神宮外苑24時間チャレンジ参加ランナー(27) No.83 後藤 大樹(ごとう だいき)

2017年神宮外苑24時間チャレンジにエントリーしているランナーの紹介です。大会直前まで可能な限りご紹介していきます。様々な思いを持った選手を会場にきて是非応援してください。

*応援時には飲食物の提供や並走など禁止事項がありますので後日掲載しますのでご注意ください。

*画像は本人よりご提供いただきました。

【ゼッケン番号 氏名】

83 後藤 大樹(ごとう だいき)

【プロフィール】

1982年生まれ 東京都出身 会社員 学生時代に陸上経験は無く、社会人から走り始め現在5年目。
スパルタスロン(246キロ)日本横断川の道フットレース(520キロ)など完走するとともに、ハーフマラソンなどでも自己ベスト更新中。ウルトラプロジェクトサポートメンバー
<スポンサーリンク>


【主な戦績】

  • 2017年 さくら道国際ネイチャーラン250km 32時間19分11秒
  • 2016年 日本横断川の道フットレース520km 131時間9分43秒
  • 2014年 スパルタスロン246キロ 34時間3分
  • 2014年 24時間グリーンチャリティin東京夢の島 208.250km 2位

【自己ベスト】

マラソン 2時間35分46秒 2016年 別府大分毎日マラソン
100km 8時間13分16秒 2017年 サロマ湖ウルトラマラソン
24時間走 208.250km 2014年 24時間グリーンチャリティin東京夢の島

<スポンサーリンク>


【神宮外苑にエントリーした理由】

記録を狙える環境であること、また、レベルの高いランナーが集まる中で、自分の力がどこまで通用するか見てみたいのでエントリーすることを決めました。

【なぜウルトラマラソンを始めたか】

ウルトラマラソンを始めたのは、速く走るよりも長く走る方が自分には向いていると感じたこと、フルマラソンよりも長い距離を走ってみたいと思ったことから。
<スポンサーリンク>


【好きな距離とその理由】

旅の感覚を味わいたい時は100km以上、スピードを出している感覚を楽しみたい時は400mなど、それぞれの距離で楽しめる内容が違うので、時によって好きな距離は変わります。

【このレースの目標】

自己ベストの更新です。具体的な距離として230kmを目指します。

【お気に入りアイテム】

アスリチューン

アスリチューンのポケットエナジーを愛用しています。真夏の東海道UM「飛脚」のレース中、疲労で胃がやられ、食欲が湧かず、また食べても気持ち悪くなる中、ポケットエナジーは問題なく摂ることができ、とても助かりました。神宮外苑24時間チャレンジでも使います。

【所属クラブ】

ウルトラプロジェクトと、WindRunに所属しています。どちらも練習会の雰囲気が良く、良い刺激をもらっています。
自分の走りがウルトラマラソンの発展に少しでも貢献できるよう頑張ります。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA