1/17 ウルプロ練習会〜極寒の中での40分間走〜

投稿が前後してますが、水曜日夜の定期練習会は雨が降ったり止んだりの中での開催になりました。

ウルプロ練習会は雨でも開催しますが、参加するしないは本人の体調やレースまでの日程などを各自が考えてきめてもらってます。

仮に木曜日に同じような練習をする時間が取れるなら無理して練習会に参加する必要もありませんが、仕事の予定などからその時間でないと練習出来ない方もいるのです。

悪天候に限らず練習にはメリットもデメリットもあります。デメリットは疲労から体調崩したり、負荷が高く故障するなどです。メリデメを考えて明らかにデメリットが大きいと考えたらやらないのも選択です。これはリスク回避です。

また、雨に濡れて風邪をひくのが怖いなら、風邪をひかないように準備して参加したら良いのです。これはリスクの軽減です。

中には低酸素ルームに行って室内トレーニングをするのも良いと思います。

雨の中で練習する意味もあります。それは大会開催日に雨が降ることだってあるのです。雨の中を走るとどのようなストレスがあるか分かっていれば準備できます。もちろん厳しい環境の中で頑張ることで精神的に諦めない気持ちなど鍛えられるかもしれません。

そんな中で半分近く当日欠席になりましたが、それでもこんなにメンバーが集まりました。これは練習後の画像です。

中には冬山に登るかのようなウェアを着たメンバーもいました。

<スポンサーリンク>


当初メニューは8-10kmペース走+2650mでした。ペース走してからリカバリーしてフリーで2650mです。

ただこれだとリカバリーで身体が冷えてしまうのと、終了後に、他のグループのメンバーを待つのも辛いので、全員が同時に終わる40分間走にしました。

時間も少し短めにしました。

キロ4で走れば10km、キロ5で走れば8kmです。

グループをABCDに分けて20分間はペーサーについて、20分からはフリーにしました。

私はBグループで走り4’30/km前後で走りました。

6’07(4’36/km)平均心拍数 153

5’56(4’28/km)平均心拍数 162

5’54(4’27/km)平均心拍数 165

4周目の500m手前で2’13(4’30/km)166

20分 4,465m (ave.4’29/km)

そこで行けるメンバーは4’15/kmに上げると行って走って行きました。私はチャレンジsub3.5メンバーのアキさんを待ってもう一度立て直しました。

840m 4’04(4’50/km)159

6’02(4’33/km) 164

6’08(4’37/km) 166

770m 3’29(4’31/km) 167

19’43 4,260m (ave.4’37/km)

トータル 39’43 8,725m(4’33/km)

私もしっかり着込んで走っていたので、体感よりキロ10秒はスピードが上がらない感じでした。

メンバーも同様でしょう。

またペースが上がらないのは着込んでるだけではなく、寒く気持ちが上がらないのも影響しているのでしょう。

<スポンサーリンク>


アキさんの振り返りです。

雨の中、おつかれ様でした。

練習不足の自分に喝を入れようと、少々キツイかなと思いましたが、Bグループで走りました。

最初の20分は4分30秒の設定で息も上がりながらなんとか付いて行きましたが、20分で止まってジョグ行こうと思ってたら、新澤さんにお迎えに来ていただいたので、4分40−50秒で行きました。

あと◯◯分とコールしていただいたのですが、20分の長いこと。特に残り5分、3分がキツくいつ止まってもという感じでしたが、絶妙に引っ張ってもらいました。多分、今までのウルプロ練で五指に入るキツさでした。でも諦めずに良かったです。

フォームは大分戻ってきたように思います。

先週の水曜日、金曜日、日曜のレースでは、普段は痛くならない左ふくらはぎが痛くなり、フォームも自分で崩れいているのがわかりましたが、昨日の練習直後、今日になっても痛みはありませんでした。つくばの時のように調整はできていませんが、体調に気をつけて勝田M楽しんで来ようと思っています。

 

練習中に変な痛みが出たとか違和感が出たら直ちに止まって欲しいのですが、苦しくてやめたくなり、結局やめてしまうと、せっかく雨の中練習会に来て頑張ったのに、自分に負けた感が残ってしまいます。そこでペースは上がらなくても良いから最後までアキさんと走りました。アキさんの呼吸を聞いてると4’30/kmだと激しくなるけど4’35/kmより遅くなると呼吸音は小さくなります。おそらくATはこの辺りなのでしょう。よく頑張りました。

練習後のストレッチ中に他のメンバー一人一人と話をしましたが、みんな良い走りが出来たようです。

アスリチューン・スピードキュアを飲んで素早いリカバリーをはかってから、風邪をひかないように話は短く解散しました。

<スポンサーリンク>


この日はターサージール6を履きました。ズームフライとは全く違うコンセプトのシューズです。私はズームフライ・ヴェイパーフライの方がスピードをキープしやすいです。この時いつもよりペースが上がらないと感じたのは寒さだけではなくシューズの違いも影響してるように感じてます。

ただターサージール6の方が走りやすいランナーもいます。結局どちらが自分の走りにあっているか?です。ズームフライやヴェイパーフライを履けば誰でも速く走れるわけはありませんし、当たり前ながら遅くなる方もいます。ショップなどでレンタルもしてますので試してみるのもおススメです。

ウルトラプロジェクト練習会日程はこちらです。参加ご希望の方はFacebookページにてお問い合わせください。



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA