2017年100km男子世界ランキング〜上位5位は日本人選手が独占〜

まだ2017年は終わっていませんし、データ反映されていない大会もあるかもしれませんが、DUVウルトラマラソン統計の2017年12月18日データ反映分として紹介します。

昨年の世界ランキング1位はIAU100km世界選手権優勝の山内選手ですが、今年はサロマ湖ウルトラマラソンで砂田さんの世界記録にあと45秒に迫った板垣辰矢選手になりそうです。

板垣辰矢(アスリチューンサポートランナー)100km世界記録まであと45秒に迫る

<スポンサーリンク>


後ほど紹介しますが、24時間走の世界ランキング1位は石川佳彦選手ですが、なんとアスリチューンアグレッシブデザインのサポートランナーが現時点世界ランキング1位です。

2017年 100km男子 世界ランキング

  1. 6:14:18 板垣辰矢 日本
  2. 6:29:52 Nakamura, Yasuyuki 日本
  3. 6:33:52 Kazami, Nao 日本
  4. 6:39:13 Yoshihara, Minoru 日本
  5. 6:42:04 川内鮮輝 日本
  6. 6:42:42 Grantham, Lee GBR
  7. 6:43:13 Yamauchi, Hideaki 日本
  8. 6:46:12 Decock, Wouter BEL
  9. 6:46:31 外池快太郎 日本
  10. 6:48:15 Hoffmann, Benedikt GER
  11. 6:49:52 Hayasaka, Koji 日本
  12. 6:52:08 能城 秀雄 日本
  13. 6:53:23 Muhari, Gabor HUN
  14. 6:54:09 高田由基 日本
  15. 6:54:24 Rangelind, Andre SWE
  16. 6:55:10 van Norden, Pascal NED
  17. 6:55:29 Obayashi, Suke 日本
  18. 6:59:34 Watanabe, Hiroyuki 日本

漢字で紹介しているのは、当ページにて紹介させていただいたランナーです。

掲載は7時間以内にしましたが、18人の選手のうち、12人が日本人選手です。しかも上位5位まで日本人選手です。

<スポンサーリンク>


ちなみに私の2017年サロマ湖ウルトラの8時間54分38秒では532位です。

自己ベストの8時間26分45秒を出した2015年だと世界ランキングは385位です。

世界ランキング100位は7時間37分50秒、200位は8時間08分54秒です。

また、このランキングは公認大会のみで、日本だとサロマ湖ウルトラと四万十川ウルトラの成績が掲載されています。

こちらは日本の歴代記録です。

キロ4より速く100km走るランナー 〜6時間40分以内の日本のウルトラランナー一覧〜

<スポンサーリンク>


2017年 100km女子 世界ランキング

  1. 7:34:36 Sustic, Nikolina CRO
  2. 7:35:37 Alder-Baerens, Nele GER
  3. 7:37:21 Kano, Yuri (日本)
  4. 7:46:04 兼松 藍子(日本)
  5. 7:47:18 Gotti, Laura ITA
  6. 7:49:21 Ota, Mikiko(日本)
  7. 7:50:13 Sundberg, Sophia SWE
  8. 7:51:03 Boller, Caroline USA
  9. 7:58:38 Södermark, Frida SWE
  10. 7:59:16 Eisler, Marita AUS

8時間以内の選手を紹介してます。世界ランキング4位の兼松選手は24時間走でも23位に入っています。

また、安部友恵選手の出した6時間33分11秒という世界記録のすごさが際立ちます。

100km8時間以内で走る女性ランナー 〜8時間以内の日本の女性ウルトラランナー一覧〜



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA