番号 氏名】

170 青木 奈和子(あおき なわこ)

【プロフィール】

金融機関勤務 23歳 埼玉県在住
山遊び・沢遊び・海遊び…とにかく自然の中で遊ぶこと、体を動かすことが大好きです!
学生時代から24時間走にチャレンジするウルトラランナー。今年社会人になりウルトラプロジェクトに入会し、湘南平塚12時間走で124.56km走り優勝、斑尾高原トレイルで2位と現在伸び盛りのランナーです。

<スポンサーリンク>


【主な戦績】

【自己ベスト】

マラソン 経験なし
100km 11時間35分48秒 2014年 歴史街道京丹後ウルトラ
12時間走 124.56km 2017年湘南平塚12時間走
24時間走 175.147km 2016年 神宮外苑24時間チャレンジ

<スポンサーリンク>


【神宮外苑にエントリーした理由】

一昨年よりも去年、去年よりも今年、このレースに出ると1年の成果が見えると思っています。今年はウルプロの仲間も多くでますし、去年以上に楽しく成長した走りができたらなぁと思いエントリーしました!

【なぜウルトラマラソンを始めたか】

どうせ走るならフルマラソンよりも長い距離の方がかっこいい!そんな単純な考えではじめました。
<スポンサーリンク>


【好きな距離とその理由】

ロードであれば60-70kmくらい皇居→外堀→山手線なんてお絵描きランが楽しいです!トレイルなら20-50kmくらいが、景色も楽しめるので好きです!

【このレースの目標】

24時間笑顔で楽しむこと!去年の自分に負けないこと!です。

【トレイルランニングの魅力・ウルトラマラソンの魅力】

青木奈和子選手は、トレイルレースで実績を残しているので、トレイルランニングの魅力とウルトラマラソンの魅力について質問をしました。
『トレイルの魅力は、自然の中で思いっきり遊べる点だと思います。走るだけではなく、岩場を登ったり沢を突っ切ったり…全身で自然を楽しむことができることが本当に楽しいです。』
『ウルトラマラソンの魅力は、人との会話と強い達成感です。疲れてきた時には選手同士で励まし合ったり、エイドや沿道からの応援で頑張れる瞬間が本当に好きです。また、距離が長い分、強い達成感を得られることが好きです。』

所属クラブ

ウルトラプロジェクトに所属しています。

アスリチューン

アスリチューン ポケットエナジー オレンジ味は、最初試した時甘いなぁという印象がありましたが、実際レースで使ってみると、ゼリー状なため、つるっと飲めて、本当に使いやすかったです。

オルガニックジェル

バツっといきなり効く感じではなくて、じんわりと、気がつくと眠くない!と気がついて、効果を実感する感じでした。味は美味しいです!



神宮外苑24時間チャレンジ参加ランナー(28) No.182 飯塚 直美(いいづか なおみ)

2017年神宮外苑24時間チャレンジにエントリーしているランナーの紹介です。大会直前まで可能な限りご紹介していきます。様々な思いを持った選手を会場にきて是非応援してください。

*応援時には飲食物の提供や並走など禁止事項がありますので後日掲載しますのでご注意ください。

*画像は本人よりご提供いただきました。

【ゼッケン番号 氏名】

182 飯塚 直美(いいづか なおみ)

【プロフィール】

1969年生まれ 千葉県銚子市出身 走歴14年。 陸上経験はなく、18年前に主人が半蔵門で地鶏料理「炭や」を始め、その後3年後に私もOL職を辞め、店のホールを切り盛りする立場になり、長時間の立ち仕事に堪えられる体力作りの為にジム通いを始めました。走って汗をかくと不思議なくらい体が軽くなり、いつの間にか走る事が好きになっていました。
大好きだった東京国際女子マラソンがなくなってからはトレランやウルトラや登山にも幅を広げ、川の道520kmも完走し、仲間もたくさん増えて、走る事だけでなく大会での応援活動やボラスタッフも楽しむようになり、おかげで店にも毎晩のように、ロード、ウルトラ、トレラン様々なジャンルのランナーさん達が来て下さるようになりました。こうして充実した日々を送れてこれたのもランのおかげなので、走り始めて本当に良かったと心から思っています。

<スポンサーリンク>


【主な戦績】

  • 2017年 川の道フットレース520km 131時間57分40秒
  • 2013年,2015年,2016年,2017年 大江戸ナイトラン113km 4回優勝
  • 2016年 神宮外苑24時間チャレンジ 177.086km
  • 2016年 小江戸川越12時間走 104.5km 優勝
  • 2015年 夢の島グリーンチャリティーリレーマラソン24時間走個人 184.6km 準優勝
  • 2008年 夢の島グリーンチャリティーリレーマラソン12時間走個人 102.08km 優勝

【自己ベスト】

マラソン 3時間20分22秒 2006年 東京国際女子
100km  12時間57分22秒 2012年 野辺山ウルトラ
24時間走 184.6km 2015年 夢の島24時間
255km 57時間59分16秒 2016年 川の道2016年フットレース

<スポンサーリンク>


【神宮外苑にエントリーした理由】

この神宮外苑には24時間走のスペシャリストがたくさん集まって来るので、そんな選手の皆さんと、同じ24時間、同じコースで一緒に走りながらドキドキワクワクしたいから。

【なぜウルトラマラソンを始めたか】

プロフィールにも書いたように、最初の数年はフルでの記録更新を目標にしていましたが、初ウルトラの時に知人とおしゃべりをしながら走ったら凄く楽しかったのです。
景色やエイドや選手とのふれあいを楽しみ、記録より記憶に残るのがウルトラの素晴らしさだと思っています。
<スポンサーリンク>


【好きな距離とその理由】

個人練習なら60kmのマラニックを朝から夕方まで1日楽しんで温泉に寄るのが好きです。
大会なら140km以上のジャーニーランで一緒に参加している選手達と旅気分で走るのが好きでしたが、夜型人間なので、夜間スタートする12時間走が1番得意だと思っています。

【このレースの目標】

またしても故障してしまったので、叶うかは分かりませんが、やはり自己ベストを1㎝でもいいから更新したいと思っています。

【所属チーム】

超ウルトラのエキスパートがそろっているチーム凰に所属しています。私はお笑い担当です(笑)

【気に入っているアイテム】

ファイントラックのインナーは擦れ防止に最適で超長距離ランナーの強い味方です。
サプリメントはアミノバイタル、塩熱サプリ、最近はアスリチューンが気に入っています。

地鶏料理 炭や

いつも元気でハセツネなどでランナーを一生懸命応援してくれる『女将ちゃん』はこちらの店で働いています。
ランナーの忘年会・新年会などにご利用ください。

住所:千代田区一番町4-3
電話:03-3221-7890
最寄り駅:半蔵門駅5番出口徒歩3分
営業日 月~金(土日祝休み)
昼11:30~14:00
夜17:00~24:00

地鶏料理 炭や

 



神宮外苑24時間チャレンジ参加ランナー(27) No.83 後藤 大樹(ごとう だいき)

2017年神宮外苑24時間チャレンジにエントリーしているランナーの紹介です。大会直前まで可能な限りご紹介していきます。様々な思いを持った選手を会場にきて是非応援してください。

*応援時には飲食物の提供や並走など禁止事項がありますので後日掲載しますのでご注意ください。

*画像は本人よりご提供いただきました。

【ゼッケン番号 氏名】

83 後藤 大樹(ごとう だいき)

【プロフィール】

1982年生まれ 東京都出身 会社員 学生時代に陸上経験は無く、社会人から走り始め現在5年目。
スパルタスロン(246キロ)日本横断川の道フットレース(520キロ)など完走するとともに、ハーフマラソンなどでも自己ベスト更新中。ウルトラプロジェクトサポートメンバー
<スポンサーリンク>


【主な戦績】

  • 2017年 さくら道国際ネイチャーラン250km 32時間19分11秒
  • 2016年 日本横断川の道フットレース520km 131時間9分43秒
  • 2014年 スパルタスロン246キロ 34時間3分
  • 2014年 24時間グリーンチャリティin東京夢の島 208.250km 2位

【自己ベスト】

マラソン 2時間35分46秒 2016年 別府大分毎日マラソン
100km 8時間13分16秒 2017年 サロマ湖ウルトラマラソン
24時間走 208.250km 2014年 24時間グリーンチャリティin東京夢の島

<スポンサーリンク>


【神宮外苑にエントリーした理由】

記録を狙える環境であること、また、レベルの高いランナーが集まる中で、自分の力がどこまで通用するか見てみたいのでエントリーすることを決めました。

【なぜウルトラマラソンを始めたか】

ウルトラマラソンを始めたのは、速く走るよりも長く走る方が自分には向いていると感じたこと、フルマラソンよりも長い距離を走ってみたいと思ったことから。
<スポンサーリンク>


【好きな距離とその理由】

旅の感覚を味わいたい時は100km以上、スピードを出している感覚を楽しみたい時は400mなど、それぞれの距離で楽しめる内容が違うので、時によって好きな距離は変わります。

【このレースの目標】

自己ベストの更新です。具体的な距離として230kmを目指します。

【お気に入りアイテム】

アスリチューン

アスリチューンのポケットエナジーを愛用しています。真夏の東海道UM「飛脚」のレース中、疲労で胃がやられ、食欲が湧かず、また食べても気持ち悪くなる中、ポケットエナジーは問題なく摂ることができ、とても助かりました。神宮外苑24時間チャレンジでも使います。

【所属クラブ】

ウルトラプロジェクトと、WindRunに所属しています。どちらも練習会の雰囲気が良く、良い刺激をもらっています。
自分の走りがウルトラマラソンの発展に少しでも貢献できるよう頑張ります。