ヴェイパーフライの記事が少ない理由〜昨日の購入を通して感じたこと〜

昨日NIKEヴェイパーフライを購入するまでの経緯はこちらにまとめました。

NIKE ZOOM VAPORFLY 4% (ヴェイパーフライ4%)購入

ズームフライとの外観の違いなど比較した記事はこちらです。

ナイキ ヴェイパーフライ 4%(NIKE ZOOM VAPORFLY 4% )の重量など

<スポンサーリンク>


昨年の発売開始頃から試したいと思いつつも、そのうち手に入りやすくなるだろうと積極的に購入に向けた情報収集はしていませんでしたが、12月に入ってから情報を集めれば集めるほどこれっていつ買えるの?

ってくらい手に入れるのは難しいと感じてきました。

25,920円というランニングシューズとしては高価な金額ですから、これほど入手困難になるとは思いませんでした。

もちろん、5、6万出せばヤフオクで転売品が買えますが、それは私の本意ではありません。

昨日発売のヴェイパーフライが、ヤフオクにはこんなにたくさん出品されていました。

既に落札されたモノもたくさんあるでしょうし、メルカリも同様です。

このことに触れると長くなりますが、シューズの転売自体は違法行為には当たらないし、需要と供給のバランスが崩れたらさまざまな商品でこのようなことは発生します。

ランニングシューズの数百倍、数千倍、数万倍の価格の自動車や不動産でも発生するように、欲しい人より買いたい人が多ければ市場価格が上がるのは普通のことです。

また、出品してる方の中には、試し履きができないからサイズ違いを買ってしまい出品してる方もいるかもしれません。

 

<スポンサーリンク>


今回の発売数は国内で200足という噂があると友人から聞きました。友人もショップ関係者から聞いた話なので話半分と思ってください。

ただ、そんな感じだと私は思ってます。

今回都内の量販店は1店舗25cmから28cmまで0.5cm刻みで各サイズ1足づつ、合計7足の店が、確認できる範囲で3店ありました。

その他の情報が全く入ってこないので、あっても+1店程度だと思います。

すると都内量販店で30足程度。大阪などの量販店はそれより少ないでしょうから15-20足くらいでしょうか?

そこに抽選で販売したNIKEショップと、NIKEネットショップで150足程度なら合わせて200足です。

もしかすると、実業団選手や箱根駅伝の選手への提供品もこの200足に入っているなら更に少なくなるわけです。

それでも昨年以来何回か販売してるのだから、ヴェイパーフライを履いてるランナーがブログなど書いても不思議ではないのに、検索してもメディア関係者を集めた試し履き会で少し試した程度の記事が多く、日常的に使用しているランナーの情報が非常に少ないのです。

なぜ??と思っていましたが、昨日購入するために、ナイキショップやランニングショップを訪れることで分かりました。

まず、そもそも販売数が少ないから所有している人が少ないのは当然として、コレクターズアイテムとして所有している人が少なからずいると思いました。

ナイキショップやランニングショップにいた方々の中にはランナーに見えない人が結構いました。人は見かけに寄らないというレベルの話ではない方もいました。またNIKEのエアマックスやエアジョーダンなどを履いてる方も多く、ランナーではなく、NIKEファンなんだろうな。と思いました。

もちろん、バスケットボールをしない私もバッシュを買いますし、ランニングをしない方がヴェイパーフライを買ってもなんら問題ありません。

ヴェイパーフライに求める価値観は買う人も、欲しい人も様々です。世界最速のランナーを支えたシューズを所有することで夢を買う方もいるでしょうし、買った人がどのような使い方をしようが周りが何かいうべきことではありません。

また転売目的で買ったシューズはヤフオクなどに出品されていますが、それを買う方の中にも、コレクションとして購入する方が少なからずいるのでしょう。

その結果、ヴェイパーフライ販売数ヴェイパーフライを購入したランナー数にはならないのです。

それが、ヴェイパーフライの記事が少ない理由だと私は感じました。

NIKEショップでの販売は抽選にするなど、転売対策には着手しています。本人確認をしてNIKE+のアカウントを必要にしています。しかし一家一族でアカウント登録をして全員で来ることもあるでしょうからイタチごっこです。

また、ネット販売に関しても、あの全く繋がらない状況は、業者が大量にアカウントを作って会員登録をして、自動的にデータを入力できるプログラムを使っていると聞いたことがありますが、多分そうでしょう。こちらの対処法もあるのでしょうが、対策を立ててもさらに別の方法を使ってくるからイタチごっこです。

転売屋がいるから本当に必要な人・欲しい人に回らなくなるという意見もよく目にしますが、そもそも数が少ないのだから本当に必要な人・欲しい人全員には行き渡りません。望むは出荷量を増やしてもらうことです。

<スポンサーリンク>


私は購入したシューズはもちろん履きます。その上で色々発信していこうと思っています。

特にヴェイパーフライはエリートランナーでないと履きこなせないシューズだという記事などを見かけますが、本当なの?って観点からも書きます。

昨日素足で履いてみた感じではエリートランナーが履くような硬さはなく、ズームフライの方が余程硬いシューズです。今晩は短い距離ですが走ってみて、とりあえずの感想をご紹介します。

履いてみました。

NIKEヴェイパーフライ4%を履いてみた。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA