11/24  ウルプロ織田練  400m×8本レペテーション 〜ナイキズームフライを履いて走りました〜

昨日は大田原マラソン翌日で、つくばマラソン・大阪マラソンの二日前ですが、1月のレースに向けて練習していくメンバーの練習をイメージして織田フィールドで400mレペテーションを行いました。

<スポンサーリンク>


大会に出るメンバーが軽く刺激入れをするために参加したので、そのメンバーはペースを抑えめに4本だけしてもらいました。

寒いのでリカバリー時に身体が冷えるから4分回しにしました。

目安としてサブ3なら82秒、サブ3.5なら96秒、サブ4なら108秒を基準にして各自調整してもらいました。

私は岡山マラソンを走ったチャレンジsub3.5のメンバーと走り96秒を切るイメージで走りました。

結果はこんな感じでした。

1’33
1’34
1’33
1’32
1’32
1’31
1’31

1’25

背後を走るメンバーの息遣いはほとんど聞こえなかったからギリギリのペースではなかったようです。力ついてるなーって感じました。

<スポンサーリンク>


私は前日記事をアップしたナイキ ズームフライで走りました。

練習前にジョグしましたが、まず感じたのは結構ソールが固い。今日もケッズトレーナーで足底に鍼打ってほぐしてもらいましたが、最近張りが強く、身体の疲労も中々抜けない状態だからそう感じたのかもしれません。

ただ、HOKAの柔らかすぎるソールよりは、私は好きです。

ジョグのスピードだとちょっと走りにくさはありましたが、上体の真下で接地し、地面を押す感覚で走るとペースは上がり違和感は感じませんでした。

この走りは私の普段通りの走りですから、そのフォームで走ればスピードに乗りやすいと感じました。

逆に上体の真下で接地する感覚が掴めていない方、オーバーストライドの方には合わないと感じました。またソールの厚みがあるので、左右のブレの大きい方や、足の内側もしくは外側から接地していく傾向が強い方も合わないと思います。

今回、疲れがまだまだ残る中での走りですが、心肺的にはかなり余裕を持ったスピードでもキロ4分切って走れているのでスピードに乗りやすく保ちやすいシューズだと思います。

よく、前へ前へと走らされている感覚が嫌だ。という話を聞きますが、今日のような短い距離ではその感覚はありませんでした。

メンバーに動画を撮ってもらったので、カット画像にしました。

接地はいつもどおり母指球辺りでしました。この段階ではつま先部分はまだ少し浮いています。

その状態からつま先が地面に向かうと身体が前に来て、地面を押しやすい体勢になります。

  

地面をしっかり押せるから地面からの反発をもらい身体がグイッと前に進みます。

シューズには慣れてくるでしようし、身体も徐々に戻ってくると思うので、様々な距離の練習やスピードで試してみます。

<スポンサーリンク>


メンバーの走りです。


Kさんは11/15 午後練でのメンバーの気づき 〜ピッチを上げてみた〜前編で紹介したメンバーですが、徐々に故障も癒えてきたし、ピッチを高めるのにだいぶ慣れてきたようで楽そうに走っていました。

練習後にはアスリチューン・スピードキュアを摂取して素早いリカバリーを狙います。

ウルトラプロジェクト練習会の12月メニューは近日アップします。

入会や体験参加のお問い合わせはFacebookページのメッセージにてご連絡ください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA