adizero SPEED SUMMIT 2018 で3km×2本 今回のイベントで感じたこと 後編

ADIZERO SPEED SUMMIT 2018 で3KM×2本 今回のイベントで感じたこと 前編 から続く

<スポンサーリンク>


そしてLEVEL4が終わってから、私が走るLEVEL3のスタートとなりました。1本目は様子見的にリズムよく走ろうと思っていましたが周りは速い。。

過去新宿シティハーフの10kmなどで銀杏並木の折り返しは経験してますが、コーナーや折り返しでは接触が怖かったです。

1周目のラップを確認しなかったので、どのくらいのペースで走ってるか分からないけど、2周目も同じようなペースで走ってタイムは10’17でした。

3kmだったら3’25/kmペースですがそれはないです。2.8kmとしたら3’40/kmペースですからそんな感じです。Uターンなどある割には意外と走れたと思いました。

その後、LEVEL2と、参加者が多く2組に分かれたLEVEL1を見ましたが、体型やランニングフォーム、そしてスピード感を見ても、目標キロ5カットのランナーじゃないよな。。ってランナーが結構いました。

そして、2本目はLEVEL5を最終組に回して、LEVEL4から始まりました。2本目は優勝がかかっているので1本目とは明らかにスピード感が違いましたし、綺麗なフォームのランナーが多かったです。

そして私が走るLEVEL3のスタートになりました。

その前に借りたシューズは1回目が終わった後に1回返してまた借りる方式ですが、今回はアディゼロtakumi sen boostを借りました。初期型のsen boostは持っていますが久々に履きました。結構固いシューズです。

周りのランナーもほとんどsen boostを借りていました。

<スポンサーリンク>


2本目は1本目より速く、そしてキツくなる2周目に落ちないように走ろうと思いました。

スタートすると1本目とは明らかにスピード感が違います。500m通過で時計を見ると1’45。それでも女性ランナー2人くらいに抜かれる。キツくなってきたけどペースは維持する。

1周目通過は4’59

結構頑張ってる。周りが徐々にペースダウンしてくるので、少しづつ抜かしているが私も少しペースダウンしているように感じた。

身体が起きてきたのだろうと思い、上体を少し前に出して踏み込みを強くした。苦しさは変わらないけどリズムが良くなってきたので銀杏並木の折り返しを過ぎたラスト500mあたりからペースアップしました。

そのままペースを維持して9’55でゴール

2周目は4’56と1周目より上げましたが、最後上げた割には3秒しか変わらないのだから2周目の序盤はやはり落ちていました。

ただ2.8kmとすると平均3’32/kmペースで走れたのだから調子は上向きです。

<スポンサーリンク>


そのあと、LEVEL2とLEVEL1がスタートしましたが、ちょっと嫌な感じがしました。同じように感じた方もたくさんいたと思いますが、LEVEL5に入ってもおかしくない走りの選手が結構いるのです。

もちろんフルマラソンのタイムなど申告するわけでもなく、どのグループで走りたいかは参加者自身が決めることです。

LEVEL3にも、LEVEL5で走るようなランナーはいましたが、それは勝田や別大前だからレースペースよりちょい速いくらいに抑えておこう。なんて感じだと思います。

ただ福岡国際マラソンに出るようなランナーがキロ5カットにチャレンジするサブ4レベルのランナーのためのグループで走るのはどうかと思いました。

今回の各LEVEL優勝者のタイムが表彰式で発表されました。

LEVEL5  8’02  ボストンマラソン

LEVEL4  8’16  ボストンマラソン

LEVEL3  8’50  ソウル国際

LEVEL2  9’21  ソウル国際

LEVEL1は2組  8’52 と 9’22  ソウル国際

ライバルと競り合って、ペーサーを上手く使って自分の力以上の走りをする。壁を破るのが今回のイベントの趣旨だと思います。

2、3、4も主催者が設定より明らかに速いですが、それはコースが短いのも影響していると思います。またLEVEL2まではタイムが徐々に落ちているのだからさほど違和感はありませんが、LEVEL2より遅いランナーが集まっているはずのLEVEL1のランナーがそれより30秒速いのは非常に違和感を感じました。

大会の模様を伝えているDJやナレーターの方も、LEVEL1について紹介しているときはちょっと困っていました。

それは主催者だけではなく、イベントに参加したランナーが、会場のあちこちで呟いていました。

LEVEL5の優勝者はキプサングを引き連れて後続を振り切る素晴らしい走りでした。強者が集まるLEVEL5で真っ向勝負して8’02という素晴らしいタイムを出しました。

表彰式では全優勝者が舞台に乗り、キプサングから祝福を受けて、メデイアや参加者からたくさん写真を撮られていました。私もその場にいましたが、なんだか嫌な気分になりました・・・。

私のゴール後、キプサングがペーサーをするLEVEL5のスタートまでの短い時間に記念撮影をしてくれるサービスもありました。私は日本人のなかでは特に顔がデカくはありませんが、一緒に並ぶとこんな感じです 笑

9頭身くらいでしょうか。。

今回は練習にもなったし、運営もすごくスムーズだし、サービス精神も素晴らしく、非常に良かっただけに、この件だけが残念です。

好評だから来年も開催すると思いますが、目標タイムによりLEVEL分けして限界を超えるサポートをするという企画は良いと思いますが、その場合はLEVEL別優勝者に賞品を渡すのは見直した方が良いと感じました。

個人的には、LEVEL別スタートはそのままにして、ボストンマラソンなど招待は男女最速タイム1名ないし2名で良いと思います。LEVEL別に優勝者を決めるというのはそもそもエントリー時の明確な基準やチェック機能が働かねば無理だと思います。

私がこんなことを書かなくても主催者は分かっていると思いますが、参加者がそりゃないぜ。って思うような仕組みは何とかしないと後味が悪くなります。

アディゼロsub2に関しては長くなったので別に書きました。

アディゼロsub2は3月16日発売



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA