チャレンジsub3.5メンバー アキさん2度目のsub3.5 〜勝田全国マラソン振り返り③〜

チャレンジsub3.5メンバー 4人が目標達成!自己ベストはさらに2人! 前編

今回、sub 3.5を達成したメンバーなどの振り返りを紹介します。

<スポンサーリンク>


今回つくばマラソンに続き、3時間29分36秒と2度目のsub3.5を達成したアキさんの振り返りです。

今回のタイム 3時間29分36秒

プロジェクトスタート時 3時間40分10秒(2017年3月古河はなももマラソン)

5kmごとラップタイム

ロス 02:02
24:30-24:07-24:01-24:11
24:26-24:59-25:04-25:27-10:49
(ハーフ通過 1:44:13)

<スポンサーリンク>


 

予想した展開

つくばマラソン以降、ロードで長い距離を走ってなかったので、前週の40分間走のキロ4:40秒を基準に考えると、このペースでのフルは難しいなという感覚だったので、キロ4分50で行くことにしました。

前日までのコンディショニング

水曜練が雪で中止になったので、水曜日に自宅近くで1キロ全力3本。やっぱり調子が上がらりません。もうここまで来たら、ある駒で勝負するしかない。前日は自宅近くのプールで15分ほど泳いで背中をほぐしました。

ウエア

思ったより風が無く暖かかったので、上:ファイントラック、ウエア、アームカバー、グローブ、下:ショートスパッツ、ランパン、ゲイター、ソックスと、いつも通り同じ。ただ、今回はカプサイシン入りのジェルを使ってみました。

レース展開

はじめからこまめに時計を見てペース管理しました。スタート直後はキロ4分45-47を刻みましたが、5キロ過ぎからペースが上がってきて4分40でも行けそうだけれど、後半の失速が怖くて、4分50くらいにペースダウンするシーンが30キロまで数度ありました。30キロ過ぎからアップダウンが激しくなり、上り坂で落ちたペースが平地でも戻らなくなり、体感的には4分55くらいなのに、5分20くらいの時もあってかなり焦りました。
残り8キロ地点でサブ3.5までの残り時間はあと40分とかなりぎりぎり。「一瞬ネットでもいいか」と思うものの、「ここまで寒い中頑張ったのに自分に負けるのはあり得ない」と思い、ここから4分50に立て直す。しかしキロ5分に落ちては上げるの繰り返しが続き安定して4分50を刻めたのはラスト2キロだけでした。グロス3:29:36、ネット3:27:34とホントギリギリのゴールでした。

<スポンサーリンク>


補給

アスリチューンを、8.5キロごとに1つとりました。インシュリンショックが怖いので1キロほどかけて摂取。(それでも23キロくらいで嫌な眠気がきましたがなんとか乗り越えました。)

そしてキツくなった30キロで、オルガニックジェルを摂取しました。給水は4回ほど。

振り返り

走ってる途中で体の痛みや故障とは別物の違和感を感じてました。今朝ログを見て、理由がわかりました。「いつもよりピッチが多く、ストライドが狭い」が原因と思います。
通常 ピッチ195前後、ストライド117前後なのですが、今回はピッチ200、ストライド102でした。原因はわかりませんので、これから考えてみたいと思います。

(補足)いつもよりピッチが多い理由は、おそらく寒さから身体が固くなり股関節の可動域が減りストライドが落ちたのをピッチでカバーしたのかもしれません。

 

次の青梅では、いつものピッチ&ストライドで4分40で30キロを目標にしようと思っています。

チャレンジsub3.5メンバーの現在のタイムと参加大会一覧



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA