NIKE ZOOM ヴェイパーフライ エリート 43足争奪イベント 前編

今日夢の島競技場で開催されたNIKE ZOOM VAPORFLY ELITE CHALLENGE〜厚さは速さだ〜イベントに参加して来ました。

<スポンサーリンク>


参加費無料ですが、買いたいサイズごとにランナーが走り用意されたシューズ数までランナーを振り落として勝ち残ったランナーが、NIKE ZOOM ヴェイパーフライエリート購入権を獲得できるというイベントです。

購入権獲得というより、勝ち残ったら、絶対に買わねばならないという規約です。

価格は59,400円です。

ふと、これって3月に発売されるアディゼロsub2の3足分より高いことに気付きました・・・。

アディゼロsub218,000円(税込19,440円)

19,440円×3足=58,320円 ≦ 59,400円

ヴェイパーフライエリートはキプチョゲ選手などが2時間切りを狙うシューズなら、アディゼロsub2はキプサング選手らが2時間切りを狙うシューズです。

それを考えても59,400円は高い。

<スポンサーリンク>


今回争奪されるヴェイパーフライエリートは43足。

24cm 1足

25cm 5足

26cm 14足

27cm 14足(最終的に14足に)

28cm 7足

29cm 2足

合計 43足

参加時には合わせて15足程度と想定していたので43足にはちょっと驚きました。

本イベントに参加した目的は、そもそも若くて速いランナーがたくさん来るだろうから獲得権を得るのは難しいけど、サイズ合わせで足入れが出来るとあったので手にとってみたい。というのが第一でした。

<スポンサーリンク>


私はヴェイパーフライ4%を持っていますが、このサイズは25cmですから、エリートもまず同じサイズを履いてみました。

長さは良い感じでしたが、横幅は少しキツイ。ただアッパー素材に収縮性があり柔らかいので違和感はありません。フィット感はかなり良いです。

26cmにはかなり大勢のランナーが並んでいましたが、26cmも履いてみることにしました。

横幅は26cmが良いが、少しつま先に隙間があると感じましたが、小さいと対処出来ないけど、少し大きいならインソールなどで対処できるから26cmの争奪戦に加わることにしました。

後編に続きます。

NIKE ZOOM ヴェイパーフライ エリート 43足争奪イベント 後編



コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA